第3次佐藤内閣 (改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3次佐藤改造内閣
内閣総理大臣 第63代 佐藤栄作
成立年月日 1971年(昭和46年)7月5日
終了年月日 1972年(昭和47年)7月7日
テンプレートを表示

第3次佐藤改造内閣(だいさんじさとうかいぞうないかく)は、佐藤栄作が第63代内閣総理大臣に任命され、1971年(昭和46年)7月5日から1972年(昭和47年)7月7日まで続いた日本の内閣である。

前の第3次佐藤内閣改造内閣である。

概要[編集]

この第3次佐藤改造内閣は、佐藤榮作政権最後の改造人事となった。

この内閣でのトピックスとして、

  1. 第1次ニクソン・ショックで、ニクソン大統領が中華人民共和国を翌年訪問することを突然発表した。
  2. 第2次ニクソン・ショックによる、ブレトン・ウッズ体制の終了に伴うドル=円の固定相場制(1ドル360円)が崩壊し、いったん変動相場制へ移行し、年末にスミソニアン協定を結び、再び固定相場制に戻り1ドル308円となった。
  3. 昭和天皇香淳皇后欧州歴訪(日本の歴史上、初となる天皇の外遊)の実施(1971年(昭和46年)9月27日10月14日)。
  4. 第11回冬季オリンピック札幌大会開催(1972年(昭和47年)2月3日2月13日)。
  5. あさま山荘事件を始めとする、連合赤軍による一連のテロゲリラ事件発生。
  6. アメリカ合衆国から日本国沖縄諸島施政権返還(沖縄返還協定の発効)の実現(1972年(昭和47年)5月15日

が挙げられる。

戦後最長となる7年8ヶ月の政権の最後の内閣となったが、さすがに政界・国民とも政権に対する飽きがきており、求心力は弱っていた。1972年6月15日内閣不信任決議が否決されたが、国会が終了した6月16日の翌日自民党両院議員総会で内閣総理大臣及び総裁を辞することを明らかにした。そして後任が田中角栄に決まった後の7月7日に内閣総辞職をした。内閣不信任案が否決されたのに22日後に総辞職して、これは不信任案否決→総辞職の最短記録である。1970年10月に自由民主党総裁選挙で四選されて、任期はこの年10月まであり、もともと前任の池田勇人から後継指名を受けて総理・総裁になった佐藤栄作は、その間に福田赳夫に禅譲する心積もりであった。しかし自派から田中角栄が総裁選立候補する動きが活発となり、後継者を指名することなく、自ら成し遂げた沖縄返還を花道にして退陣した。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

前内閣の政務次官が1971年7月9日に退任し、同日付で新たな政務次官を任命した。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]