秋田清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
秋田 清
あきた きよし
Kiyoshi akita1932.jpg
秋田清の肖像写真
生年月日 1881年8月29日
出生地 日本の旗 日本徳島県三好郡足代村
没年月日 1944年12月3日(満63歳没)
死没地 東京都赤坂区表町
出身校 日本法律学校
前職 司法官ジャーナリスト
所属政党 立憲同志会→)
立憲国民党→)
革新倶楽部→)
立憲政友会→)
(無所属→)
翼賛政治会
称号 勲一等瑞宝章
親族 長男・秋田大助法務大臣自治大臣
配偶者 秋田 たま子

日本の旗 第19代 拓務大臣
内閣 第2次近衛内閣
任期 1940年9月28日 - 1941年7月18日

日本の旗 第4代 厚生大臣
内閣 阿部内閣
任期 1939年11月29日 - 1940年1月16日

日本の旗 第30代 衆議院議長
任期 1932年3月18日 - 1934年12月12日

選挙区 徳島県郡部区→)
徳島県第6区→)
徳島県第2区
当選回数 10回
任期 1912年5月15日 - 1944年12月3日
テンプレートを表示

秋田 清(あきた きよし、1881年8月29日 - 1944年12月3日)は、日本政治家衆議院議長(第30代)、厚生大臣拓務大臣を務めた。

来歴・人物[編集]

徳島県出身。旧制徳島中学(現・徳島県立城南高等学校)、日本法律学校(現・日本大学)、東京法学院(現・中央大学)卒業。高知地方裁判所の判事二六新報の編集および社長職を経て政界入り。1932年、衆議院議長に就任。1937年内閣参議に就任。1939年阿部内閣で厚生大臣に就任。1940年第2次近衛内閣で拓務大臣に就任。1944年12月3日死去。

備考[編集]

晩年の秋田清

参考文献[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
中村啓次郎
日本の旗 衆議院議長
第30代:1932年 - 1934年
次代:
浜田国松
公職
先代:
松岡洋右
日本の旗 拓務大臣
第19代:1940年 - 1941年
次代:
豊田貞次郎
先代:
小原直
日本の旗 厚生大臣
第4代:1939年 - 1940年
次代:
吉田茂