小坂善太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小坂 善太郎
こさか ぜんたろう
Zentaro Kosaka.jpg
1960年頃に撮影
生年月日 1912年1月23日
出生地 日本の旗 日本 長野県長野市
没年月日 2000年11月26日(満88歳没)
出身校 東京商科大学(現・一橋大学
前職 三菱銀行社員
信越化学工業常務取締役
所属政党 (無所属→)
民主党→)
自由党→)
自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章
衆議院永年在職議員
親族 祖父・小坂善之助
父・小坂順造
弟・小坂徳三郎
次男・小坂憲次

日本の旗 第104代 外務大臣
内閣 三木改造内閣
任期 1976年9月15日 - 1976年12月24日

内閣 第2次田中角栄内閣
任期 1972年12月22日 - 1973年11月25日

日本の旗 第90-91代 外務大臣
内閣 第1次池田内閣
第2次池田内閣
第2次池田第1次改造内閣
任期 1960年7月19日 - 1962年7月18日

内閣 第5次吉田内閣
任期 1954年7月1日 - 1954年10月1日

日本の旗 第8代 労働大臣
選挙区 長野県第1区
任期 1953年5月21日 - 1954年6月16日

その他の職歴
日本の旗 衆議院議員
1946年4月11日 - 1990年1月24日
テンプレートを表示

小坂 善太郎(こさか ぜんたろう、1912年明治45年)1月23日[1] - 2000年平成12年)11月26日)は、日本政治家自由民主党衆議院議員(16期)で外務大臣労働大臣経済企画庁長官を歴任した。

来歴・人物[編集]

長野県長野市出身。学習院を経て、1935年(昭和10年)に東京商科大学(現在の一橋大学)を卒業[1]上田貞次郎ゼミナール)。三菱銀行勤務や信越化学工業取締役を経て、1946年(昭和21年)の第22回衆議院議員総選挙に長野1区(当時)から立候補し、初当選[1]。以後、当選16回(当選同期に二階堂進江崎真澄小沢佐重喜石井光次郎坂田道太水田三喜男村上勇川崎秀二井出一太郎早川崇中野四郎など)。吉田茂に目をかけられ、衆議院予算委員長や第5次吉田内閣労働大臣を務めた[1]

1960年(昭和35年)、第1次池田勇人内閣で外務大臣に就任[1]アメリカと協調しながら、高度経済成長による経済大国の建設を目指す池田外交を大平正芳と共に推進した。その後、経済企画庁長官や自民党政務調査会長、外交調査会長を歴任する。小坂の外交路線はいわゆる「ハト派」で、1972年(昭和47年)の日中国交正常化では、議員外交を展開。日中国交正常化協議会会長として、田中角栄首相の訪中の地ならし役を務めた。

三木武夫改造内閣では三木に求められる形で外相に就任するが、直後に大平派から離脱。1980年(昭和55年)に大平内閣不信任案が可決された時には、風邪を理由に本会議を欠席した。1983年(昭和58年)12月の第37回衆議院議員総選挙では田中秀征の台頭により初めて落選を喫すが、1986年(昭和63年)の第38回衆議院議員総選挙(衆参同時選挙)で国政に復帰し、以後は中曽根康弘派に所属する。1990年(平成2年)の第39回衆議院議員総選挙には不出馬を宣言。次男の憲次に地盤を譲り、政界から引退した。引退後も国際親善などの分野で活動し、1995年(平成7年)には国連50周年記念国内委員会委員長を務めた。

1982年(昭和57年)に勲一等旭日大綬章を受章。同年に国連平和賞受賞。

2000年(平成12年)11月26日、88歳で死去。

親族関係[編集]

参考文献[編集]

  • 佐藤朝泰 著 『閨閥 日本のニュー・エスタブリッシュメント立風書房1981年(昭和56年)10月30日発行
  • 『財界家系譜大観 第6版』 現代名士家系譜刊行会、1984年(昭和59年)10月15日発行、352頁 - 353頁
  • 『財界家系譜大観 第7版』 現代名士家系譜刊行会、1986年(昭和61年)12月10日発行、303頁 - 304頁
  • 『財界家系譜大観 第8版』 現代名士家系譜刊行会、1988年(昭和63年)11月15日発行、316頁 - 317頁

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『閨閥』、324頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『財界家系譜大観』 第6版 - 第8版
  3. ^ 『閨閥』、320-322頁。
  4. ^ a b c 『閨閥』、320-321頁。
  5. ^ 『閨閥』、320-321頁、323頁。
  6. ^ a b 『閨閥』、320-321頁、325頁。
  7. ^ 『閨閥』、320-321頁、324頁。
  8. ^ 『閨閥』、320-321頁、326頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


議会
先代:
植原悦二郎
日本の旗 衆議院予算委員長
1950年 - 1951年
次代:
塚田十一郎
党職
先代:
水田三喜男
自由民主党政務調査会長
第19代 : 1971年 - 1972年
次代:
櫻内義雄
公職
先代:
宮澤喜一
藤山愛一郎
日本の旗 外務大臣
第103代:1976年
第90・91代:1960年 - 1962年
次代:
鳩山威一郎
大平正芳
先代:
有田喜一
日本の旗 経済企画庁長官
第23代:1972年 - 1973年
次代:
内田常雄
先代:
設置
日本の旗 国家公安委員会委員長
初代:1954年
次代:
小原直
先代:
戸塚九一郎
日本の旗 労働大臣
第8代:1953年 - 1954年
次代:
千葉三郎