加藤高明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
加藤 高明
かとう たかあき
Takaaki Kato suit.jpg
晩年の加藤
生年月日 1860年1月25日
(旧暦安政7年1月3日
出生地 Mitsubaaoi.svg 尾張藩
没年月日 1926年1月28日(満66歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市
出身校 東京大学法学部卒業
前職 外交官(在イギリス公使)
所属政党 立憲同志会憲政会
称号 正二位
大勲位菊花大綬章
伯爵
法学士(東京大学・1881年
親族 木内重四郎(義弟)
幣原喜重郎(義弟)
岡部長景娘婿
配偶者 加藤春路(岩崎弥太郎長女)
サイン KatoTa kao.png

内閣 加藤高明内閣
任期 1924年6月11日 - 1926年1月28日
天皇 大正天皇

日本の旗 第16・19・26・28代 外務大臣
内閣 第4次伊藤内閣 (16)
第1次西園寺内閣 (19)
第3次桂内閣 (26)
第2次大隈内閣 (29)
任期 1900年10月19日 - 1901年6月2日 (16)
任期 1906年1月7日 - 同3月3日 (19)
任期 1913年1月29日 - 同2月20日 (26)
任期 1914年4月16日 - 1915年8月10日 (29)

その他の職歴
日本の旗 貴族院議員
1915年8月10日 - 1926年1月28日)
テンプレートを表示

加藤 高明(かとう たかあき、1860年1月25日安政7年1月3日) - 1926年大正15年)1月28日)は、日本外交官政治家外務大臣(第16192628代)、貴族院議員内閣総理大臣第24代)などを歴任した。

位階正二位勲等大勲位爵位伯爵学位法学士東京大学1881年)。幼名は総吉(そうきち)。

生涯[編集]

財界への歩み[編集]

尾張藩の下級藩士である服部重文・久子夫妻の次男として生まれた。父は尾張海東郡佐屋(後の愛知県海部郡佐屋町、現在は愛知県愛西市)の代官手代だった。1872年明治5年)、祖母・加奈子の姉あい子の嫁ぎ先である加藤家に養子に入る[1]1874年(明治7年)、叔母の夫・安井譲のすすめで高明と改名[2]。旧制愛知県立第一中学校(現・愛知県立旭丘高等学校)・名古屋洋学校を経て、1881年(明治14年)7月に東京大学法学部を首席で卒業し、法学士の学位を授与された[3]。その後三菱に入社しイギリスに渡る。帰国後は、三菱本社副支配人の地位につき、1886年(明治19年)岩崎弥太郎喜勢夫妻の長女・春路と結婚[2]。このことから後に政敵から「三菱の大番頭」と皮肉られる[4]

財界から官界、政界へ[編集]

外務大臣在任中

1887年(明治20年)より官界入りし[5]外相大隈重信の秘書官兼政務課長や駐英公使を歴任。

1900年(明治33年)には第4次伊藤内閣の外相に就任し[6]日英同盟の推進などに尽力した。その後、東京日日新聞(後の毎日新聞)社長、第1次西園寺内閣の外相[脚注 1]、駐英公使、第3次桂内閣の外相を歴任する。その間、衆議院議員を1期務め、後に貴族院勅選議員に勅任された。

1913年大正2年)、桂太郎の主導による立憲同志会の結成に参画して[7]、桂の死後に総理(立憲同志会は党首を総理と呼称していた)となった[6]。翌年第2次大隈内閣の外相として、第一次世界大戦への参戦、対華21ヶ条要求などに辣腕を振るった[7]。大隈退陣後は、同志会と中正会が合同して成立した憲政会の総裁として元老政治の打破・選挙権拡張をめざす[8]。しかし、同志会結成の過程で犬養毅らと対立し、元老の西園寺公望からは対華21ヶ条要求を出した事に対して批判を加えられた。

また総選挙のたびに議席数を減らすなど平坦な道のりではなく、苦節十年と呼ばれる長期にわたる在野生活を送った[9]。唯一、高橋内閣総辞職の際に、「加藤友三郎が辞退した場合には、加藤高明を後継総理とする」決定(「加藤にあらずんば加藤」といわれた)が元老会議で出された事があったが、これを知った立憲政友会が辞退を決意していた加藤友三郎を説得して翻意させてしまったために政権獲得の好機を逸している。

組閣以降[編集]

帝都復興審議会委員澁澤栄一(左)、伊東巳代治(中央)と
和服を着用した加藤

第二次護憲運動で清浦内閣が倒れ、立憲政友会、憲政会、革新倶楽部の所謂、護憲三派が新しく組閣することになった。

1924年(大正13年)6月11日、憲政会が比較第一党となり加藤は内閣総理大臣となった。加藤は東京帝国大学出身初の首相である。選挙公約であった普通選挙法を成立させ[10]日ソ基本条約を締結しソ連と国交を樹立するなど、一定の成果をあげた。しかし一方では共産党対策から治安維持法を同時に成立させた[11]。この法規は後に言論弾圧の口実として使われ、特に戦時中に乱用されたとして治安維持法反対派からは強く批判されている。一方で治安維持法擁護派からはこの時期に労働運動が多発しており、またロシア革命の影響から普通選挙法によって共産主義が爆発的に広がる可能性もあったことから出されたもので[12]、当時の各国も同様の法規を有していたことからやむを得ぬものであったとする意見もある。また、宇垣軍縮に見られるような陸軍の軍縮を進める一方で陸軍現役将校学校配属令を公布し、中等学校以上における学校教練を創設した。

こうした保革の政治を使い分けた加藤の治世を飴と鞭と称することもある[12]

また、この内閣から以降7代、衆議院の多数政党が内閣を交互に組織する「憲政の常道」が確立され、大正デモクラシーの成果が実った内閣でもあった。この内閣には元総理の高橋是清、加藤のあと次々と総理となる若槻禮次郎濱口雄幸幣原喜重郎(臨時)、犬養毅が閣僚におり、本格的な政党政治時代のスタートに相応しい内閣であったと言えよう。

翌年、憲政会と政友会のつなぎ役であった横田千之助司法大臣が急死すると、政友会と憲政党は内紛を起こして護憲三派連立は崩れて加藤内閣は崩壊する。だが、元老の西園寺公望は自らが次の政友会内閣の首班に期待していた横田が没するとたちまちその遺志を踏みにじって護憲三派を崩壊させた政友会に失望して、個人的には好意的ではなかった加藤に政権を続投させる決断をした。これを受けて1925年(大正14年)8月2日、加藤の憲政会単独内閣となる[脚注 2][脚注 3]

しかし、その翌年の1月22日、加藤は帝国議会内で肺炎をこじらせて倒れてそのまま6日後に66歳にて没した。

加藤の没後、若槻禮次郎が内閣総理大臣臨時代理を経て組閣の大命を受けて第1次若槻内閣を組閣し、大正から昭和へと時代が代わることとなる。

名古屋市昭和区鶴舞公園内には、普通選挙法成立を記念して建てられた普選檀がある。同園内には加藤の銅像も建っていたが太平洋戦争の金属供出令により取り壊され、現在は台座のみが残っている。

家族[編集]

妻は岩崎弥太郎の長女・春路[13][14][15]。春路との間に3人の子供がいる[15]。長女・悦子は岡部長景の妻[15][16]。長男は早世[15]。次男・厚太郎は三菱合資会社・三菱銀行に勤務した後三菱系の損害保険会社・東明火災海上保険(現・日新火災海上保険[脚注 4])の取締役を務めた[15]。厚太郎の妻は元宮内省大膳頭・上野季三郎の三女[15][17]。そのため服部金太郎の長男で服部時計店の2代目社長を務めた服部玄三は厚太郎の義兄にあたり[脚注 5]、元神宮大宮司佐佐木行忠と元九州朝日放送会長の團伊能は厚太郎の義弟にあたる[脚注 6]新選組隊士佐野七五三之助は母方の伯父にあたる[15]

栄典[編集]

伝記[編集]

  • 復刻 『歴代総理大臣伝記叢書15 加藤高明』 御厨貴ゆまに書房、2006年(平成18年)
  • 復刻 『伝記・加藤高明 上下巻』 伊藤正徳編、大空社:伝記叢書、1995年(平成7年)
  • 近藤操 『日本宰相列伝10 加藤高明』 時事通信社、1986年(昭和61年)
  • 奈良岡聡智 『加藤高明と政党政治 二大政党制への道』 山川出版社、2006年(平成18年)
  • 櫻井良樹『加藤高明 主義主張を枉ぐるな』(ミネルヴァ日本評伝選)ミネルヴァ書房、2013年(平成25年)

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 鉄道国有化反対を理由にわずか2ヶ月で辞任したが、実際には日露戦争後の陸軍の撤兵の遅さに対する不満と健康問題もあったとされている。
  2. ^ 現代ではこれを内閣改造とみなすことが多いが、加藤はこのとき内閣総辞職してからあらためて二度目の組閣の大命を受けているので、この日以後を「第二次加藤内閣」とする方が合理的である。実際1980年代はじめごろまでは教科書や参考文献の多くが「護憲三派の第一次加藤高明内閣」「憲政会単独の第二次加藤高明内閣」といった書き方をしていたが、首相官邸ホームページができてその歴代内閣一覧で第二次加藤内閣が無視された結果、多くの文献がこれを踏襲することになってしまった。なおこのあと、近衛文麿は第二次近衛内閣で意見が衝突した松岡洋右外務大臣を辞めさせるため、やはりいったん内閣総辞職してからあらためて組閣の大命を受けて松岡抜きの内閣を組織しているが、この明確に内閣改造を目的とした再組閣の後の内閣を、今日の総理官邸や日本人も、「第三次近衛内閣」と呼んでおり、明らかに一貫性を欠いている。
  3. ^ 新内閣の組織は、主権者の意思によるものであり、戦前は「大命降下」、戦後は「内閣総辞職」か「総選挙による新しい国会(実質衆議院)構成」の後に行われる。戦前は時折、この内閣総辞職にあたる全閣僚の辞表を取りまとめての提出がされており、しかしその都度受理されずに却下させる事も多かった。加藤高明内閣においては、支持基盤の瓦解が理由であり、一旦はその後継の検討がなされ、大命が再降下されている事からも、別の新しい第二次内閣とした方が合理的であるが、大命再降下の後に辞表の差し戻しをしており、親任式も交替した3閣僚しか行われていない。教科書や歴史関連の専門書に第二次内閣扱いをしたものは多かったが、あくまで手続き的には内閣改造にあたると考えて問題はない。よく近衛内閣の第二次と第三次の違いと比較されるが、この際は辞表差し戻しが行われておらず、再度の首相拝命扱いとなっているので、事務的には明らかに違いが生じる。
  4. ^ 日新火災は2014年平成26年)現在東京海上ホールディングスの傘下なので東京海上日動火災保険同様三菱グループの損害保険会社である。
  5. ^ 玄三の妻・英子は上野の次女である[17]
  6. ^ 佐佐木の妻・米子は上野の四女であり、團の妻・美智子は上野の五女である[17]

出典[編集]

  1. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 24頁、26頁。
  2. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 24頁。
  3. ^ アジア歴史資料センターレファレンスコードA07062200000
  4. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 15頁。
  5. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 5頁、24-25頁。
  6. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 5頁、25頁。
  7. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 25頁。
  8. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 5頁、26頁。
  9. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 26頁。
  10. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 27頁。
  11. ^ 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 32-33頁。
  12. ^ a b 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 32頁。
  13. ^ 佐藤 『門閥』 262-263頁、270頁。
  14. ^ 神 『閨閥』 400頁。
  15. ^ a b c d e f g 『池上彰と学ぶ日本の総理 22』 26頁。
  16. ^ 佐藤 『門閥』 262-265頁、276頁。
  17. ^ a b c 佐藤 『門閥』 449-451頁。
  18. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
清浦奎吾
日本の旗 内閣総理大臣
第24代:1924年6月11日 - 1926年1月28日
次代:
若槻禮次郎
先代:
青木周蔵
小村壽太郎
桂太郎
牧野伸顕
日本の旗 外務大臣
第16代:1900年10月19日 - 1901年6月2日
第19代:1906年1月7日 - 同3月3日
第26代:1913年1月29日 - 同2月20日
第28代:1914年4月16日 - 1915年8月10日
次代:
曾禰荒助
西園寺公望
牧野伸顕
大隈重信
党職
先代:
結成
憲政会総裁
初代 : 1916年 - 1926年
次代:
若槻禮次郎
先代:
結成
立憲同志会総理
初代 : 1913年 - 1916年
次代:
憲政会
23
清浦奎吾
24
1924年6月11日 - 1926年1月28日
25
若槻禮次郎

伊藤博文
黑田清隆
山縣有朋
松方正義
大隈重信
桂太郎
西園寺公望
山本權兵衛

寺内正毅
原敬
高橋是清
加藤友三郎
清浦奎吾
加藤高明
若槻禮次郎
田中義一

濱口雄幸
犬養毅
齋藤實
岡田啓介
廣田弘毅
林銑十郎
近衞文麿
平沼騏一郎

阿部信行
米内光政
東條英機
小磯國昭
鈴木貫太郎
東久邇宮稔彦王
幣原喜重郎
吉田茂

片山哲
芦田均
鳩山一郎
石橋湛山
岸信介
池田勇人
佐藤榮作
田中角榮

三木武夫
福田赳夫
大平正芳
鈴木善幸
中曽根康弘
竹下登
宇野宗佑
海部俊樹

宮澤喜一
細川護熙
羽田孜
村山富市
橋本龍太郎
小渕恵三
森喜朗
小泉純一郎

安倍晋三
福田康夫
麻生太郎
鳩山由紀夫
菅直人
野田佳彦

Emblem of the Prime Minister of Japan.svg