第2次森内閣 (改造 中央省庁再編前)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2次森改造内閣
内閣総理大臣 第86代 森喜朗
成立年月日 2000年(平成12年)12月5日
終了年月日 2001年(平成13年)1月6日
テンプレートを表示

第2次森改造内閣(だいにじもりかいぞうないかく)は、森喜朗が第86代内閣総理大臣に任命され、2000年(平成12年)12月5日から2001年(平成13年)1月6日まで続いた日本の内閣である。

前の第2次森内閣改造内閣であり、20世紀と21世紀を跨ぐ内閣でもある。

概説[編集]

2001年(平成13年)1月6日に実施される中央省庁再編を控え、大臣・長官間、政務次官間の兼任が多いのが特徴だが、これは再編により各省大臣等の新たな補職辞令が発出されることを視野に入れたものである。

前内閣が閣僚待望組を多く入れた「滞貨一掃」などと言われたのとは対象的に、総理経験者である橋本龍太郎や、将来のリーダー候補とみなされていた額賀福志郎町村信孝高村正彦などを新たに入閣させ、留任の宮澤喜一平沼赳夫河野洋平らと合わせて「重量級」の布陣と言われた。他方、2000年(平成12年)11月に起きた加藤の乱の中心となった加藤派・山崎派の議員からは、閣僚や党役員が起用されていない。

首相経験者である宮沢・橋本の2人が閣僚となった。首相経験者が2人閣僚として入閣している内閣は東久邇宮内閣(海軍大臣の米内光政・国務大臣の近衛文麿)以来55年ぶりである。

国務大臣[編集]

【】内は特命事項を担当する国務大臣の職務。

※笹川国務大臣はいわゆる無任所大臣

総括政務次官[編集]

改造翌日の12月6日発足。
※1999年(平成11年)9月20日、将来の副大臣制度を見据えた政務次官の権限強化に関する法改正があり、同日以降は「○○総括政務次官」(1省庁に複数置かれる場合は筆頭者のみ)と呼称することとなった。この法改正では権限部分のみで官職名までは改められず、閣議での申し合わせという形で「総括」呼称が導入されたため、法的根拠を要する任命辞令には「総括」を含まない正式官職名が使用された。
※最後の政務次官で1か月後に副大臣制へ移行することもあり、閣議での合意に基づきこの中央省庁再編前の第2次森改造内閣のみ政務次官全員に「総括」が冠された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]