冬柴鐵三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
冬柴 鐵三
ふゆしば てつぞう
生年月日 1936年6月29日
出生地 満州国の旗 満州国 奉天省奉天市
(現:中華人民共和国の旗 中国遼寧省瀋陽市
没年月日 2011年12月5日(満75歳没)
死没地 日本の旗 日本 兵庫県尼崎市
出身校 関西大学二部法学部法律学科
前職 弁護士
所属政党 (公明党→)
(公明新党→)
新進党→)
(新党平和→)
公明党
称号 法学士(関西大学・1960年

日本の旗 第7・8代 国土交通大臣
内閣 第1次安倍内閣
第1次安倍改造内閣
福田康夫内閣
任期 2006年9月26日 - 2008年8月2日

選挙区 兵庫県第2区→)
兵庫県第8区
当選回数 7回
任期 1986年7月8日 - 2009年7月21日
テンプレートを表示

冬柴 鐵三(ふゆしば てつぞう、1936年昭和11年〉6月29日 - 2011年平成23年〉12月5日)は、日本弁護士政治家

報道などでは冬柴 鉄三(ふゆしば てつぞう)とも表記される。本人サイトや選挙公報などでは冬しば 鉄三(ふゆしば てつぞう)とも表記された。

衆議院議員(7期)、公明党幹事長、国土交通大臣(第78代)、公明党常任顧問などを歴任した。

概要[編集]

1936年満洲国奉天省奉天市に生まれる。関西大学二部法学部法律学科を卒業後、司法試験に合格し弁護士となった[1]

1986年第38回衆議院議員総選挙にて当選し、以降連続7回当選した。創価学会員であり[2]、国会では公明党に所属した。細川内閣では自治政務次官に就任した。その後、公明新党を経て新進党に合流し、同党の解党後は新党平和を経て公明党の結党に参加した。その間、新党平和幹事長や公明党幹事長を務めた。

第1次安倍内閣および第1次安倍改造内閣では国土交通大臣を務めるとともに国務大臣として観光立国と海洋政策を担当し、福田康夫内閣でも再任された。

2009年第45回衆議院議員総選挙にて落選する。以降も引き続き公明党の常任顧問を務めた。2011年11月上旬には、高齢により政界を引退すると報道されたが[3]、11月24日にはこれを撤回[4]。次期衆院選へ比例区で出馬することとなり、政界復帰に向けた準備を始めた矢先の12月5日午前8時3分、兵庫県尼崎市内の病院で急性肺炎のため死去した[5]

政策[編集]

在日外国人への地方参政権付与[編集]

在日永住外国人に対する地方参政権の付与を主張した。

第163回衆議院特別国会第164回衆議院通常国会において「永住外国人に対する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権の付与に関する法律案[6]を提出している[7][8]。また、2006年12月の参院決算委員会の答弁で、韓国で永住外国人の地方参政権が認可されたことを持ち出し、在日コリアンへの参政権付与を訴えた。

在日朝鮮人への救済政策[編集]

ウトロ地区に不法滞在している在日朝鮮人たちの立ち退きが最高裁の判決で確定すると、冬柴は「放っておくわけにはいかない」と在日朝鮮人たちへの支援を表明した。

第1次安倍内閣での活動[編集]

第1次安倍内閣第1次安倍改造内閣にて冬柴は国土交通大臣(兼観光立国担当大臣・海洋政策担当大臣)を務めた。内閣府のサイトの「大臣のほんね」というコーナーで「人生で最も影響を受けた人物」に「ここで言ってもいいかどうかわかりませんが」という前置きの上で池田大作創価学会名誉会長を挙げている[9]

歩道橋改修への政治介入[編集]

神奈川県横浜市国道に架かる歩道橋架け替え工事を巡り、介入したとされている。管轄する横浜国道事務所は架け替えに否定的だった[10]。しかし、横浜市神奈川区の町内会長が神奈川県議会議員(公明党所属)に相談したところ、2006年11月、国土交通省大臣室にて冬柴と町内会長との会談がセッティングされた[10]。町内会長は冬柴に直接陳情し要望書を渡したところ、冬柴は「わかりました」[10]と発言し、2007年度の国土交通省予算に「エレベーター付き歩道橋」[10]の建設費として「3億円弱」[10]が計上された。なお、冬柴と町内会長との会談の席には、参議院議員松あきらも同席していたという[10]

日露接近への反対運動の煽動[編集]

プーチン大統領が妥協の産物として北方領土2島に加え残りの2島の渡航自由権(旧島民への配慮)の条件を提示したことに対し、あくまで4島返還を主張してこれを論外とする扇動する発言を行っている。

福田内閣での活動[編集]

福田康夫内閣にて国土交通大臣(兼観光立国担当大臣・海洋政策担当大臣)を務めた。

独立行政法人の改革へ反対[編集]

行政改革担当大臣渡辺喜美から、独立行政法人の改革をめぐり、所管法人の廃止・民営化などで協力を求められたが、冬柴は法人組織の民営化を拒否するなど「ゼロ回答」を行った。

道路特定財源について誤答弁を謝罪[編集]

2008年1月28日衆議院予算委員会での衆議院議員菅直人との討論にて、冬柴は「1874人の首長全員が、道路特定財源は維持すべしと直筆で署名したものが3冊ある。首長さんは一人残らず続けてもらいたいとおっしゃっている」[11]と発言した。しかし、2月5日、参議院予算委員会にて、参議院議員福山哲郎に同発言の真偽を追及され、冬柴は「誤りがあった。心からおわびを申し上げたい」[11]と謝罪した。なお、首長らから国土交通省に提出された署名について、国土交通省の担当者は「市長の署名6人分が欠けている」[11]と指摘している。

また国会の答弁で道路特定財源や官僚天下りについて容認する発言を繰り返したため野党民主党に追及される。さらに2008年2月28日の予算委員会では身内である公明党の富田茂之より「官僚の天下りに対して追及する民主党議員の行動は正しい!」と民主党を擁護する発言をされるに至る。またこの冬柴発言に対し支持母体である創価学会の会員から多数のお叱りの手紙が届いた事を富田、冬柴の両名が答弁の中で認めている。

物価の値上がりについての見識[編集]

2008年4月23日衆院国土交通委員会で、ガソリン税などを含む生活必需品の相次ぐ値上げへの認識を問われると「生活をどうするかは、それぞれが工夫していかなければならない」と回答した。

橋下知事の伊丹空港廃止発言への批判[編集]

内閣改造で国土交通大臣を退任する直前の2008年7月31日、騒音問題や梅田等大都市部への建築物高さ規制等の弊害が指摘されながら地元から一部存続要望もある伊丹空港に対して橋下徹大阪府知事が行った「廃止も視野に入れて議論」発言を受けて、8月1日、閣議後の記者会見で「あんまり素人が大胆なことは言わない方がいい」「議論を始めればそんなこと(廃止議論)はつぶれます」などと批判した。 冬柴は伊丹市に隣接した兵庫県尼崎市の衆院兵庫県第8区選出。

政治資金[編集]

政治資金の収支が4年連続で同額[編集]

朝日新聞が2007年、冬柴が代表を務める政党支部の政治資金収支報告書に対し、収支が完全に一致し4年連続で繰越金が0円になるのは不自然との指摘をしていた[12]

朝日新聞によれば、冬柴が代表を務める公明党兵庫第八総支部では2003-2006年の政治資金収支報告書について、公明党本部からの政党交付金や企業献金等による収入があったが、各年とも経常経費や政治活動費として収入と同額が支出され繰越金が0円となっていた。冬柴の事務所は、収支の帳尻を合わせる行為は「していない」[12]と回答している。しかし、政治献金による収入や支出は年毎に変化することから「支出を1円単位で合わせるのは至難の業」[12]とされており、冬柴のような事例は「偶然ではほとんどあり得ない現象」[12]と指摘されている。

不祥事[編集]

年金未納[編集]

2004年5月、公的年金に加入せず保険料を8ヶ月分未納であったことが発覚した。年金未納問題で民主党代表の菅直人に辞任を求めておきながら、自分の未納が発覚しても党の役職を辞任することなく、公明党内の処分で済ませてしまった。

略歴[編集]

主な所属議員連盟[編集]

役職歴[編集]

内閣[編集]

新進党[編集]

新党平和[編集]

公明党[編集]

  • 幹事長
  • 常任顧問

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「冬しば鉄三プロフィール」『冬しば鉄三 公明党 衆議院議員[リンク切れ]
  2. ^ 冬柴鐵三「ご挨拶」『FUYUSHIBA-NEWS WITH YOU』120巻、冬しば鉄三後援会、2009年10月
  3. ^ “冬柴・公明元幹事長:政界引退へ 高齢で世代交代”. 毎日新聞. (2011年11月9日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111109ddm002010105000c.html 2011年12月5日閲覧。 [リンク切れ]
  4. ^ “冬柴氏は引退撤回、比例に擁立へ…山口代表”. 読売新聞. (2011年11月24日). http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/news/20111124-OYT1T00520.htm 2011年12月5日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ “公明元幹事長、冬柴鉄三氏死去…自公政権で活躍”. 読売新聞. (2011年12月5日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111205-OYT1T01270.htm 2011年12月5日閲覧。 [リンク切れ]
  6. ^ 「議案本文情報一覧」『衆法 第163回国会 14 永住外国人に対する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権の付与に関する法律案衆議院
  7. ^ 「議案審議経過情報」『衆法 第163回国会 14 永住外国人に対する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権の付与に関する法律案』衆議院。
  8. ^ 「議案審議経過情報」『衆法 第163回国会 14 永住外国人に対する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権の付与に関する法律案』衆議院。
  9. ^ 『大臣のほんね』冬柴鐵三国土交通大臣(後編) - 政府インターネットテレビ 3分50秒から5分0秒 2006年12月25日
  10. ^ a b c d e f 「〈決戦の現場から:3〉『身内』で奪い合い」『asahi.com:〈決戦の現場から:3〉「身内」で奪い合い - 朝日新聞 2007参院選:特集朝日新聞社、2007年7月18日
  11. ^ a b c 「『全首長署名は誤り』冬柴国交相が平謝り――道路特定財源」『asahi.com:「全首長署名は誤り」冬柴国交相が平謝り 道路特定財源 - 政治』朝日新聞社、2008年2月5日[リンク切れ]
  12. ^ a b c d 「政党支部、収支ピタリ一致の『怪』――『帳尻合わせない』」『asahi.com:政党支部、収支ピタリ一致の「怪」 「帳尻合わせない」 - 政治』朝日新聞社、2007年11月26日。[リンク切れ]
  13. ^ “「自分の使命終わった」公明・冬柴氏引退表明”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2009年8月31日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090831-OYT1T00960.htm 2009年8月31日閲覧。 [リンク切れ]

外部リンク[編集]

議会
先代:
草川昭三
日本の旗 衆議院決算委員長
1997年
次代:
廃止
公職
先代:
北側一雄
日本の旗 国土交通大臣
第7・8代 : 2006年 - 2008年
次代:
谷垣禎一
党職
先代:
(新設)
公明党幹事長
初代 : 1998年 - 2006年
次代:
北側一雄
先代:
(新設)
新党平和幹事長
初代 : 1998年 - 1998年
次代:
(廃止)