第2次森内閣 (改造 中央省庁再編後)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2次森改造内閣
内閣総理大臣 第86代 森喜朗
成立年月日 2001年(平成13年)1月6日
終了年月日 同年4月26日
テンプレートを表示

第2次森改造内閣(だいにじもりかいぞうないかく)は、森喜朗が第86代内閣総理大臣に任命され、2001年(平成13年)1月6日から同年4月26日まで続いた日本の内閣である。

中央省庁再編前の第2次森改造内閣と閣員は変わらず、中央省庁再編により新体制となった各省大臣等の補職辞令が発出されたものである。

概要[編集]

新省庁となった銘板の揮毫は原則、各省大臣の手になるものである。ただ財務省については、宮澤喜一が最後まで拒んだため、パソコンの楷書体から宮澤自ら文字を選定し、銘板を作成した(大蔵省の項を参照)。

2001年3月5日に内閣不信任決議が否決されたが、52日後の4月26日に低支持率などを理由に内閣総辞職をした。これは長期政権の党首任期満了や国政選挙敗北以外では、内閣不信任否決から総辞職までの最短記録である[1][2]

大臣[編集]

内閣府に置かれる特命担当大臣については官報同様「〜担当大臣」と表記、内閣府以外の他省庁(内閣官房含む)で行われる特命事項を担当する大臣の職務は【】内に記載。

※橋本国務大臣の補職のうち、規制改革担当大臣の発令は2001年4月1日。

副大臣[編集]

政務官[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 第3次佐藤内閣は1972年6月15日に内閣不信任決議が否決されて、22日後の7月7日に長期政権の党首任期満了を理由に総辞職した例がある。
  2. ^ 第2次橋本内閣は1998年6月12日に内閣不信任決議が否決されて、48日後の7月30日に参院選敗北を理由に総辞職した例がある

関連項目[編集]

外部リンク[編集]