高橋内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
高橋内閣
内閣総理大臣 第20代 高橋是清
成立年月日 1921年(大正10年)11月13日
終了年月日 1922年(大正11年)6月12日
与党・支持基盤 立憲政友会
施行した選挙 なし
衆議院解散 なし
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

高橋内閣(たかはしないかく)は、大蔵大臣高橋是清が第20代内閣総理大臣に任命され、1921年(大正10年)11月13日から1922年(大正11年)6月12日まで続いた日本の内閣である。

原敬暗殺事件により原敬首相が死亡したことを受け、後継総理に任ぜられた高橋是清が、原内閣で自らが務めた大蔵大臣を引き続いて兼任し、また全閣僚を前内閣から引き続き留任させたことにより、「居抜き内閣」と呼ばれた。

閣僚[編集]

横田千之助(1921年(大正10年)11月24日 - 1922年(大正11年)3月28日)
馬場鍈一(1922年(大正11年)3月28日 - 同年6月21日)

外部リンク[編集]