三宅久之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みやけ ひさゆき
三宅 久之
生誕 1930年1月10日
日本の旗 日本 東京府豊多摩郡杉並町
死没 2012年11月15日(満82歳没)
日本の旗 日本 東京都
出身校 早稲田大学第一文学部
職業 政治評論家
配偶者
子供 息子3人

三宅 久之(みやけ ひさゆき、1930年昭和5年)1月10日 - 2012年平成24年)11月15日)は、日本政治評論家コメンテーター。元毎日新聞記者。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1930年(昭和5年)、現在の東京都杉並区阿佐谷南一丁目、杉並区役所のすぐ隣の家で生まれた[1]。父は日立製作所技術者[1]。6歳のときに父が北九州工場に総務課長として赴任して戸畑市(現北九州市戸畑区)に引っ越して社宅暮らしになった[1]

学生時代[編集]

太平洋戦争が始まった翌年東京府立十九中(現:都立国立高校)に入学[1]ゲートル巻いて国民服のような制服を着て通った[1]。三年生から昭島に通い、九七式艦上攻撃機などの海軍の飛行機をつくる会社で組み立て作業をした[1]。 

1949年(昭和24年)に早稲田大学第一文学部独文科に入学[2]。大学では演劇に没頭する。

記者時代[編集]

大学卒業後の1953年(昭和28年)に毎日新聞社に入社した。政治部記者から始まり、吉田茂番記者などを経て、政治部副部長、静岡支局長、特別報道部長を歴任する。1976年(昭和51年)に毎日新聞社を退社した後、フリーランス政治評論家となる。

政治評論家、コメンテーターとして[編集]

1978年(昭和53年)10月から~1985年(昭和60年)3月まで、テレビ朝日『ANNニュースレーダー』の木曜日から土曜日まで(当初は金曜日と土曜日)のキャスターを務める。その後、同局の『やじうまワイド』や『新・アフタヌーンショー』などにコメンテーターとして出演するようになった。

昭和から平成になってからはテレビ朝日ビートたけしのTVタックル』に出演するようになり、三宅の知名度が向上した。2000年代からは読売テレビたかじんのそこまで言って委員会』などの討論系バラエティ番組にレギュラー出演していた。

引退[編集]

2012年(平成24年)3月末日で、講演活動、テレビ出演、週刊誌や雑誌の取材や執筆などの全ての評論家活動から引退することを表明した。『たかじんのそこまで言って委員会』については、やしきたかじんが復帰するまでという条件で延期する形式で引き続き出演していたが、同年6月から休養に入り、代わりに自身が開設したアメーバブログの『三宅久之の小言幸兵衛』で評論する事として、続いて三宅個人の公式Facebook(フェイスブック)も開設した。番組のレギュラーについては津川雅彦を後継者に指名した。糖尿病の影響で自分は決して長寿にならないと公言し、80歳過ぎから心肺機能が低下して車椅子と携帯酸素の使用が増えていた[3]平成24年の2012年自由民主党総裁選挙では安倍晋三を支持する応援団となった[4]。その際に、三宅はすぎやまこういち金美齢らとともに、安倍の事務所を訪れ、「内外の脅威にさらされるわが国の国家的危機を乗り越えるには安倍総理の再登板しかない」との声明文を手渡している[4]。最後に面会した友人はベナン共和国の駐日大使ゾマホン・ルフィン(2代目そのまんま東)であった。[5]

死去[編集]

同年11月15日朝、東京都内の自宅で倒れ病院に搬送されたが同日午前8時46分に死去。82歳没[6]。死去の5日前には、病院を退院し、快方に向かっていることを伺わせていた上[7]、死去した後も三宅自身のブログ「小言幸兵衛」のトップページには「三宅の入院で、多くの方々からお見舞いと激励のコメントをいただき、ありがとうございました。おかげさまで退院し自宅で療養中です。ブログとフェイスブックは間もなく再開いたしますので、もうしばらくお待ち下さい。」とある等、三宅の死はあまりにも急であったために、関係者を中心にかなりの動揺が走った[7][6][8]。また、自身が最高顧問を務めていた『たかじんのそこまで言って委員会』のホームページなどでも、追悼のコメントが出されている[9]。同年12月にインターコンチネンタルホテル東京で「三宅久之お別れの会」が開かれた。 2012年(平成24年)12月(正式には2013年(平成25年)1月)から三宅の三男(昭和39年生まれ)がブログの「愛妻・納税・墓参り 家族から見た三宅久之回想録」を開設した。[10]

人物[編集]

座右の銘は「愛妻・納税参り」。愛妻家であり、夫婦旅行のため番組を休むこともあった。平成期に渡部昇一などと1930年(昭和5年生まれ)の昭和で最初の午年生まれの著名人の同級生会の昭和初午会を組織した。[11][12]昭和一桁世代の三宅より1つ世代が上の大正世代の戦死した若い日本兵を尊敬している事から靖国神社によく参拝していた。2006年(平成18年)には金婚式を迎えた。また重度の糖尿病を患い、毎日インスリンを投与する生活を続けていた。[1]

読売新聞社会長の渡邉恒雄とは新聞記者時代からの友人。その縁からか渡邉の代弁者として各種メディアに登場することがある。『やじうまワイド』では巨人の話題になると渡邊からの手紙(通称「ナベツネ通信」)を読むことが恒例だった(その後は、不定期に「たかじんのそこまで言って委員会」でプロ野球絡みの話題が出た際に披露されることがあった)。中曽根康弘元総理をはじめ、政界関係者と深いパイプを数多く持つことで知られているため、彼独自で得た情報も多く、番組中などにほかの評論家などからも質問されることが多かった。

何度か選挙出馬を持ちかけられたこともあったが、総て辞退している。出馬辞退については、晩年「私は政治家にむいてないと思っていた。電信柱にまで頭を下げるなど大衆迎合的になることには我慢ならない性質なので」と語っている。大臣の秘書官になることを誘われた時も、「子分になると、あなたに直言できなくなる」という理由から断っている[13]

威厳ある天皇像を望み、天皇が被災地で膝行したり、天皇が手を出す前に握手を求める者に天皇が応じることに否定的であり、そんな手は撥ね退けるべきと主張している[14]。また、女性宮家の是非については、『たかじんのそこまで言って委員会のそこまで熱くなって委員会』[15][16] や自身のFacebook等で一応賛成だが、女系天皇を認めることに対しては疑問を呈し、「伝統を失えば天皇制ではなくなり、男系を維持するべき」と云う考えを主張している[17]

ほかの政治評論家と同様、100万円の内閣官房報償費(官房機密費)の提供を受けていた(らしい)ことが写真週刊誌フォーカス(現在は休刊)の2000年(平成12年)5月31日号「極秘メモ流出!内閣官房機密費をもらった政治評論家の名前」で紹介されている。ただし本人は、まったくの誤報だと主張して、早稲田大学の学生時代からの知り合いの藤波孝生衆議院議員官房長官だったときに、「講演を2つ頼まれているが、官房長官は東京を離れるわけにはいかないので、代わりに肩代わりしてくれないか」と代役を頼まれ講演に行ったら、後日、藤波官房長官の事務所から議員秘書が講演料を届けにきて、代役で受けた講演の対価として講演料を受領しただけの話で、官房機密費とは知らなかったと否定している(「たかじんのそこまで言って委員会」2010年5月16日放送より)。この説明に対して、同番組にも出演していたジャーナリストの上杉隆週刊ポスト誌上で行った取材に対して「(代理講演を)引き受けることにしたら秘書が100万円を持ってきた。藤波のポケットマネーだと思って受け取りました。領収証も書いていない」と答えた三宅の発言を紹介して、内閣官房からの領収書のないカネは機密費の可能性が極めて高くて、さらには税務申告を怠って所得税法違反の可能性すらあるという指摘をしている[18]

大学の先輩で政治評論家としても先輩の細川隆一郎には常に敬意を表していた。総理大臣秘書官出身の伊藤昌哉早坂茂三とも親しかった。 たちあがれ日本には応援メッセージを出して支持している[19]

2010年(平成22年)の沖縄県知事選挙について、候補者の中で幸福実現党が一番現実的だったいう趣旨の発言をおこなった[20]。三宅は幸福実現党について、「よくは知らないんだけど見聞きする限りでは断片的にはいいんだな。いいことを言っていると思います」と述べている[20]

小川榮太郎の『約束の日:安倍晋三試論』において三宅が朝日新聞主筆の若宮啓文との対談で、安倍政権を倒すのが朝日新聞の社是だとする発言が紹介され、首相の安倍は2014年10月30日の衆院予算委員会において、同様の発言をしたが、朝日新聞は翌31日の朝刊において「朝日新聞社に『安倍政権を倒す』という社是はなく、主筆が話したこともありません」とする記事を掲載した。

家族・親族[編集]

三宅家[編集]

岡山県倉敷市東京都杉並区阿佐谷南高井戸吉祥寺渋谷区神山町目黒区駒場田園調布、祐天寺)

三宅の著書に「三宅久之の書けなかった特ダネ 昭和~平成政治、25の真実」 (青春新書、2010年11月)がある。著書に書いた政治家についての自身の回顧によると、河野一郎から衆議院選挙で自由民主党からの出馬を打診されて、岡山県倉敷市出身であると答えたら、「岡山2区ならどうだ」と言われてマスコミから政治家転身を薦められたエピソードと、男4人兄弟の末っ子で3人の兄は国立大学の東京大学一橋大学を卒業して、堅い職業に付き、自分だけが私立大学の文学部を卒業してマスコミ関係者になったと記述している。

戦争がだんだん激しくなって1945年(昭和20年)には強制疎開となり、阿佐谷の家は防火を理由に壊された[1]。それで同じ杉並区内の高井戸に引っ越した[2]。母の妹が宮城県に疎開して空いている家にそのまま住んだ[2]。当時の高井戸は田んぼとばかりの田舎だった[2]。終戦後叔母が戻ったため、三宅家は吉祥寺の一軒家へと移った[2]。大学を出る年には吉祥寺から渋谷区神山町の家に引っ越した[2]麻生太郎(元首相)とも隣組のいわゆる高級住宅地だった[2]。元は鍋島家執事の家で土地二百五十坪に家が八十坪、戦前からのうんと古い家だった[2]毎日新聞に入ってからもしばらくはこの家で両親と同居していた[2]神山町の家を出た三宅は目黒区駒場に新居を構えた[21]。敷地面積四十の中古住宅だった[21]。しかしここはすぐに出て、妻が田園調布に安い出物を見つけてきて1964年(昭和39年)に引っ越した[21]。家の裏に環状八号線が通っていた[21]

実家
1893年明治26年)8月[22] 1989年平成元年)- 没。享年95。互光商事(株)社長[22]
千久三の長男[22]1917年大正6年)早大機械科卒業[22]汽車製造東京支店戸畑鋳物国産工業各勤務[22]日立製作所深川戸畑各工場長本社鉄鋼部長を歴任[22]1949年(昭和24年)互光商事を設立社長に就任す[22]趣味ゴルフ[22]宗教真言宗[22]岡山県倉敷市在籍[22]
三宅によれば「典型的な『明治の男』でもタバコもやらず囲碁将棋麻雀もしない。子ども心にお袋はよくこんな面白くない男と結婚したなあと思ってました」という[1]
同妻(東大名誉教授舞出長五郎五女[22]) - 舞出長五郎義父は実業家の滝沢吉三郎(瀧澤地業(名)代表社員[24])。
自家
大学時代演劇を通じて知り合い、記者時代取材先で偶然に再会、交際を重ねて1956年(昭和31年)に結婚した[21]
  • 息子3人(長男は昭和32年生まれ・次男は昭和34年生まれ・三男は昭和39年生まれ)

略系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
三宅隆一
 
 
 
 
 
 
舞出長五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三宅久之
 
 
 
三宅皓士
 
 
 
 
 
 
 
 

出演番組[編集]

著書[編集]

  • 『宰相を争う男たち』(時事通信社、1982年)
  • 『ドキュメント竹下政権の崩壊 ― 誤算から瓦解への100日』(編著:テレビ朝日、1989年7月)
  • 『三宅久之のやじうま政治学・政治ジャーナリスト四十余年の臨床診断』(ぴいぷる社、1995年6月)
  • 『闘争 ― 渡辺恒雄の経営術』(共著:ぺんぎん書房、2005年4月)
  • 『日本の問題点をずばり読み解く ― この国をダメにするもの良くするもの』(青春出版社、2005年8月)
  • 『14歳からの日本の選挙。 ― 1票が国を動かす選挙の仕組みと政権交代。 45分でわかる!』(マガジンハウス、2009年5月)
  • 『政権力 ― 一国のリーダーたる器とは』 (青春新書・青春出版社、2009年7月)
  • 『ニュースが伝えない政治と官僚』 (青春新書、2009年11月)
  • 『三宅久之の書けなかった特ダネ ― 昭和~平成政治、25の真実』 (青春新書、2010年11月)

出典[編集]

  • 『三宅久之の書けなかった特ダネ 昭和~平成政治、25の真実』(三宅家の項目⇒青春新書、2010年11月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 『新 家の履歴書』(『週刊文春』 2012・7・12、106頁)
  2. ^ a b c d e f g h i 『新 家の履歴書』(『週刊文春』 2012・7・12、107頁)
  3. ^ ameblo.jp/hisayuki-miyake/entry-11372974540.htmlfrm src=thumb moduleアメーバブログの『三宅久之の小言幸兵衛』平成24年10月7日
  4. ^ a b 「安倍総理」求め28人が緊急声明 評論家の三宅久之氏ら山口新聞電子版2012年9月6日(2012年11月23日閲覧))
  5. ^ アメーバブログの『三宅久之の小言幸兵衛』平成24年10月24日と平成24年12月6日のゾマホン大使の弔問
  6. ^ a b 政治評論家の三宅久之さん死去 - 朝日新聞デジタル 2012年11月15日16:15更新・同16:50閲覧
  7. ^ a b 政治評論家の三宅久之氏死去デイリースポーツ2012年11月15日配信、配信日に閲覧)
  8. ^ 三宅久之の小言幸兵衛トップページ2011年11月15日19:08閲覧
  9. ^ 2012年11月18日時点での読売テレビホームページ内たかじんのそこまで言って委員会トップ(2012年11月18日閲覧)
  10. ^ http://ameblo.jp/aisainouzeihakamairi/
  11. ^ ci.nii.ac.jp/naid/40004477898
  12. ^ 「昭和初午会」顛末記 よき友を持つことは幸いなるかな--政治評論家 三宅久之 本誌編集主幹 木場康治
  13. ^ 「30代の軌跡 三宅久之」小山唯史 光文社『DIAS』(2002年2月7日号)
  14. ^ 『たかじんのそこまで言って委員会 超・天皇論』(DVD)Disc1「天皇・皇后両陛下 即位20年にあたって…」
  15. ^ 2011年(平成23年)12月5日放送の『 たかじんのそこまで言って委員会のそこまで熱くなって委員会』「たかじんのそこまで言って委員会」2011年12月5日放送分要旨goo2012年12月7日)
  16. ^ たかじんのそこまで言って委員会(読売テレビ)2012年2月25日放送分(関西地区)での所功との討論での発言より「たかじんのそこまで言って委員会」こんなに危なくて委員会 国民の心配を考えようSP2012年2月26日放送分要旨goo2012年12月7日閲覧)
  17. ^ 『たかじんのそこまで言って委員会 超・天皇論』(DVD)Disc1「女性・女系容認論に賛成?反対?」
  18. ^ ダイヤモンドオンライン「週刊上杉隆」第126回 2010年5月20日「メディアを揺るがす“大贈収賄事件”官房機密費を懐に入れたマスコミ人たちの常識」
  19. ^ たちあがれ日本
  20. ^ a b 幸福実現News第15号 【沖縄県知事選】政治評論家 三宅久之氏 インタビュー 「幸福実現党の主張は一番現実的だった」”. 幸福実現党 (2010年12月7日). 2011年8月12日閲覧。
  21. ^ a b c d e 『新 家の履歴書』(『週刊文春』 2012・7・12、108頁)
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m 第二十一版 人事興信録(下)』(昭和36年)み・三五頁
  23. ^ 「三宅久之の書けなかった特ダネ 昭和~平成政治、25の真実」 (青春新書、2010年11月)213ページ~214ページ
  24. ^ 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)下タ二三三

外部リンク[編集]