第3次吉田内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3次吉田内閣
内閣総理大臣 第49代 吉田茂
成立年月日 1949年(昭和24年)2月16日
終了年月日 1950年(昭和25年)6月28日
与党・支持基盤 民主自由党自由党
施行した選挙 第2回参議院議員通常選挙
衆議院解散 なし
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第3次吉田内閣(だいさんじよしだないかく)は、吉田茂が第49代内閣総理大臣に任命され、1949年(昭和24年)2月16日から1950年(昭和25年)6月28日まで続いた日本の内閣である。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

  • 外務政務次官
近藤鶴代: 1949年2月16日 - 6月1日
川村松助: 1949年6月1日 -
  • 大蔵政務次官
中野武雄: 1949年2月19日 - 5月31日
田口政五郎: 1949年2月23日 - 5月31日
水田三喜男: 1949年6月9日 -
  • 法務政務次官
山口好一: 1949年2月19日 - 5月31日
遠山丙市: 1949年2月23日 - 5月31日
牧野寛索: 1949年6月9日 -
  • 文部政務次官
柏原義則: 1949年2月19日 - 6月1日
左藤義詮: 1949年2月23日 - 6月1日
平島良一: 1949年6月9日 -
  • 厚生政務次官
亘四郎:1949年2月19日 - 6月1日
浅岡信夫:1949年2月23日 - 6月1日
矢野酉雄:1949年6月9日 -
  • 農林政務次官
苫米地英俊: 1949年2月19日 - 5月31日
池田宇右衛門: 1949年2月23日 - 6月1日
坂本実: 1949年6月9日 -
  • 商工政務次官
小林英三: 1949年2月16日 - 5月25日
有田二郎: 1949年2月19日 - 5月24日
  • 通商産業政務次官
有田二郎:1949年5月25日 - 6月1日
小林英三:1949年5月25日 - 6月1日
宮幡靖:1949年6月9日 -
  • 運輸政務次官
加藤常太郎:1949年2月16日 - 6月1日
坂田道太:1949年2月19日 - 6月1日
原健三郎:1949年6月9日 -
  • 逓信政務次官
武藤嘉一:1949年2月19日 - 5月31日
  • 郵政政務次官
吉田安:1949年6月9日 - 1950年1月25日
坪川信三:1950年1月27日 -
  • 電気通信政務次官
尾形六郎兵衛:1949年6月9日 - 1950年3月3日
図司安正:1950年3月3日 - 5月2日
  • 労働政務次官
山崎岩男:1949年2月23日 - 6月1日
宿谷栄一:1949年2月23日 - 6月1日
新谷寅三郎:1949年6月9日 -
  • 建設政務次官
内海安吉:1949年2月19日 - 6月1日
赤木正雄:1949年2月23日 - 6月1日
鈴木仙八:1949年6月9日 -
  • 経済安定政務次官
中川以良:1949年2月16日 - 1950年6月1日
西村久之:1949年6月9日 -
  • 物価政務次官
坂田英一:1949年6月9日 -
  • 行政管理政務次官
一松政二:1949年6月9日 -
  • 賠償政務次官
山田佐一:1949年6月9日 - 6月23日
橘直治:1949年6月23日 - 1950年3月3日
寺島隆太郎:1950年3月3日 - 5月2日
小西寅松:1950年5月2日 -
  • 地方財政政務次官
堀末治:1949年2月23日 - 6月1日
  • 地方自治政務次官
小野哲:1949年6月9日 -

参考文献[編集]

外部リンク[編集]