第2次若槻内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2次若槻内閣
内閣総理大臣 第28代 若槻禮次郎
成立年月日 1931年(昭和6年)4月14日
終了年月日 同年12月13日
与党・支持基盤 立憲民政党
施行した選挙 なし
衆議院解散 なし
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第2次若槻内閣(だいにじわかつきないかく)は、立憲民政党総裁の若槻禮次郎が第28代内閣総理大臣に任命され、1931年(昭和6年)4月14日から同年12月13日まで続いた日本の内閣である。

概要[編集]

当時総理であった濱口雄幸の病状悪化により濱口内閣が総辞職した後に若槻禮次郎が組閣した。

外交においては中国が日本がロシアより獲得した満洲権益を返還するよう求めており、中村大尉事件万宝山事件が発生し国民の対中感情が悪化、融和路線をとってきた幣原外交に行き詰まりが見え始めていた。内政では世界恐慌でダメージを受け、金解禁後に生糸価格や米価が暴落、大量の失業者が発生し中小企業や農村が窮乏化していた。

1931年9月18日には柳条湖事件を始端として満洲事変が発生。軍の応急派兵の検討に入ったが、19日午前10時の閣議で陸軍大臣南次郎は関東軍増援を提議できず、事態不拡大の方針が決定された。しかし、朝鮮軍は独断で国境を越えた。これに対して予算を付けなければ朝鮮軍の活動は停止せざるをえなかったが、予算を認めてしまい満洲事変が拡大するきっかけとなった。

若槻は安達謙蔵の提案で軍部を抑える挙国一致内閣を作るために立憲政友会との協力を模索させた。その後の閣内相談で閣僚は協力内閣に拒否の意見であったため中止しようとしたが、今度は安達謙蔵が離反、辞職を要求するも拒否された。明治憲法下では首相に閣僚の罷免権がなく閣内不一致を是正する方法がなかったため総辞職することとなった。

閣僚[編集]

  • 内閣総理大臣
若槻禮次郎:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
幣原喜重郎:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
安達謙蔵:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
井上準之助:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
南次郎:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
安保清種:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
渡邊千冬:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
田中隆三:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
町田忠治:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
櫻内幸雄:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
小泉又次郎:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
江木翼:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年9月10日
原脩次郎:1931年(昭和6年)9月10日 - 同年12月13日
原脩次郎:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年9月10日
若槻禮次郎(兼任):1931年(昭和6年)9月10日 - 同年12月13日
川崎卓吉:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年12月13日
武内作平:1931年(昭和6年)4月14日 - 同年11月8日
斎藤隆夫:1931年(昭和6年)11月9日 - 同年12月13日

政務次官[編集]

  • 外務政務次官
  • 内務政務次官
    • 斎藤隆夫:前政権(1929年7月5日) - 1931年4月15日
    • 古屋慶隆:1931年4月15日 - 次政権(1931年12月15日)
  • 大蔵政務次官
    • 小川郷太郎:前政権(1929年7月5日) - 1931年4月15日
    • 田昌:1931年4月15日 - 次政権(1931年12月15日)
  • 陸軍政務次官
    • 伊東二郎丸:前政権(1930年8月19日) - 次政権(1931年12月15日)
  • 海軍政務次官
    • 矢吹省三:前政権(1929年7月5日) - 1931年4月15日
    • 牧山耕蔵:1931年4月15日 - 次政権(1931年12月15日)
  • 司法政務次官
    • 川崎克:前政権(1929年7月5日) - 1931年4月15日
    • 八並武治:1931年4月15日 - 次政権(1931年12月15日)
  • 文部政務次官
  • 農林政務次官
  • 商工政務次官
  • 逓信政務次官
  • 鉄道政務次官
  • 拓務政務次官

参与官[編集]

  • 外務参与官
    • 織田信恒:前政権(1929年7月5日) - 1931年4月15日
    • 田中武雄:1931年4月15日 - 次政権(1931年12月15日)
  • 内務参与官
  • 大蔵参与官
    • 勝正憲:前政権(1929年7月5日) - 1931年4月15日
    • 前田房之助:1931年4月15日 - 次政権(1931年12月15日)
  • 陸軍参与官
  • 海軍参与官
    • 粟山博:前政権(1929年7月5日) - 1931年4月15日
    • 鍋島直縄:1931年4月15日 - 次政権(1931年12月15日)
  • 司法参与官
  • 文部参与官
    • 大麻唯男:前政権(1929年7月5日) - 1931年4月15日
    • 工藤鉄男:1931年4月15日 - 次政権(1931年12月15日)
  • 農林参与官
  • 商工参与官
  • 逓信参与官
  • 鉄道参与官
  • 拓務参与官
    • 武富済:前政権(1929年7月5日) - 1931年4月15日
    • 杉浦武雄:1931年4月15日 - 次政権(1931年12月15日)

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。

外部リンク[編集]