秋月左都夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

秋月 左都夫(あきづき さつお、安政5年(1858年2月24日 - 昭和20年(1945年6月25日)は、日向国生れの外交官宮内省御用掛、正三位・勲一等。

来歴・人物[編集]

秋月種茂が開いた藩校明倫堂出身。鹿児島医学校中退。 司法省法学校卒業。

いったん司法省に入るが外交官に転じ、スウェーデン公使、駐ベルギー公使、オーストリア特命公使を歴任後、大正3年(1914年)に退官。大正8年(1919年)のパリ講和会議では全権顧問をつとめた。

駐ベルギー公使だった明治41年(1908年)には、イギリスボーイスカウト運動について日本に報告し、これにより日本にボーイスカウト運動が伝わった。

読売新聞社の編集顧問(後に社長)、京城日報社長を勤め、大日本皇道立教会副会頭でもあった。 政治家の古島一雄らとともに創価教育学会創価学会の前身)の設立にも尽力した。

家系[編集]

父は高鍋藩の家老、秋月種節(あきづき たねよ)。四兄弟の三男。弟は元農商務省参事官で、住友財閥発展の功労者である鈴木馬左也(すずき まさや)。義弟は牧野伸顕