岸井成格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
岸井 成格
出生 1944年8月22日(70歳)
日本の旗 日本 東京都
出身校 慶應義塾大学法学部
職業 新聞記者

岸井 成格(きしい しげただ、1944年8月22日 - )は、日本新聞記者で、毎日新聞特別編集委員[1]21世紀臨調運営委員。早稲田大学政治経済学部客員教授日本ニュース時事能力検定協会理事長。

来歴・人物[編集]

東京都出身。父は元衆議院議員の岸井寿郎

慶應義塾普通部から慶應義塾高等学校を経て1967年慶應義塾大学法学部法律学科を卒業。卒論ではトロツキーについて論じる。同年、毎日新聞社記者として入社。熊本支局を経て、政治部に勤務。ワシントン特派員、政治部副部長、論説委員、社長室委員、政治部長を歴任。その後、編集局次長、論説委員長、特別編集委員などを経て、2010年6月から主筆、2013年4月1日付で再び特別編集委員に就任[1]

主にTBS系列の番組に政治問題の解説者として登場している。著書に『大転換~瓦解へのシナリオ』(毎日新聞社)、『永田町の通信簿』などがある。

エピソード[編集]

  • 『サンデーモーニング』では、「週刊御意見番」やメインニュースのコーナー、『みのもんたの朝ズバッ!』の「朝ズバッ!大相撲」では、司会者から相撲についてコメントを求められることが多い。
  • 佐高信とは大学時代、峯村光郎ゼミの同期で親しく、共著もある。しかし佐高が「政治家モラルを求めるのはゴキブリにモラルを求めるに等しい」と発言すると、あわてて席を離したという。佐高は、政治記者として自分が同類と見られたらまずいと思ったからではないか、と推測している。
  • 北朝鮮による日本人拉致問題については、一時帰国した拉致被害者5人を、当初の約束通り、一旦北朝鮮に戻すべきとの持論を、『サンデーモーニング』および毎日新聞で繰り返し主張した[2]
  • 憲法改正論議では「改憲」の立場をとる。
  • 2007年11月18日放送の『サンデーモーニング』から、レギュラー出演していた番組を体調不良のため欠席。12月2日の『サンデーモーニング』冒頭で紹介された書簡で大腸癌を告白、手術を受けたことを明らかにした。2008年2月24日から『サンデーモーニング』に復帰。3月5日には『朝ズバッ!』に復帰した(ただし、同日は7時台の「朝刊!キョーミ新新」コーナーから出演)。同年4月以降は体調を考慮してか、早朝の出演となる『朝ズバッ!』は降板し、療養中に代役を務めていた後輩の与良正男に禅譲した模様(その後もゲストとしては何度か出演している)。
  • 2009年5月27日リーガロイヤルホテル小倉で開かれた第6回毎日・北九州フォーラムで「日本は北朝鮮と戦後処理をしていない。国交正常化して平和条約を結ぶと、(賠償金として)経済協力の形で、韓国に出しただけは払わなければならない。現在の額では1兆円」と日韓基本条約に反する見解を示し、毎日jpに掲載された[3]

家族・親族[編集]

岸井家[編集]

香川県観音寺市東京都
明治24年(1891年)生 - 昭和46年(1971年)没

出演番組[編集]

テレビ[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「毎日新聞社人事」(日本経済新聞人事欄、2013年2月18日)
  2. ^ “岸井成格のTVメール 強硬だけの外交は危険”. 毎日新聞. (2002年12月3日) 
  3. ^ “毎日・北九州フォーラム:岸井成格・毎日新聞特別編集委員が講演 /福岡”. 毎日新聞. (2009年5月28日) 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]