柿澤弘治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
柿澤 弘治
かきざわ こうじ
生年月日 1933年11月26日
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市日本橋区(現東京都中央区
没年月日 2009年1月27日(満75歳没)
出身校 東京大学経済学部
前職 国家公務員大蔵省
東海大学教授
山梨県知事特別顧問
柿澤総合政策研究所会長
所属政党 新自由クラブ→)
自由民主党→)
自由党→)
自由改革連合→)
自由連合→)
(自由民主党→)
無所属→)
無所属の会→)
無所属
称号 従三位
旭日大綬章
親族 長男・柿沢未途
配偶者 妻・柿澤映子

日本の旗 第121代 外務大臣
内閣 羽田内閣
任期 1994年4月28日 - 1994年6月30日

選挙区 旧東京6区→)
東京15区
当選回数 7回
任期 1980年6月23日 - 1999年3月25日
2000年6月26日 - 2003年10月10日

選挙区 東京都選挙区
当選回数 1回
任期 1977年7月11日 - 1980年6月9日
テンプレートを表示

柿澤 弘治(かきざわ こうじ、1933年11月26日 - 2009年1月27日)は、日本政治家大蔵官僚位階従三位勲章旭日大綬章

衆議院議員(7期)、参議院議員(1期)、外務大臣第121代)、自由党代表、自由連合代表を歴任した。

来歴[編集]

東京府東京市日本橋区小伝馬町(現東京都中央区日本橋小伝馬町)に生まれる。生家は江戸時代創業の葛籠屋「柿澤常次郎商店」。東京都立両国高等学校東京大学経済学部卒業。1958年大蔵省(現財務省)に入省。同期入省は大野功統(元防衛庁長官)、尾崎護(元大蔵事務次官)、角谷正彦(元国税庁長官)ら。本省勤務の他、外務省経済企画庁への出向やフランスベルギーでの海外勤務を経験し、ベルギーに赴任中には長男の未途が誕生した。帰国後の1974年より、三木内閣井出一太郎内閣官房長官の秘書官を務める。

1977年第10回参議院議員通常選挙新自由クラブ公認で東京都選挙区から出馬し、初当選した。1980年、参院議員を任期途中で辞職。第36回衆議院議員総選挙旧東京6区(定数4)から新自由クラブ公認で出馬し、当選した(当選同期に古賀誠平沼赳夫太田誠一久間章生川崎二郎森田一高村正彦らがいる)。しかし、翌年新自由クラブ・社会民主連合統一会派結成に反対し、新自由クラブを離党。1983年自由民主党に入党し、同年の第37回衆議院議員総選挙は自民党公認で当選した。なおこの総選挙で、自民党は旧東京6区に柿澤、天野公義山口シヅエの3人を擁立したが、当選したのは柿澤のみであった。自民党入党後は中曽根派に所属し、渡辺美智雄の側近であった。

1994年4月、首相細川護煕が唐突に辞意を表明。後継首相の選出にあたり、新生党代表幹事の小沢一郎が自民党の渡辺美智雄の擁立に動く。柿澤は同じく渡辺の側近である太田誠一新井将敬佐藤静雄山本拓米田建三の5人を率いて離党し、保守系無所属高市早苗が加わって政策集団「リベラルズ」を旗揚げする。さらにリベラルズを母体に自由党を結成し、党首に就任する(柿澤自由党)。しかし肝腎の渡辺は結局自民党離党を決断できず、小沢ら連立与党は羽田孜を擁立した。

柿澤自由党は羽田内閣に参加し、柿澤は外務大臣に就任する。しかし、日本社会党の連立離脱により羽田内閣は少数与党政権に転落し、自民党から提出された内閣不信任決議案の採決の直前に羽田が退陣を表明。自民・社会・新党さきがけ3党は日本社会党委員長村山富市を首班候補に擁立する方向で調整を進め、これに対し旧連立与党は自民党を離党した海部俊樹を擁立するも、海部は僅差で村山に敗れ、村山内閣が発足。同年7月、自由党や高志会が結集し、海部を代表に自由改革連合が結成される。自由改革連合は新生党、公明党民社党日本新党等の旧連立与党グループに合流し、同年12月に新進党を結党。海部が初代新進党党首に就任する。しかし柿澤、佐藤の2人は新進党には合流せず徳田虎雄率いる自由連合に入党。後に自民党に復党した[1]。自民党復党後は高校時代の同級生である島村宜伸が所属していた中曽根派に入会するが、1998年山崎派の旗揚げに参加する。

1999年東京都知事選挙に出馬するため、衆議院議員を辞職。自民党はこの選挙で元国際連合事務次長の明石康を推薦しており、党の意向に逆らって出馬を強行した柿澤に対し、幹事長森喜朗が激怒。柿澤は自民党を除名されたため、選挙中は飯島愛雨宮処凛らの応援を受けた他、妻の映子がマスコミの前に登場して悲壮感をアピールする選挙戦を展開した。公示日の直前になって唐突に出馬を表明した石原慎太郎や、民主党を離党して出馬した鳩山邦夫、明石、舛添要一ら保守系候補が乱立したため票が分散し、得票数6位で落選するが、供託金の没収は免れた。

都知事選落選後、当初は国政へは戻らない意向を表明していたが、2000年第42回衆議院議員総選挙東京15区から無所属で出馬し、自民党の木村勉、民主党の馬渡龍治自由党東祥三らを破り、当選。その後、無所属の会に入党した(無所属のままでは政党助成金や企業献金を受け取れないため)。しかし2003年第43回衆議院議員総選挙では木村、東に次ぐ3位で落選し、政界引退を表明した。柿澤が国政選挙で落選したのは、初出馬以来この時が初めてだった。

引退後は柿澤総合政策研究所を設立し会長。 更に東海大学平和戦略国際研究所教授に就任。執筆・講演活動などを行う。

2003年、現役時に休暇を過ごしていた山梨県北巨摩郡長坂町(現北杜市長坂町)に居を移し、八ヶ岳山麓の活性化を目指す民間の地域振興組織「八ヶ岳連邦共和国」及び「八ヶ岳南麓風景街道の会」を設立し、代表に就任する。2007年2月、山梨県知事横内正明により新設された知事特別顧問(非常勤)に招聘され、同年4月就任したが、体調不良を理由に2008年3月をもって辞任した。このほか、日本ソムリエ協会名誉ソムリエや日本ホスピタリティ推進協会理事長、東京都ユースホステル協会会長を務めていた。

2009年1月27日食道癌のため東京都内の病院で死去。享年75。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『霞ヶ関3丁目の大蔵官僚は、メガネをかけたドブネズミといわれる挫折感に悩む凄いエリートたちから』学陽書房
  • 『永田町一丁目の国会議員は陣ガサをかぶったタヌキといわれる“毎日が選挙戦”に苦しむあわれな選良たち』 学陽書房 1979年1月 ISBN 4-313-83013-8
  • 『永田町の熱い7日間 昭和55年暮、政界に大分裂の嵐が襲った』学陽書房 1979年9月 ISBN 9784492220412
  • 『都市国家日本の提言 農本主義政治への挑戦』東洋経済新報社 1982年5月 ISBN 9784492220412
  • 『永田町おもしろ情報決定版! 代議士選びに10倍参加したくなる本』学陽書房 1983年5月 ISBN 431383009X
  • 『東京ビッグバン 首都の再生こそが日本の危機を救う!』ダイヤモンド社 1999年2月 ISBN 4478180210
  • 『ボクの再出発 政治を変えたい!!日本を救いたい!!』扶桑社 2000年3月 ISBN 4594028659

共著[編集]

論文[編集]

  • 『21世紀における国際統合とアジア「アジアは一つ」、いまこそ』(『東アジアに「共同体」はできるか 分析と資料』 - 東海大学平和戦略国際研究所編、社会評論社 ISBN 4784513191 所収)

共訳[編集]

  • 『スマート・ビルディング インテリジェント・ビルの最新概念と事例集』 ディーン・シュワンケ編 日経マグロウヒル社 1986年8月 ISBN 4822270289

エピソード[編集]

  • 東大卒、大蔵官僚出身の経歴を持ちエリート視されがちであったが、下町の零細商店主の家に生まれ育ち、東京大空襲の際には焼け出されており、幼少期には苦労もあった。
  • 初当選以来「新保守主義」・「改革派政治家・「都市」政治家を標榜していたが、政党自民党の派閥を渡り歩き、自らも政党を結党したりした。
  • 「下町のケネディ」や自らの名前にちなんだ「早く芽を出せ柿のタネ」等のキャッチフレーズを用い、白のスーツを着用し、選挙区内を流れる江戸川でモーターボートを走らせながら演説をする等、ユニークな選挙戦術を採っていた[2]
  • 英語フランス語が堪能。大蔵官僚時代にフランスに駐在していた頃からジャック・ルネ・シラク(のちフランス大統領)に知己があり、政界入りした後は政界随一の「国際派」を自認していたが、離党や復党を繰り返したためにポストを得られず、外務大臣に任命された羽田内閣も短命に終わったため、その語学や人脈は生かせないままであった。
  • 羽田内閣で外務大臣に任命された際、認証式の後に首相官邸で行われる記念撮影で、雛壇の最前列に並ぶために無理やり割り込もうとする映像が「ブロードキャスター」で取り上げられた。
  • 国会議員時代に世界連邦運動を推進する団体である世界連邦日本国会委員会の第9代事務総長を務めていた。

家族・親族[編集]

系譜[編集]

柿澤家
                  河野通一
                   ┃    
                   ┣━━━映子
                   ┃     ┣━━━柿沢未途
        阪田八十郎 ┏誠子  柿澤弘治
          ┃     ┃
          ┣━━━╋阪田泰二
          ┃     ┃
         ┏よね   ┗阪田英一
小川駒橘━━┫    
         ┗小雪
          ┃
          ┣━━━━湯川秀樹
          ┃
        小川琢治

脚注[編集]

  1. ^ なお自由連合はこの時期、他党から自民党に入党する議員のためのワン・クッションにしばしば使われ、元民社党委員長の大内啓伍も民社党が新進党に合流する際に新進党には加わらず、自由連合を経て自民党に入党している。
  2. ^ 気ままにコラム「柿澤弘治さんを偲んで」

外部リンク[編集]

議会
先代:
相澤英之
日本の旗 衆議院外務委員長
1990年 - 1991年
次代:
牧野隆守
党職
先代:
(創設)
自由党党首
1994年
次代:
(解散)
先代:
(創設)
自由連合代表
初代:1994年
次代:
石井紘基
公職
先代:
羽田孜
日本の旗 外務大臣
第120代:1994年
次代:
河野洋平