廣田内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
廣田内閣
The Hirota Cabinet.jpg
内閣総理大臣 第32代 広田弘毅
成立年月日 1936年(昭和11年)3月9日
終了年月日 1937年(昭和12年)2月2日
与党・支持基盤 挙国一致内閣
施行した選挙 なし
衆議院解散 なし
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

廣田内閣(ひろたないかく)は、外務大臣広田弘毅が第32代内閣総理大臣に任命され、1936年(昭和11年)3月9日から1937年(昭和12年)2月2日まで続いた日本の内閣である。

概要[編集]

廣田内閣は、元老西園寺公望の奏薦により、前の岡田内閣の外務大臣であった廣田弘毅が、二・二六事件の後に組閣した内閣である。軍部の抵抗により組閣は難航した。広義国防国家の樹立を目標とし、経済の国家統制を進めるなど、準戦時体制の整備に努める。五相会議で軍備増強と準戦時体制の構築を目指す「国策の基準」を定め、軍部大臣現役武官制を復活し、日独防共協定を締結するなど、軍国主義国家体制の先鞭をつけた。また、国民精神の作興を掲げて『国体の本義』を発行し、文化勲章を制定した。財政問題に加えて腹切り問答により軍部と政党が対立し、内閣は崩壊した。

閣僚[編集]

広田弘毅(官僚:外務省):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
広田弘毅(首相兼任・官僚:外務省)(岡田内閣から留任):1936年(昭和11年)3月9日 - 同年4月2日
有田八郎(官僚:外務省):1936年(昭和11年)4月2日 - 1937年(昭和12年)2月2日
潮恵之輔(貴族院所属:研究会):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
馬場鍈一(貴族院所属:研究会):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
伯爵寺内寿一(軍人:陸軍大将):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
永野修身(軍人:海軍大将):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
林頼三郎(官僚:司法省):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
潮恵之輔(内務相兼任・貴族院所属:研究会)):1936年(昭和11年)3月9日 - 同年3月25日
平生釟三郎(貴族院所属:無所属):1936年(昭和11年)3月25日 - 1937年(昭和12年)2月2日
島田俊雄政友会):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
川崎卓吉立憲民政党→貴族院所属:同和会):1936年(昭和11年)3月9日 - 同年3月27日
小川郷太郎(立憲民政党):1936年(昭和11年)3月27日 - 1937年(昭和12年)2月2日
頼母木桂吉(立憲民政党):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
前田米蔵政友会):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
永田秀次郎(貴族院所属:同和会):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
藤沼庄平(貴族院所属:昭和研究会):1936年(昭和11年)3月9日 - 1937年(昭和12年)2月2日
大橋八郎(官僚:逓信省→貴族院所属:昭和研究会):1936年(昭和11年)3月9日 - 同年3月10日
次田大三郎(貴族院所属:同成会):1936年(昭和11年)3月10日 - 1937年(昭和12年)2月2日

政務次官[編集]

  • 外務政務次官
  • 内務政務次官
    • 大森佳一:前政権(1934年7月19日) - 1936年4月14日
    • 鍋島直縄:1936年4月14日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 大蔵政務次官
  • 陸軍政務次官
    • 岡部長景:前政権(1935年12月14日) - 1936年3月25日
    • 立見豊丸:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 海軍政務次官
    • 堀田正恒:犬養政権(1931年12月15日) - 1936年3月25日
  • 司法政務次官
    • 原夫次郎:前政権(1934年7月19日) - 1936年3月25日
    • 野田俊作:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 文部政務次官
  • 農林政務次官
    • 守屋栄夫:前政権(1934年7月19日) - 1936年3月25日
    • 田辺七六:1936年4月15日 - 1936年8月1日
    • 山崎猛:1936年8月19日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 商工政務次官
    • 勝正憲:前政権(1934年7月19日) - 1936年4月15日
    • 池田秀雄:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 逓信政務次官
  • 鉄道政務次官
  • 拓務政務次官

参与官[編集]

  • 外務参与官
    • 松本忠雄:前々政権(1933年12月21日) - 1936年3月25日
    • 松山常次郎:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 内務参与官
    • 橋本実斐:前政権(1934年7月19日) - 1936年3月25日
    • 肝付兼英:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 大蔵参与官
    • 豊田収:前政権(1934年7月19日) - 1936年3月25日
    • 丹下茂十郎:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 海軍参与官
  • 司法参与官
    • 舟橋清賢:前政権(1934年7月19日) - 1936年3月25日
    • 秋月種英:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 文部参与官
  • 農林参与官
    • 森肇:前政権(1934年7月19日) - 1936年3月25日
    • 小林絹治:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 商工参与官
    • 高橋守平:前政権(1934年7月19日) - 1936年3月25日
    • 寺島権蔵:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 逓信参与官
    • 平野光雄:前政権(1934年7月19日) - 1936年4月15日
    • 多田満長:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 鉄道参与官
    • 兼田秀雄:前政権(1934年7月19日) - 1936年3月25日
    • 星島二郎:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)
  • 拓務参与官
    • 佐藤正:前政権(1934年10月26日) - 1936年3月25日
    • 林路一:1936年4月15日 - 次政権(1937年2月4日)

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。

外部リンク[編集]