清浦内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清浦内閣
内閣総理大臣 第23代 清浦奎吾
成立年月日 1924年(大正13年)1月7日
終了年月日 同年6月11日
与党・支持基盤 政友本党官僚貴族院
施行した選挙 第15回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1924年(大正13年)1月31日
懲罰解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

清浦内閣(きようらないかく)は、枢密院議長清浦奎吾が第23代内閣総理大臣に任命され、1924年(大正13年)1月7日から同年6月11日まで続いた日本の内閣である。

清浦は枢密院議長から出て組閣し、政党から閣僚を入れることなく、貴族院を背景にした超然主義を貫いた。立憲政友会憲政会革新倶楽部護憲三派が起こした第二次護憲運動により、わずか5ヶ月で総辞職となった。与党は立憲政友会を脱党した政友本党である。

閣僚[編集]

外部リンク[編集]