第3次池田内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第3次池田内閣
内閣総理大臣 第60代 池田勇人
成立年月日 1963年(昭和38年)12月9日
終了年月日 1964年(昭和39年)7月18日
テンプレートを表示

第3次池田内閣(だいさんじいけだないかく)は、池田勇人が第60代内閣総理大臣に任命され、1963年(昭和38年)12月9日から1964年(昭和39年)7月18日まで続いた日本の内閣である。

概要[編集]

第30回衆議院議員総選挙に於いて、自由民主党が勝利を収め、総選挙後の第45特別国会自由民主党総裁池田勇人首班指名を経て内閣総理大臣に再任された。

尚、この組閣では、この年の7月に内閣改造第2次池田第3次改造内閣)を行ったばかりであったという理由から、解散前の内閣閣僚が全員再任された。ちなみに解散前の内閣閣僚の再任は戦後初のケースとなった。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

党役員[編集]

自民党役員は四役留任した。

外部リンク[編集]