西春彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西 春彦(にし はるひこ、1893年4月29日 - 1986年9月20日)は、大正昭和期の外交官太平洋戦争開戦時の外務次官である。

来歴・人物[編集]

鹿児島県加世田(のち南さつま市)出身。遠縁の親戚には滝廉太郎がいるという。また、赤瀬川原平の父は従兄弟にあたる。

旧制鹿児島県立川辺中学校旧制一高を経て東京帝国大学独法科(のち東京大学法学部)卒業後、1918年外務省に入る。ニューヨーク領事官補時代に同じくアメリカに駐在していた鹿児島県出身の外交官・東郷茂徳と出会い敬意を持つようになる。東郷が欧亜局長に就くと、その部下となるが東郷が交通事故で入院している間に重光葵の推薦で青島総領事就任が決まってしまう(以後東郷と重光の関係が、微妙なものになったとされる)。当時の青島においては日本の領事裁判権が認められていたが、それを悪用する日本人も少なくはなかった。西はこうした日本人に対しては厳しい態度で臨んだために、地元の中国人からは評判が良かったといわれている。その後、駐ソ連公使に転任する(駐ソ公使時代、家庭教師として西の子供に絵を教えていたのが赤松俊子(のちの丸木俊)である)。

1941年東條内閣外務大臣となった東郷は西を日本に呼び戻して外務次官に任じた。同郷である西を次官に据える事には外務省内でも「側近人事」との批判が強かったが、東郷は日米交渉という大事を前に信頼の置ける人物を必要としたのである。だが、「ハル・ノート」の提出をきっかけに日米は開戦し、東郷も翌年の大東亜省設置問題で辞任をしたために西も共に辞表を提出した。

戦後公職追放となる中で、極東国際軍事裁判の被告人となった東郷の弁護人を務める。その後、1953年に駐オーストラリア大使1955年には駐イギリス大使を務めて太平洋戦争で悪化した対日感情の緩和に努めた。ロンドンで開かれた日ソ国交回復交渉の下準備をしたのは西だと言われている。1958年に退官した後は、夫人の実家であるホテルニューグランドに入り、後に同社会長となる。

だが、1960年日米安全保障条約の改訂が問題となると、西は事前協議制や極東条項の問題を取り上げて改訂案は日本の安全保障に寄与せず、却ってソ連や中国の軍拡の口実を与えるだけであるとして反対論を唱えた。これによって安保条約改正反対派は勢いづく事になるが、西はあくまでも改訂案に問題ありとして反対論を唱えただけであって、安保改定による日米関係改善を否定していたわけではなかった。だが、結果的に安保闘争の激化によってアイゼンハワー大統領の訪日が中止になった事には忸怩たる思いをしたと言われている。

晩年まで核兵器廃絶運動に尽力する一方で、鈴木東民読売争議の指導者で当時釜石市市長)らと、東郷の著作と伝記編纂(後に萩原延壽による伝記の執筆と、遺著「時代の一面」の刊行に至った、原書房)に奔走した。また日英協会理事長も務めた[1]

亡くなる2年前の1984年には大河ドラマ山河燃ゆ』の登場人物として描かれた(演者は加藤和夫、ちなみに同作は大河作品では唯一放送当時存命の人物が登場している)。

栄典[編集]

  • 勲二等旭日重光章(1965年)[1]

著書[編集]

  • 『わたしの外交白書』文芸春秋新社 1963
  • 『回想の日本外交』岩波新書 1965

脚注[編集]

  1. ^ a b 弘道 昭和40年6月号 9頁 日本弘道会