永田秀次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
永田秀次郎

永田 秀次郎(ながた ひでじろう、1876年7月23日 - 1943年9月17日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の官僚政治家

人物[編集]

兵庫県三原郡倭文村(現南あわじ市倭文長田)に永田実太郎の次男として出生。

弟に京都市土木局長、横浜市電気局長を務めた永田兵三郎。長男に元自由民主党衆議院議員永田亮一がいる。

内務省官僚を務めた後、第8・14代東京市長拓殖大学第4代学長、貴族院議員を歴任。関東大震災では市長として復興に尽力[1][2][3]

姫路中学校第三高等学校(現在の京都大学の母体校の1つ)を卒業。

俳人でもあり号は永田青嵐。また大変な釣り好きとしても知られる。

また、日本サッカー協会(当時は大日本蹴球協会)創立時の賛助者として名を連ねている。

1932年ロサンゼルスオリンピックで女子平泳ぎ200mで銀メダルを獲得した前畑秀子に「なぜ金メダルを取れなかった」と言った。前畑は水泳を引退するつもりだったが、永田の言葉により現役続行を決意。4年後のベルリンオリンピックで金メダルを取ることになる。当時、永田は東京市長としてベルリンの次の1940年のオリンピックを東京に誘致しようと熱心だった。そのためには女子の金メダリストがいれば有利だと考えていたという。

1943年9月17日に逝去。満67歳没。辞世句に『震災忌我に古りゆく月日かな』[4][5]

主な経歴[編集]

関連項目[編集]

  • 池田宏前田多門 - 秀次郎とともに後藤新平東京市長の補佐役として「畳屋」と称された。畳屋の由来は旧字体の"疊"(ワ冠の上に3つの"田"の字が乗っかっている)をもじって、3人の補佐役がいずれも名前の中に"田"の字を含んでいることによる。

出典[編集]

  1. ^ 越沢明 『東京の都市計画』 岩波新書、1991年、54-55、59-62、86頁。ISBN 978-4004302001
  2. ^ 越澤明 『復興計画 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで』 中公新書、2005年、58-67、85-86頁。ISBN 978-4121018083
  3. ^ 越澤明 『後藤新平 大震災と帝都復興』 ちくま新書、192-194、244-256、289頁。ISBN 978-4480066398
  4. ^ ぶらっと淡路島 2010-2011 秋冬、2010年9月15日、淡路島観光協会
  5. ^ 〈小伝〉 永田秀次郎〜淡路初めての大臣〜”. ぶらり散歩 淡路島 歴史の小径. 2013年10月9日閲覧。

外部リンク[編集]


公職
先代:
永井柳太郎
日本の旗 鉄道大臣
第18代:1939 - 1940
次代:
松野鶴平
先代:
児玉秀雄
日本の旗 拓務大臣
第9代:1936 - 1937
次代:
結城豊太郎
学職
先代:
後藤新平
日本の旗 拓殖大学総長(学長)
第4代:1919 - 1943
次代:
宇垣一成