浜田国松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大日本帝国の旗 大日本帝国の政治家
浜田 国松
Kunimatsu hamada.jpg
浜田国松の肖像写真
生年月日 1868年4月2日慶応4年3月10日
没年月日 1939年昭和14年)9月6日
出身校 東京法学院
前職 弁護士
所属政党 甲辰倶楽部→政交倶楽部猶興会又新会立憲国民党革新倶楽部立憲政友会

任期 1934年12月26日 - 1936年1月21日
テンプレートを表示

濱田 國松(はまだ くにまつ、新字体:浜田 国松慶応4年3月10日1868年4月2日) - 昭和14年(1939年9月6日)は日本男性政治家である。第31代衆議院議長

腹切り問答」で、軍部の政治への干渉を批判したことで有名。

来歴・人物[編集]

現在の三重県伊勢市の山間部に生まれ、濱田清三郎の養子となる。三重師範学校を卒業後小学校教員となるがその後上京し明治24年(1891年)に東京法学院(現・中央大学)を卒業、弁護士となる。明治37年(1904年)、旧三重県郡部選挙区から衆議院議員に初当選する。以後連続12回当選。甲辰倶楽部→政交倶楽部猶興会又新会を経て、明治43年(1910年立憲国民党の結成に参加する。

その後、衆議院副議長を経て大正11年(1922年)に犬養毅と行を共にし革新倶楽部を結成する。大正14年(1925年)に立憲政友会に合流。昭和2年(1927年)、田中義一内閣の司法政務次官。昭和9年(1934年)から11年まで(1936年)衆議院議長を務める。

尾崎行雄を訪ねる濱田

議員生活の最後まで自由主義・反ファッショの姿勢を貫き、粛軍演説やのちに反軍演説を行った斎藤隆夫人民戦線事件で検挙される加藤勘十とともに反ファシズムの書籍を出す。 昭和12年(1937年)には寺内寿一陸軍大臣との間で「腹切り問答」を繰り広げ、軍部の政治への干渉を厳しく批判する。この時濱田は70歳、議員歴30年、前衆院議長。軍部の政治への容喙がそろそろ顕著になりはじめていた当時にあって、政党政治家の気骨を見せつけたのがこの割腹問答だった。

著作[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


先代:
秋田清
日本の旗 衆議院議長
第31代: 1934年 - 1936年
次代:
冨田幸次郎