齋藤内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
齋藤内閣
内閣総理大臣 第30代 齋藤實
成立年月日 1932年(昭和7年)5月26日
終了年月日 1934年(昭和9年)7月8日
与党・支持基盤 挙国一致内閣
施行した選挙 なし
衆議院解散 なし
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

齋藤内閣(さいとうないかく)は、前朝鮮総督枢密顧問官齋藤實が第30代内閣総理大臣に任命され、1932年(昭和7年)5月26日から1934年(昭和9年)7月8日まで続いた日本の内閣である。

概要[編集]

五・一五事件によって総裁の犬養毅が暗殺された立憲政友会は、後継総裁として1932年(昭和7年)5月17日に鈴木喜三郎を総裁に選出した。これは、元老西園寺公望がテロ後の首班を同じ政党の党首に推薦してきた慣例を考え、大命降下を待ったものであった。しかし、陸軍が政党内閣を拒否したため、調整の結果、西園寺は齋藤實を推薦することになった。

1932年(昭和7年)9月、満州国の独立を承認し、日満議定書を締結する。1933年(昭和8年)2月24日国際連盟においてリットン報告書の表決を不服とした松岡洋右日本全権が退席。3月3日に発生した昭和三陸地震への対応をしながら、3月8日に国際連盟を脱退を決め、3月27日に正式に脱退した。

閣僚[編集]

  • 内閣総理大臣
齋藤實(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
齋藤實(兼任)(1932年(昭和7年)5月26日 - 7月6日)
内田康哉(1932年(昭和7年)7月6日 - 1933年(昭和8年)9月14日)
廣田弘毅(1933年(昭和8年)9月14日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
山本達雄(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
高橋是清(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
荒木貞夫(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)1月23日)
林銑十郎(1934年(昭和9年)1月23日 - 7月8日)
岡田啓介(1932年(昭和7年)5月26日 - 1933年(昭和8年)1月9日)
大角岑生(1933年(昭和8年)1月9日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
小山松吉(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
鳩山一郎(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)3月3日)
斎藤實(兼任)(1934年(昭和9年)3月3日 - 7月8日)
後藤文夫(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
中島久万吉(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)2月9日)
松本烝治(1934年(昭和9年)2月9日 - 7月8日)
南弘(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
三土忠造(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
永井柳太郎(1932年(昭和7年)5月26日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
柴田善三郎(1932年(昭和7年)5月26日 - 1933年(昭和8年)3月13日)
堀切善次郎(1933年(昭和8年)3月13日 - 1934年(昭和9年)7月8日)
堀切善次郎(1932年(昭和7年)5月26日 - 1933年(昭和8年)3月13日)
黒崎定三(1933年(昭和8年)3月13日 - 1934年(昭和9年)7月8日)

政務次官[編集]

  • 外務政務次官
    • 岩城隆徳:前政権(1931年12月15日) - 1932年6月1日
    • 瀧正雄:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 内務政務次官
    • 松野鶴平:前政権(1931年12月15日) - 1932年6月1日
    • 斎藤隆夫:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 大蔵政務次官
    • 堀切善兵衛:前政権(1931年12月15日) - 次政権(1934年7月19日)
  • 陸軍政務次官
    • 若宮貞夫:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 土岐章:1932年6月1日 - 次政権(1935年12月14日)
  • 海軍政務次官
    • 堀田正恒:前政権(1931年12月15日) - 次政権(1936年3月25日)
  • 司法政務次官
    • 熊谷直太:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 八並武治:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 文部政務次官
    • 安藤正純:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 東郷実:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 農林政務次官
  • 商工政務次官
  • 逓信政務次官
  • 鉄道政務次官
    • 若尾璋八:前政権(1931年12月15日) - 1932年6月1日
    • 名川侃市:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 拓務政務次官

参与官[編集]

  • 外務参与官
  • 内務参与官
    • 藤井達也:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 勝田永吉:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 大蔵参与官
    • 太田正孝:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 上塚司:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 陸軍参与官
    • 土岐章:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 石井三郎:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 海軍参与官
  • 司法参与官
    • 名川侃市:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 岩本武助:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 文部参与官
    • 山下谷次:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 石坂豊一:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 農林参与官
    • 今井健彦:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 松村謙三:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 商工参与官
  • 逓信参与官
    • 東郷実:前政権(1932年5月14日) - 1932年6月1日
    • 立花種忠:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 鉄道参与官
    • 野田俊作:前政権(1931年12月15日) - 1932年5月27日
    • 板谷順助:1932年6月1日 - 次政権(1934年7月19日)
  • 拓務参与官

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。

外部リンク[編集]