本野一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本野一郎

本野 一郎(もとの いちろう、1862年3月23日文久2年2月23日) - 1918年大正7年)9月17日)は明治大正外交官政治家である。子爵

来歴[編集]

肥前国佐賀久保田徳万村生まれ。11歳で渡仏し、3年間パリで学ぶ。横浜の小学校を卒業後、東京外語学校へ進学。18歳で横浜貿易商会に入社し、リヨン支店に赴任。務めの傍ら、富井政章梅謙次郎と共にフランスのリヨン大学で法学を学び、法学博士の学位を得る。特に梅謙次郎とは同じ下宿で暮らし、同時に学位を得た[1]

フランス滞在が8年ほど過ぎたころ、外務大臣だった大隈重信に誘われ帰国し、陸奥宗光外務大臣の秘書官となる。同時に、帝大などで国際法を教える。その後、ベルギーフランスロシア公使を経て、ロシア大使に就任。10年に渡るロシア駐在中の功績から子爵が授けられ、寺内内閣外務大臣へと出世したが、胃癌を発病し辞職、57歳で亡くなる。[1]

人物[編集]

  • フランスの銀行家で富豪のアルベール・カーンと家族ぐるみの交友があり、しばしばカーンの南仏の別荘でバカンスを楽しんだ[2]

家族[編集]

父は読売新聞創業者の本野盛亨。弟に化学者早稲田大学教授本野英吉郎、妻は、野村靖の娘で、万里小路正秀男爵の元妻だった久子。息子の盛一も外交官。孫に元駐フランス大使の本野盛幸がいる。

年譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 七戸克彦「現行民法典を創った人びと(11)査定委員1・主査委員 8 : 土方寧・本野一郎」 (PDF) (法学セミナー2010年3月号70ページ)
  2. ^ BBC Four - Japan in Colour: The Wonderful World of Albert Kahn
  3. ^ a b c d e 大畑篤四郎「本野一郎」『国史大辞典 第13巻』(吉川弘文館、1992年)
先代:
寺内正毅
外務大臣
第32代:1916 - 1918年
次代:
後藤新平