第2次池田内閣 (第3次改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2次池田第3次改造内閣
内閣総理大臣 第59代 池田勇人
成立年月日 1963年(昭和38年)7月18日
終了年月日 同年12月9日
与党・支持基盤 自由民主党
施行した選挙 第30回衆議院議員総選挙
衆議院解散 1963年(昭和38年)10月23日
所得倍増解散
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第2次池田第3次改造内閣(だいにじいけだだいさんじかいぞうないかく)は、池田勇人が第59代内閣総理大臣に任命され、1963年(昭和38年)7月18日から同年12月9日まで続いた日本の内閣である。

前の第2次池田第2次改造内閣改造内閣である。

概要[編集]

この内閣の下で、1963年10月23日衆議院解散が執行され、それによる第30回衆議院議員総選挙11月21日に施行された。

また、この解散総選挙期間中の11月9日国鉄横須賀線鶴見事故三井三池三川炭鉱炭塵爆発事故の二大事故が発生し、“血塗られた土曜日”と後に言われる出来事となった。

総選挙投票日直後の11月23日にはアメリカ合衆国大統領ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ暗殺される事件が発生し、内閣総理大臣:池田勇人がジョン・フィッツジェラルド・ケネディの国葬参列のために訪米している。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

第2次池田内閣第2次改造内閣の政務次官が1963年7月30日に退任し、同日付で新たな政務次官を任命した。

自由民主党三役[編集]

なお、内閣改造に伴い、自民党役員改選が行われた。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]