大谷光瑞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大谷光瑞

大谷 光瑞(おおたに こうずい、1876年明治9年)12月27日 - 1948年昭和23年)10月5日)は日本の宗教家。探検家。明治時代から昭和時代までの浄土真宗本願寺派第22世法主伯爵は光瑞。法名は鏡如上人。院号は信英院。

経歴[編集]

大谷光瑞(27歳)

第21世法主大谷光尊(明如上人)の長男として誕生。幼名は峻麿。弟に真宗木辺派の本山錦織寺第20代法主となる木辺孝慈がいる。大正天皇の皇后貞明皇后の姉九条籌子(かずこ)と結婚。

1885年9歳で得度。翌1886年、上京して学習院に入学するが退学。その後、尺振八の開いた共立学舎(当時受験校で知られていた共立学校とは別)という英学校に入学するもやはり退学。京都に帰り前田慧雲(のち東洋大学学長・龍谷大学学長)に学んだ。

1902年8月、教団活動の一環として西域探検のためインドに渡り、仏蹟の発掘調査に当たった。1903年1月14日朝、ビハール州ラージギル郊外で長らく謎の地の山であった旭日に照らされた釈迦ゆかりの霊鷲山を発見している。その1903年1月に父・光尊が死去し、法主を継職するため帰国したが、探検・調査活動は1904年まで続けられた。これがいわゆる大谷探検隊(第1次)である。法主継職後も探検を続行させ、1914年まで計3回にわたる発掘調査等が実施された[1]

法主としては教団の近代化に努め、日露戦争には多数の従軍布教使を派遣。海外伝道も積極的に進めた。また1913年孫文と会見したのを機に、孫文が率いていた中華民国政府の最高顧問に就任した。

1908年神戸六甲山岡本東灘区)に盟友伊東忠太の設計になる二楽荘を建て、探検収集品の公開展示・整理の他、英才教育のための学校(現在は甲南大学理学部)、園芸試験場、測候所、印刷所などを設置。文化活動の拠点とした。

1914年、大谷家が抱えていた巨額の負債整理、および教団の疑獄事件のため法主を辞任し、大連に隠退した。二楽荘と探検収集品もこの時に手放している。現在、これらのコレクションは散逸し[2]二楽荘1932年に火災で焼失した。

隠退後も文化活動を続け、1919年には光寿会を設立して仏典原典(梵字で記述)の翻訳にあたり、1921年には上海に次代を担う人材育成のために策進書院を開校した。

太平洋戦争中は近衞文麿内閣で参議、小磯國昭米内光政協力内閣で顧問をつとめた。しかし1945年に膀胱癌に倒れ、入院中にソ連軍に抑留された。1947年に帰国し、翌年別府にて死去。

高雄逍遥園(現状)

生前は二楽荘の他、上海や台湾高雄(逍遥園)などに別荘を設けた。現在の須磨離宮公園はその1つで、1907年宮内省に買い取られたものでありその代替地として岡本の二楽荘が成った。

晩年の地・別府では、当時国際観光都市建設を目指し、政府に特別都市建設法の立法(1950年別府国際観光温泉文化都市建設法」として制定)を働きかけていた市長・脇鉄一に賛同。助言を与え、自ら私案も立てている。

フィクションでの描写[編集]

荒俣宏の小説・『帝都物語』では、加持祈祷による米英ソの戦争指導者の呪殺を画策する事になっている。もちろん事実と異なる創作ではあるものの、浄土真宗の教義では加持祈祷を否定しており、作中の描写はそれに反するものである。映画版の帝都大戦では、観阿弥光凰なる架空の人物に置き換えられている。

また、辻原登の小説・『許されざる者』の登場人物谷晃之は、京都に総本山をおく巨大仏教教団の宗家長子であり、西域を探検・調査することなどから、大谷光瑞を彷彿させる。

著書[編集]

  • 『大谷光瑞全集 (全13巻)』 大乗社、1935年

伝記・評伝[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 詳しくは、『シルクロード探検』(長沢和俊編、西域探検紀行全集第9巻:白水社)を参照、新装版で再刊。
  2. ^ 大谷コレクションは、中国・旅順博物館韓国国立中央博物館東京国立博物館龍谷大学などで分蔵している。『大谷光瑞と西域美術』<日本の美術434号>至文堂(2002年)に一部紹介されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 大谷記念館 - 西本願寺別府別院内に開設。遺品などを展示している。