イブニング・ファイブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イブニング・ファイブ
EVENING 5
ジャンル 報道番組 / 情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
プロデューサー 藤原康延 / 神田和則(CP)
出演者 三雲孝江
ラサール石井
池田裕行
小倉弘子
藤森祥平
森田正光気象予報士
ほか(出演者参照)
音声 モノラル放送[1]
字幕 リアルタイム字幕放送[2]
外部リンク 公式サイト
開始から2008年3月28日まで
放送時間 平日16:54 - 18:55(121分)
放送期間 2005年3月28日 - 2008年3月28日
オープニング 城之内ミサ「evening」
2008年3月31日から終了まで
放送時間 平日16:52 - 18:55(123分)
放送期間 2008年3月31日 - 2009年3月27日
オープニング 葉加瀬太郎
「Something In The Wind」

特記事項:
一部地域では、放送時間が異なる。
夕方JNNニュースにあたる『JNNイブニング・ニュース』を内包。
放送回数:全1028回
テンプレートを表示

イブニング・ファイブ』(英称:EVENING 5)は、2005年3月28日から2009年3月27日まで、TBSJNN系列)で平日祝日を含む)に生放送された夕方ニュースワイドショー情報番組であり、デジタルハイビジョン番組でもある(地上デジタル放送のみ)。

番組内には、夕方のJNNニュースにあたる、15年間放送された『JNNニュースの森』に替わる『JNNイブニング・ニュース』を1コーナーとして内包した【17:50 - 18:16、JST。以下、すべてJSTで表記】。

概要[編集]

TBS平日ワイド大改編・夕の変”として、在京キー局としては最後発の17時台進出となった(タイトル名の由来も「夕方5時台」や、「夕方に5人のキャスター(当時)」から)。

総合司会には笛吹雅子日本テレビ系列『NNNニュースプラス1』→『NNN Newsリアルタイム』メインキャスター。当時日本テレビアナウンサー。現在夕方枠から降板)や安藤優子フジテレビ系列『FNNスーパーニュース』メインキャスター)、小宮悦子テレビ朝日系列『スーパーJチャンネル』メインキャスター。当時)など裏番組の人気女性キャスターに対抗すべく、今回の大改編によって終了した『ジャスト』より本枠2度目の登板となる三雲孝江と『ウォッチ!』よりコント赤信号ラサール石井が起用された。これにより平日夕方の全国ニュースは、NHKテレビ東京を除いた民放4局は、女性が総合司会を務めることとなった。

2006年秋改編で、次のようにキャスターが入れ替わった。9月1日には池田裕行斎藤道雄が降板、代わりに9月4日に解説として杉尾秀哉が、『ニュースの森』以来2年ぶり3度目の夕方のニュース登板となった。同時に、スポーツニュース担当の藤森祥平が、池田の後任でニュースの担当となった(スポーツニュースも引き続き担当)。元スポーツ選手の女性キャスターは廃止された。

2007年7月18日2008年5月7日には、『水トク!』枠でスペシャル版が放送された(詳細は後述)。

同年8月27から31日は世界陸上大阪大会中継やハイライト番組編成の影響で番組は休止し、『JNNイブニング・ニュース』として17:30 - 18:30に放送時間は縮小された。

同年11月19から23日および2008年1月28日から2月1日は関東ローカルのみ、24分繰り上げ・拡大の16:30から放送(2008年1月28日 - 2月1日については『2時っチャオ!』が16:25まで拡大されるため、14:00から5時間弱の間生放送が連続する)。

同年6月ごろから、山内あゆが出演していないため、代理として昼ニュース担当の長岡が担当していたが、7月から山内が復帰している。

2008年春改編[編集]

2008年春改編により、同年3月31日からは、開始時間を2分繰り上げの16:52に拡大。これにより在京キー局の夕方ニュースワイドショーでは一番早い開始となり、番組テーマソングやロゴがリニューアルし、さらにはこれまで『JNNイブニング・ニュース』のみ実施されていたリアルタイム字幕放送をこの時間から拡大された。そのためオープニングテーマ後に「字幕」・「HV ハイビジョン制作」のテロップが表記されるようになる(他のTBS制作の収録番組と同じく、地上波マスターから提供クレジットテロップの一部として表示。2008年3月までは『イブニング・ニュース』開始からの表記となっていた。なお、本番組開始時にも再度表示している)。在京民放キー局17時台の枠でリアルタイム字幕放送を実施しているのは『Newsリアルタイム』に次いで2番目の実施。ただし、一部系列局では『JNNイブニング・ニュース』のパートのみでリアルタイム字幕放送を行うことがある。この場合、イブニング・ファイブ開始時の「字幕」テロップは四角枠に書かれたローカル番組タイトルロゴなどで被せている。

放送終了[編集]

2009年春改編で、ゴールデン枠に大型報道番組を編成することになった。そのため、本番組は2009年3月末(同年3月27日)で終了し、4年間の歴史にピリオドを打った。放送回数は全1028回にのぼった。

後番組のタイトルは『総力報道!THE NEWS』で、毎週月曜日から金曜日の17時50分から19時50分にかけての放送となった。

なお、17時台は16時53分よりTBSおよび一部系列局ネットの生活情報番組サカスさん』を立ち上げ、それ以外は系列局毎の情報番組ないしドラマの再放送等の編成になった。同番組の冒頭には、他局のニュース番組のスタート時間に対抗する形で「先出し!THE NEWS」が編成され、事実上『イブニング・ファイブ』の冒頭部分が独立する形となった(2009年7月20日からは『サカスさん』の14時台への移動により、独立したスポットニュース枠の『THE NEWS』となる)。

2009年9月28日からは、本番組を踏襲した報道・情報番組『イブニングワイド』がスタート。さらに2010年4月からは、『総力報道!THE NEWS』の視聴率不振による終了で、『イブニングワイド』をリニューアルした『Nスタ』がスタート。夕方の帯ニュースの時刻はほぼ1年前の状態へ復帰することになった。

出演者[編集]

キャスター・コメンテーター変遷[編集]

「イブニング・ファイブ」歴代キャスター・コメンテーター一覧
期間 総合司会 ニュースキャスター お天気 コメンテーター
男性 女性 月 - 水 木・金
2005.3.28 2006.3.31 三雲孝江
ラサール石井1
池田裕行2 小倉弘子2 森田正光1・2 後藤謙次 斎藤道雄
2006.4.3 2006.5.9 三雲孝江
2006.5.10 2006.9.1 (不在)
2006.9.4 2008.2.1 藤森祥平3・4 杉尾秀哉
2008.2.4 2008.7.25 山内あゆ5
2008.7.28 2009.3.27 小倉弘子
  • 1 全国ニュース枠『JNNイブニング・ニュース』には出演しない。
  • 2 『JNNニュースの森』から続投。
  • 3 登板初日は取材のみ出演。
  • 4 スポーツコーナーを兼務。『総力報道!THE NEWS』から『イブニングワイド』、『Nスタ』も続投。
  • 5 小倉の産休による代役。
  • 森田・山内は『イブニングワイド』も再登板。

サブキャスター(コーナー担当)[編集]

  • 山内あゆ(TBSアナウンサー)お天気、芸能コーナー、開始当初~2008年2月1日、2月4日からニュースキャスターに昇格した。主に火曜日~金曜日、豊田産休後は、月曜日~金曜日の担当
  • 藤森祥平(TBSアナウンサー)スポーツ、新聞コーナー、開始当初~放送終了まで、新聞は2005年5月まで、2006年9月からはニュースキャスター、スポーツと兼務
  • 豊田綾乃(TBSアナウンサー)お天気、芸能コーナー担当、開始当初~産休に入るまで担当、主に月曜日

ニュースレポーター[編集]

  • 2005年3月28日 - 2009年3月27日:岩井健浩(TBSアナウンサー)
  • 2008年10月6日 - 2009年3月27日:伊藤隆太(TBSアナウンサー)
  • このほか、TBSニュースバードのキャスターが関東ローカルパート(主に特集)のリポーターを務めることもある。

スポーツキャスター[編集]

ナレーター[編集]

☆は『JNNイブニング・ニュース』パートの出演はなし。

  • 伊藤隆太(TBSアナウンサー)
2005年3月28日 - 2006年9月29日 全曜日担当。
2006年10月2日 - 2008年3月28日 月・木・金曜日を担当。
2008年3月31日 - 2008年10月3日 月・金曜日を担当。
2008年10月6日以降は、自身の取材リポートや、一部ニュースのみ。
2008年4月1日より火〜木曜日を担当。それまでは伊藤や向井が担当できない時に代行を務めてきた。
2006年10月3日 - 2008年3月26日 火・水曜日を担当。
2008年10月10日 - 金曜日を担当。
2008年10月6日 - 2009年3月23日月曜日を担当。

その他の出演者[編集]

出演者に関する補足[編集]

  • 所属としてTBSと表記しているものは、正確には株式会社TBSテレビの所属。
  • ニュースキャスターは、公式サイトや番組表では池田の方が先に名前が載っていたが、藤森の就任以降は小倉の方が先に名前が載るようになった。
  • 天気予報を担当した森田が全国ニュースのパートに出演する機会は、大雪日本列島台風が接近・上陸したとき、およびハリケーンなど海外の気象災害のニュースに関して解説する場合、季節もの(紅葉など)の中継等のみ。
  • コメンテーターの杉尾が欠席した場合は岩城浩幸が代役で出演した。
  • 平日のフィールドキャスターを務める岩井は、『イブニング・ファイブ』では地方ニュースでも現地に赴いて取材リポートするが、『JNNイブニング・ニュース』では地方ニュースについて系列局編集配信した映像が使われるため、関東地区で起こったニュースで登場することとなる。
  • 2009年3月13日のストライキ時は、管理職の柴田秀一長峰由紀が小倉、藤森の代役を務めた。

スタッフ[編集]

  • デスク:紙谷弘一
  • ディレクター:延廣耕次郎、佐藤朋子
  • チーフプロデューサー:神田和則
  • プロデューサー:藤原康延
  • 製作著作:TBS

テーマ曲[編集]

この番組と内包している『JNNイブニング・ニュース』のテーマ曲としてオープニングに流れる。

  • evening』作曲:城之内ミサ(開始当初 - 2008年3月28日)
この曲を収録したアルバムが2005年6月22日に発売された。
  • Something In The Wind』作曲:葉加瀬太郎(2008年3月31日 - 2009年3月27日)
この曲を収録したアルバムが2008年9月10日に発売された。

タイムテーブル[編集]

時刻 放送内容 備考
16:43頃 予告 出演者の一人が登場、再放送枠(水戸黄門)の最後のCM明けに放送。※TBSのみ
ローカルパート1
16:52.00 ニュース 2008年6月20日までは16:52.15開始だった。
16:52.35 BSN・MROおよび『レディス4』(テレビ東京)同時フルネット局のOBS・MRT・MBCの飛び乗り点。
16:58頃 オープニング 三雲の「こんばんは、○○月○○日(○○曜日)“イブニング・ファイブ”の時間です。」という挨拶で始まる。
  • 開始当初は、お天気カメラによる各地の風景の中継映像にロゴが合成で表示されるオープニングとなっていたが、4月中旬からニュースのヘッドライン映像に。
  • VTR明けにオープニングが流れるため、早くても16:55頃、遅くて17:05と当日のニュースの内容によって開始がまちまちになっている。
16:59頃 ニュース
17:25頃 本日のカワラBANG 軽めの話題中心で、芸能情報が放送されることもある。
17:35頃 イブニング・ファイル 特集コーナー
JNNイブニング・ニュース(全国パート、ここから18:16までJNN排他協定適用)
17:50.00 オープニング
ヘッドライン
ヘッドラインは2項目伝える。
17:50.15 ニュース 始めに三雲が「“イブニング・ニュース”です。」と挨拶する。
18:14頃 ニュースフラッシュ 省略される場合もある。
ローカルパート2(TBS以外のネット局は飛び降り)
18:16.00 CM
18:17.00 特集 TUY・TUF・BSNなどが不定期で遅れネット。
18:31頃 森田さんのお天気ですかァ? [3]
18:38頃 最新芸能ニュース
18:44頃 ニュース 2項目ほどのフラッシュニュースで、主に山内が担当する。
18:48頃 スポーツ 2008年9月29日からHBC・TBC・TUF・UTY・BSN・MRO・RSK・OBSでも同時ネット。
18:54頃 今夜と明日の天気
エンディング
次の番組の前にお天気カメラの映像が流れ、提供クレジットを流す。
18:55.00 放送終了
※2008年4月現在のタイムテーブル。2006年夏ごろまでは、スポーツニュース・最新芸能ニュースは放送時間の変動が激しかった。
また、日によってはカワラBANG・イブニングファイルが前後する日がとても多い。

ニューステロップの色[編集]

BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。
閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

ロゴ(丸で囲まれた"e")がニュースの形態によって色が変わるのでここで列挙。

  • 一般ニュース…赤(速報ニュースの場合は、すぐ側に赤色バックで「速報」と表示
  • エンタメニュース…
  • スポーツニュース、スポーツ前アイキャッチ…
  • ニュースフラッシュ、アイキャッチ…

※CM前に出てくるテロップ内容では、「イブニング・ニュース」時では右上に表示しており、「イブニング・ファイブ」では下に表示されている。

主な内容・コーナーの詳細[編集]

JNNイブニング・ニュース(JNN e NEWS[編集]

17:50から26分間全国ネットで放送。この時間帯のみJNN協定が適用(JNN系列全局での同時ネット放送が義務付けられている)されるため、17:50に『JNNイブニング・ニュース』のタイトルを表示している。年末年始に『イブニング・ファイブ』の放送が無くても、このコーナーだけは、週末と同様に、単独番組扱いで放送される。しかし、年末年始の場合、オープニングは、イブニング・ファイブに似た構成(ニュースのヘッドライン)となっている。

本日のカワラBANG[編集]

2006年9月18日開始。サブキャスターが「きょう1日の情報を手短に・テンポ良く」伝えるコーナー。同コーナーではアップテンポのBGMが流れ、キャスターの後ろに右から項目が並べられた縦長CG(以前は液晶モニタ)が登場。それらにあわせ情報を伝えていく。内容は、様々。「マジメに重要な情報」が流れたり、これまでラサールが担当していたコーナー同様「オトナ気ない情報」も流れ、吉野家の「テラ豚丼」を布袋寅泰の『スリル』の前奏部分をアレンジしてBGMに流すなどの冗談半分とも取れる報道もあった。また芸能ネタも流れる場合もある。時間の都合上、放送されない項目もある。なお、このコーナーのタイトルコールは産休前の小倉弘子のものが引き続き使われている。

森田さんの一番天気[編集]

2006年9月18日開始。BGMはカーペンターズの「トップ オブ ザ ワールド」(Aメロのみ)。第1回目の放送は森田ひとりで登場していたが、後に山内(火〜木曜日)、豊田(月曜日担当))がアシスタントとして出演。 2007年6月にコーナーとしては終了し、カワラBANG内に移行した。

2005年3月までに放送されていた『ウォッチ!』の形式を一部取り入れ、「きょう1日で『一番』となった気象にまつわる記録」と「お天気」について学ぶお天気コーナー。コーナーは、冒頭に「きょう1日で『一番』となった」気象に関係する記録・情報を伝え、明日の天気についても解説。第2回目の(9月19日)放送からは、『ウォッチ!』でも使われていた森田らウェザーマップスタッフが事前に描いている天気図フリップが登場。クレヨンなどを使い、解りやすく解説されている。
ちなみに、TBSの帯情報番組「お天気コーナー」では、天気図・衛星画像などを使い、一番解りやすく・詳しく伝えているコーナーでもある。

2008年4月1日には、同時間帯にNNN系列で放送されている『Newsリアルタイム気象予報士木原実と森田が放送局の枠を超えた共演を果たした。カメラ・予報は双方別々だったものの、同じ内容が日本テレビ山梨放送長崎国際テレビ・『イブニング・ファイブ』放送地域へ放送された。一部TBS側が用意した天気図が使用された。

イブニングファイル[編集]

これまで「本日のカワラBANG」の後に流れていた特集コーナーに2008年2月頃現在のコーナー名にした。この時だけ右上の項目テロップが大きい座布団なしのタイプになる。まれにニュース用の項目が使われることもある。たまに「本日の〜」と枠が交代することもある。1ヶ月のうち半分近くが系列局・MBSが制作した夕方ニュース番組の特集コーナーCBC夕方情報番組の特集コーナーの内容を二次使用していることが多い(ナレーションと項目テロップだけ変えているだけである。まれにナレーションもMBSやCBCのアナウンサーが読むオリジナルのままにしているケースも見受けられる)。

特集[編集]

TBSローカルのコーナーだが、系列局でもテレビユー山形テレビユー福島新潟放送などが不定期で遅れネットしているほか、TBSニュースバードでは列島セレクションなどで放送されることもある。

『イブニング・ファイブ』開始当初は、在京局が横一線で18時台の特集コーナーを放送する中で、他局との差別化を図る為、サブキャスターがスタジオでボードやパネルを使用して解説・進行しながら、VTRを放送する形式を採っていたほか、基本的にグルメなど生活情報は排していたが、次第に他局同様、VTR中心の構成で生活情報も扱うようになる。また他局に比べて定期的に皇室関連の内容を扱ったり、関心の高いニュースを取り上げる場合には、スタジオに専門家を招いて放送することが多い。

森田さんのお天気ですかァ?[編集]

TBS・関東ローカル向け放送のローカルお天気コーナー。1987年10月、関東ローカル向けのニュース番組『テレポート6』に、その当時気象庁職員だった森田が出演したのがはじまり。当初のタイトルは不詳であるが、翌年6月6日からは「お天気ですかァ?」の公式ウェブで見られる。以後、『テレポート6』・『ニュースの森』などのTBS夕方情報番組「お天気コーナー」として、「主婦層」の大きな支持を受け、現在まで続く長寿コーナーとなっている。過去放送された『ウォッチ!(お天気ホイホイ)』の基礎にもなり、現在も人気のコーナーである。内容は、毎日ひとつテーマ(気象にまつわること、季節・用語など)をあげ、それについて解説・説明・やりとりをして、関東ローカルの明日の天気を伝える。ちなみに、「ウォッチ!」では森田はカジュアルな服装であったが、夕方の出演時は正装である。尚、BGMは番組開始から2008年4月上旬頃まではビージーズ「How deep is your love?」のインストアレンジ版だったが、現在は番組リニューアル後から使用されている葉加瀬太郎「Something In The Wind」のピアノ版に変更されている。

スポーツ[編集]

番組開始当初から2006年夏頃までは、スポーツニュースと芸能ニュースの放送時間が17・18時台の交互に入れ替わることが多く見られたが、その後スポーツニュースは18時台に落ち着いている。但し『イブニング・ファイブ』のスポーツコーナーはこれまではTBSだけの放送だったが、2008年9月29日からHBC、TBC、TUF、UTY、BSN、MRO、RSK、OBSでも同時ネットされている。なお、当初は「イブニング・スポーツ」と呼ばれていたが、現在は特に呼ばれない。

そのため、系列局ではMBSなどが独自でスポーツコーナーを設けているほか、TBSニュースバードが裏送り用に制作しているスポーツニュースを放送している局もある。

ラサール石井が担当していたコーナー[編集]

ラサール★ジャーナル
2005年4月19日開始。2005年3月まで放送された『ウォッチ!』の形式を取り入れ、夕刊紙の記事を紹介していた。『ウォッチ!』同様、この番組内の新聞はラサール石井が選択し、藤森アナが読み、ラサールが補足・解説をしていた。5月30日から特集コーナーとなり終了。新聞コーナーだったためコーナータイトルCGに「stand up news show」と書かれているが、今ではこのコーナーで立っている人はいない。また、ほっとけない記事を紹介する「本日のHOT気ないニュース」もあった。
ラサール石井のイブニング・プレス
2005年3月28日 - 2005年4月18日。放送開始当初は、「ラサール石井のイブニング・プレス」として「夕刊」と「芸能情報」を同時に扱っていた。また、「オトナ気ない」ニュースを紹介する「本日のオトナ気ないニュース」というコーナーもあったが、コーナー後期はイブニング・プレスの話題のトーク中心になった。

ネット局[編集]

  • ◎…同時ネット
    • e5…『イブニング・ファイブ』として放送
    • eN…『(JNN)イブニング・ニュース』として放送
    • ○…同時ネットだがローカル番組に内包して放送(番組欄に『イブニング-』が現れない)
  • ▲…内容の一部を抜粋して放送
  • ×…放送なし
放送局 ネットの有無 備考・2009年3月時点のローカルニュース
冒頭
35秒
e5 eN 特集 スポーツ
TBS 東京放送 e5 (キー局)
HBC 北海道放送 ○▲ × 15:49-18:55『Hana*テレビ
2006年4月から冒頭だけ17時台の同時ネット開始(17:05までに飛び降り)、「本日のカワラBANG」は撮って出しで直後に時差放送。2009年4月の番組改編の準備のため、最終回1週間前に17時台のネットを打ち切り、時代劇再放送に充てられた
ATV 青森テレビ × eN × 18:16-18:55『ATVニュースワイド
笑っていいとも!』が時差ネットできない場合など不定期で17時台から放送した。
IBC IBC岩手放送 × eN × 18:16-18:55『IBCニュースエコー』(重要ニュースの場合、17時台を放送)
2005年4月から半年間、17時台をネット。
TBC 東北放送 e5 × 18:16-18:55『イブニング・ニュース TBC』(2009年3月終了)
東北楽天ゴールデンイーグルスナイター中継日は『eN』以降のみネット。
TUY テレビユー山形 × eN 18:16-18:55『TUYイブニング・ニュース
一部特集を不定期で時差ネット。2005年4月 - 2007年9月は17時台からネット。
TUF テレビユー福島 e5 17:50-18:55『イブニング・シックス』(2009年3月終了)
一部特集を不定期で時差ネット。
UTY テレビ山梨 × eN × 18:17-18:55『UTYニュースの星
BSN 新潟放送 × 16:00-18:55『イブニング王国!
一部特集を不定期で時差ネット。一部コーナーを別のコーナーに差し替え。
SBC 信越放送 e5 eN × 18:16-18:55『SBC News6』(2009年3月終了)
2008年4月から17時台のネット開始。
SBS 静岡放送 × × 17:45-18:55『SBSテレビ夕刊・イブニングニュース』(2009年3月終了)
TUT チューリップテレビ e5 × 18:16-18:48『イブニング・ニュースとやま』(2009年3月終了)
MRO 北陸放送 × e5 eN × 18:16-18:55『MROニュースランナー
2008年9月まで金曜日の『e5』は放送なし
CBC 中部日本放送 × × 16:50-18:55『イッポウ』(重要ニュースの場合、17時台を放送)
MBS 毎日放送 × eN × 18:16-18:55『VOICE』(例外的に17時台を放送した)
BSS 山陰放送 × eN × 18:16-18:55『テレポート山陰
RSK 山陽放送 e5 eN × 18:16-18:55『RSKイブニングニュース
RCC 中国放送 × 15:54-18:55『RCCイブニングワイド』(一部コーナーを別のコーナーに差し替え)
tys テレビ山口 × eN × 18:16-18:52『tysスーパー編集局』(重要ニュースの場合、17時台を放送)
ITV あいテレビ e5 × 18:16-18:55『キャッチあい』(2009年4月リニューアル)
KUTV テレビ高知 × eN × 18:16-18:50『イブニングKOCHI』2005年4月から半年間17時台をネットしていた
RKB RKB毎日放送 × 14:55-18:55『今日感テレビ
EPG上では『今日感テレビ イブニング・ファイブ』『今日感テレビ イブニング・ニュース』と表記。
NBC 長崎放送 × eN × 18:16-18:50『報道センターNBC』(例外的に17時代を放送した
RKK 熊本放送 e5 × 16:00-18:55『RKKワイド夕方いちばん
2008年4月に17時台のネット開始、2009年4月リニューアル
OBS 大分放送 × e5 eN × 18:16-18:55『OBSニュースライン』(2009年3月終了)
新聞のラテ欄では17:50以降も『e5』に内包した形となっている。
MRT 宮崎放送 × e5 eN × 18:16-18:55『MRTイブニング・ニュース』(2009年3月終了)
MBC 南日本放送 × e5 × 18:16-18:55『MBCニューズナウ
RBC 琉球放送 e5 × 18:16-18:50『RBC THE NEWS

どの局とも、2008年10月-2009年3月の編成。祝日などの特別編成で変更される局もあり。

例外的なネット[編集]

  • 毎日放送 - 17:50までは原則として関西ローカルの『ちちんぷいぷい』(14:55 - 17:50)。を放送しているが、2005年10月31日の1度だけ、第3次小泉内閣組閣のニュースを伝えるために、『イブニング・ファイブ』そのものを16:54 - 18:16までネットしたことがある。また2006年9月6日の秋篠宮妃親王御出産のニュースを伝えるためにネットしている。これはJNN協定適用ではなく、流れの一部は『イブニング・ファイブ』だったので事実上2度目の放送となっている。
  • 長崎放送 - 2007年4月18日は、長崎市長銃撃事件が前日起きたことから、その関連のニュースを放送するため、『イブニング・ファイブ』そのものを16:54 - 18:16までネットした。長崎県内の民放では唯一、キー局発ニュースの5時台をネットしていない。(他の3局はキー局発ニュースを同時ネット)
  • なお、重大・緊急ニュースが発生した時などは、“JNNイブニング・ニュース拡大版”として全系列局が、この時間から放送する。

ローカル枠の不備[編集]

HBCの番組『Hana*テレビ』の中で不備が生じた。放送開始の初期の頃は、17:30頃になると『イブニング・ファイブ』のスポーツコーナーが放送されている最中に、突然、HBCローカルの『Hana*テレビ』に切り替わる事もあり、一時期改善されていたが、2006年10月16日にリニューアルした際、「本日のかわらBANG」の途中で切り替わってしまっている。ほとんどは『Hana*テレビ』への苦情が多いが、『イブニング・ファイブ』への苦情もある。理由として、『イブニング・ファイブ』には飛び降りポイントが設けられておらず、ネット局のマスター個々の判断で飛び降りを行っているため、このような現状を生み出している。

JNN協定に関して[編集]

『イブニング・ファイブ』はJNN排他協定が適用される『イブニング・ニュース』を内包する形で放送している。重大なニュースの際などは、オープニングから「JNN協定」を適用して『JNNイブニング・ニュース 緊急特集』と題して全国ネットで放送される(JR福知山線脱線事故など)。

また、JNNイブニング・ニュース以外のパートは、あくまでもTBSネットワーク(番組供給系ネット。但し運営はJNNネットワーク協議会が行っている)の扱いであり、JNN協定は適用されない。そのため放送は加盟各局の判断に委ねられている(その地域では自社制作のローカル番組または時代劇やドラマの再放送、他系列のディレイネット番組等が行われている)。同協定との兼ね合いから、JNN枠とそれ以外のパートを編成の都合上別番組としている局(MRORSKOBSMRT)もある。

問題になった放送内容[編集]

  • 2006年7月21日放送の『イブニング・ニュース』中で、旧日本軍731部隊の特集において、VTRに安倍晋三官房長官(当時)の写真入り小道具が映り、「ゲリラ活動?」というテロップがそれに重なるなど、安倍長官のイメージダウンを狙った印象操作とも取れる放送があった。TBSは誤解を招いたとして謝罪、番組内でも池田が全国放送でお詫びをしたが、放送自体は意図的なものではないと釈明した。→「JNNイブニング・ニュース」の項目を参照。
  • 2007年6月5日、関東アマチュア選手権ゴルフ大会へ出場するアマチュアゴルフ選手石川遼の姿を撮るために、禁止されている主催者無許可でのコース上空のヘリコプターによる飛行を行ったことが判明。ヘリは低空を飛び、それにより巻き起こされた風でプレイが中断されるなど、競技に大きな影響を及ぼした。この問題や同局の「ピンポン!」関係者による同伴競技者などへの盗聴依頼など一連のTBSの報道姿勢に対し、関東ゴルフ連盟(KGA)は大会終了後の8日に文書で抗議。TBSは不適切な取材だったとして謝罪し、番組内でも三雲が17時台のローカル放送でお詫びをした。また、井上弘社長は「ばっかじゃないか。非常に腹立たしいし不愉快。(石川選手には)申し訳ない」とコメント。しかし、このコメントやその後のTBSの不誠実な対応に対してKGA関係者は法的措置も検討していると明らかにした(その後和解した)。→盗聴依頼については「ピンポン!」の項目を参照。[4][5][6][7]

話題になった放送内容[編集]

  • 「24歳の末期がん-余命1ヶ月の花嫁」 - 2007年5月10日と翌11日の特集枠で当時24歳で末期の乳がんと闘病した女性の生き方と、その結婚式の模様を収録・放送し話題となった。再放送の要望が多かったことから、2007年7月18日と2008年5月7日放送の『水トク!』で本編を再構成して放送した(ナレーター・藤原竜也)。それ以後もTBSチャンネルで再放送された。詳細は余命1ヶ月の花嫁を参照。

タイトルの表記について[編集]

  • 開始 - 2008年3月28日

英語の「イブニング」を大文字の「EVENING」で表記し、頭文字の「E」をあえて小文字の“e”として、円の中に表記することでアイコン化したものとなっていた。

イブニング・ファイブ』はeVENING 5(略称は、“e5”)と表記。

JNNイブニング・ニュース』は、JNN eNEWS(「JNN」はNEWSの上に小さくロゴが表記されており、略称は、“eN”)と表記する。また、ニュースは赤色、スポーツニュースは青色の円の中にロゴが表示されるが、eとNは白抜きで、JNNと5はオレンジ色で表示されている。 ※2006年9月からは項目のデザインが一部リニューアルされており「Nや5」が消えて「e」のみになっている。

  • 2008年3月31日 - 2009年3月27日

イブニング・ファイブ

円の中の「e」がスピード感あふれる書体になり番組のロゴとして起用される。それに伴いタイトルロゴも「eVENING5」から「EVENING5」に変更となり、また「eVENING5」下の「イブニング・ファイブ」の表記が消えた。

JNNイブニング・ニュース

イブニング・ファイブ同様、円の中の「e」がスピード感あふれる書体になり番組ロゴに。またタイトルロゴが「eNEWS」から「EVENING」に変更となり、「eNEWS」の下の「イブニング・ニュース」の表記が消え、さらにはJNNの冠が付いたニュース番組には、公式ロゴの「JNN」が必ず表記されているが、その「JNN」の表記も消えた。

なお、夕方ローカルニュースのうち「イブニング」という題名を用いているTUYTBCTUFTUTRCCMRTでは、当番組全国パートと同一デザインの題字及び見出し字を使用している(但し同じ「イブニング」という題名を用いていてもBSNRSKKUTVの題字・見出し字は各局独自のデザイン)。

RCCの16時台の夕方情報番組「イブニングふぉー」は、イブニング・ファイブと同一デザインの題字及び見出し字を、現在も引き続き使用している。(ただし、18時台のローカルニュースにおいては、かつての「イブニングニュース広島」時代は、イブニング・ファイブと同一デザインであったが、現在放送している「RCCニュース6」は独自の題字・見出しを使用している。)

備考[編集]

  • 年末年始は、『イブニング・ニュース』が週末同様、単独番組として放送される。
  • 『JNNイブニング・ニュース』のゾーンでは、以下の2つを実施して放送している。
  1. リアルタイム字幕放送
  2. 副音声で、英語同時通訳による二ヶ国語放送を実施(一部地域(但し、北海道放送は札幌圏以外のアナログ放送エリアのみ)、および年末年始を除く)。これは民放の全国向けニュース番組ではこれのみであり、『JNNニュースコープ』、『JNNニュースの森』から続くもの。他に実施している番組は、NHKで放送している『NHKニュース7』、『ニュースウオッチ9』など。
  • 2006年W杯ドイツ大会の特別キャスターを、荒川静香が務めた。
  • 2007年11月19日から23日は16:30開始。ただしネット局は通常通り16:54開始。
  • 2009年3月13日の放送では、小倉・藤森両アナが出演せず、柴田秀一長峰由紀両アナが変わって出演した。また、東京駅からの寝台特急はやぶさ富士』のラストランの中継は、気象予報士の元井美貴が担当した。なお当日はこの番組以外にも『2時っチャオ!』や『ピンポン!』などでも若手・中堅局アナが出演していない事態が起きていた。その後、原因は労働組合による正午から24時まで12時間の時限ストライキだったことが明らかになった。[8]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ JNNイブニング・ニュースのパートのみ一部の局を除き二ヶ国語放送
  2. ^ 2008年3月28日までは『イブニング・ニュース』のパートのみで実施。
  3. ^ コーナー後にCMがあけて、芸能ニュースに入る前の週間天気のコーナーのBGMは『ニュース朝いち430』(日テレNEWS24;終了)の天気コーナーのBGMと同じである
  4. ^ 遼クンに盗聴工作、TBS非常識取材”. 日刊スポーツ (2007年6月6日). 2007年6月14日閲覧。
  5. ^ ゴルフの石川選手取材、TBSが不適切行為として陳謝”. 朝日新聞 (2007年6月6日). 2007年6月14日閲覧。
  6. ^ TBS社長「ばっかじゃないか」 別選手にも接触していた”. iza (2007年6月6日). 2007年6月14日閲覧。
  7. ^ TBS「盗聴」「無断ヘリ」 井上社長の「他人事謝罪」”. J-CASTニュース (2007年6月7日). 2007年6月14日閲覧。
  8. ^ スト決行!TBSからアナが消えた[リンク切れ] デイリースポーツ 2009年3月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS 平日夕方の関東ローカルニュース
前番組 番組名 次番組
ニュースの森
(1990.4 - 2005.3)
イブニング・ファイブ
(2005.4 - 2009.3)
総力報道!THE NEWS
(2009.4 - 2009.9)
TBS 平日17時台
イブニング・ファイブ
サカスさん
※16:53 - 17:50
TBS 平日18時台
JNNニュースの森
※17:50 - 18:55
イブニング・ファイブ
総力報道!THE NEWS・第1部
※17:50 - 18:45