渡辺洪基

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 大日本帝国の政治家
渡辺 洪基
わたなべ こうき
Koki Watanabe.jpg
肖像写真
生年月日 1848年1月28日
弘化4年12月23日
出生地 日本の旗 越前国
没年月日 1901年5月24日(満53歳没)
出身校 慶應義塾
所属政党 国民協会
称号 正三位勲一等

任期 1885年6月13日 - 1886年3月9日

選挙区 貴族院勅選議員
テンプレートを表示

渡辺 洪基[1](わたなべ ひろもと/わたなべ こうき)、1848年1月28日弘化4年12月23日) - 1901年5月24日)は、明治時代の衆議院貴族院議員・教育者、元老院議官、元老院副議長、東京府知事、初代帝国大学総長、外務省司法省学習院次長、太政官法制部主事、駐オーストリア公使、日本建築学会会長等を歴任。1895年(明治28年)11月から死去まで慶應義塾評議員。「工手学校」を創立した。幼名を孝一郎。浩堂と号す。母の名は蔦埜(つたの)。正三位勲一等

経歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『職員録』等の印刷物では正字に統一するとの慣例により「渡邊」と印刷されているが、本人が手書きした署名は「渡邉」となっている。現在の人名辞典等では常用漢字で「渡辺」と表記する。

関連項目[編集]

公職
先代:
芳川顕正
東京都の旗 東京府知事
官選第9代:1885 - 1886
次代:
高崎五六