珍田捨巳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
珍田捨巳

珍田 捨巳(ちんだ すてみ、1857年1月19日安政3年12月24日) - 1929年昭和4年)1月16日)は、日本外交官侍従長枢密顧問官外務次官キリスト教牧師メソジスト派)。

略歴[編集]

弘前藩珍田有孚の長男として弘前で生まれる。東奥義塾に学び、本多庸一の薫陶を受けて学び卒業。本多庸一校長の元で1874年東奥義塾の職員になる。1877年明治10年)勇躍渡米しアスベリー大学で4年間学び、25歳のときに帰国した。当時、アメリカ事情と語学の通暁者は貴重な存在だった。1886年メソジストの弘前教会の副牧師になった[1]

妻の兄の世話で外務省に入ったがその前、帰国翌年の1882年(明治15年)に元弘前藩家老の娘と結婚。イギリス韓国オランダ書記官領事総領事を歴任した。

1890年、在サンフランシスコ日本領事に就任。日本人排斥運動がアメリカに起こるであろうことを早くから予想し、賭博場や売春宿などの問題を指摘、日本本国に報告するなどして移民制限を促した[2]。また現地での排日の動きには抗議を行っている。1901年11月27日には外務総務長官となり、1903年12月5日から1906年6月6日までは総務長官から改称された初代の外務次官を務めている。日露戦争後の講和条約締結交渉で、外務大臣小村寿太郎ロシアとの交渉に手古摺っていたが、珍田は桂太郎の補佐をしながら小村に適切な訓令・資料を送り、交渉を支えた。その功績が認められ1907年(明治40年)9月21日男爵となった。のちに子爵に陞爵している。

1907年の日米紳士協約にも関与している。1913年のカリフォルニア州外国人土地法論議の際には、ウィルソン米大統領に法案通過阻止を陳情するなど尽力している。また、現地で日本人会を組織しコミュニティーの形成にも寄与した。その後ブラジル公使やオランダ、ロシア公使、ドイツ大使を務め、1911年からは駐米全権公使となった。1912年3月には東京市から桜の苗木が送られ、植樹式では珍田の夫人とウィリアム・タフト大統領夫人がポトマック川畔に植樹を行っている[3]。なお、これを記念して毎年全米桜祭りが行われている。

第一次世界大戦では連合国との協議に深く関与し、1920年大正9年)のパリ講和会議では全権の一人となった。9月7日にはその功で伯爵に陞爵した。この年、外務省を退官し10月22日には枢密顧問官となっている。

1921年(大正10年)の皇太子裕仁親王の欧州訪問に際しては、宮内大臣牧野伸顕が「霞ヶ関で一番の切れ者」との評価を得ていた珍田に訪欧供奉長の重責を任せる決定をした。

訪欧後はその流れで宮中に入り、東宮大夫などの立場で皇太子の指導教育に携わった。昭和天皇は幼少期から少年期に足立たかクエーカークリスチャン、後に鈴木貫太郎の後妻)、少年期から皇太子期に山本信次郎カトリック、海軍少将、訪欧供奉員、別名「軍服を着た修道士」)、そして皇太子期終盤から即位後にかけて珍田(メソジスト派牧師)というように全く切れ目なくクリスチャンによる一貫教育を受けたことになる。

訪欧から5年後の1926年(大正15年)12月25日に裕仁親王が即位したときに、珍田は皇后宮大夫として良子新皇后の世話にあったが、3か月後に侍従長に就任した。しかし、その2年後の在任中に脳出血で急逝した(在任:1927年(昭和2年)3月3日-1929年(昭和4年)1月16日)。73歳。

母校の東奥義塾でチャプレン(牧師)を務めた経歴もあり、メソジスト派の牧師という肩書きもあった。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米田勇『中田重治伝』22ページ
  2. ^ 水谷憲一 2000, pp. 108-109.
  3. ^ 日米桜寄贈100周年-外務省
  4. ^ 『官報』第7072号、「叙任及辞令」1907年01月28日。

参考文献[編集]

  • 水谷憲一『同志社アメリカ研究』第36巻、同志社大学、2000年、 105-117頁、 NAID 110000198964

関連項目[編集]

先代:
徳川達孝
侍従長
1927年 - 1929年
次代:
鈴木貫太郎