上川陽子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
上川 陽子
かみかわ ようこ
Yokokamikawa2.jpg
生年月日 1953年3月1日(61歳)
出生地 日本の旗 静岡県静岡市
出身校 東京大学教養学部
ハーバード大学ケネディスクール
前職 三菱総合研究所研究員
グローバリンク総合研究所代表取締役
所属政党 無所属→)
自由民主党→)
(無所属→)
(21世紀クラブ→)
自由民主党(岸田派
称号 教養学士
政治行政学修士
公式サイト かみかわ陽子
OFFICIAL WEB SITE

選挙区 静岡1区→)
比例東海ブロック→)
静岡1区
当選回数 4回
任期 2000年6月25日 - 2009年7月21日
2012年12月18日 - 現職
議員会館 衆議院第2議員会館305号室

内閣 第1次安倍改造内閣
福田康夫内閣
任期 2007年8月27日 - 2008年8月2日

日本の旗 第95代法務大臣
内閣 第2次安倍改造内閣
任期 2014年9月21日 - 現職
テンプレートを表示

上川 陽子(かみかわ ようこ、1953年3月1日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)。法務大臣第95代)。

第1次安倍改造内閣福田康夫内閣内閣府特命担当大臣少子化対策男女共同参画)を、第3次小泉改造内閣総務大臣政務官を、第2次安倍内閣総務副大臣を務めた。

来歴[編集]

静岡県静岡市生まれ。静岡雙葉中学校・高等学校東京大学教養学部教養学科(国際関係論専攻)。大学卒業後は三菱総合研究所研究員。1988年アメリカ合衆国ハーバード大学ケネディスクールで政治行政学修士号を取得した。その後はアメリカ合衆国議会マックス・ボーカス英語版上院議員の政策スタッフを務める。同年12月、株式会社グローバリンク総合研究所代表取締役に就任。

1996年第41回衆議院議員総選挙静岡1区から無所属で出馬したが、得票数5位で惨敗。その後、自由民主党に入党したが、2000年第42回衆議院議員総選挙には再び無所属で静岡1区から出馬し、自民党元職の戸塚進也民主党元職の牧野聖修比例復活)、公明党前職の大口善徳らを僅差で振り切り、初当選した。自民党公認候補がいながら静岡1区での出馬を強行したため自民党を除名され、同じ保守無所属で当選した衆議院議員9人で院内会派「21世紀クラブ」を結成。同年11月の加藤の乱では、森内閣不信任決議案に反対票を投じる。2001年、自民党に復党した[1]2003年第43回衆議院議員総選挙では、静岡1区で牧野に敗れたが、重複立候補していた比例東海ブロックで復活し、再選。2004年10月、自民党女性局長に就任。

2005年第44回衆議院議員総選挙では、静岡1区で牧野に比例復活すら許さない大差をつけ、3選。第3次小泉改造内閣総務大臣政務官に任命された。

2007年第1次安倍改造内閣内閣府特命担当大臣少子化対策男女共同参画)に任命され、当選3回で初入閣した。安倍晋三は内閣改造後まもなく首相を辞任し、続く福田康夫内閣でも再任。また、新たに公文書管理担当の国務大臣の補職辞令を受けた。2009年第45回衆議院議員総選挙では、静岡1区で牧野に敗れ、比例復活もならず落選した。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、静岡1区で牧野に比例復活すら許さない大差をつけて当選し、国政に復帰。2013年9月、第2次安倍内閣で閣僚経験者ながら総務副大臣に任命された[2]2014年9月、内閣改造後の人事により、退任し、衆議院厚生労働委員会委員長、新設された自由民主党女性活躍推進本部長に就任。

2014年10月、公職選挙法違反の疑いで辞任した松島みどりの後任として法務大臣に就任[3]

政策[編集]

  • 日本国憲法改正に賛成[4]
  • 2012年、集団的自衛権の行使を禁じた政府の憲法解釈を見直す必要はないと回答[4]
  • 輸出入関税を原則ゼロにする環太平洋パートナーシップ協定(TPP)への参加に反対[4]。また、TPPの農業分野への対応について、コメなど可能な限り多くの例外品目を設けるべきとしている[4]
  • 愛国心を教育基本法に盛り込むことに関して、「子どもたちが自然に自分の国を誇りに思えるような社会のあり方を大事にしたい。そのためには、大人たちが立派な生き方の手本を子どもたちに見せるしかありません。」「本当の意味を考えないと本末転倒になる可能性がある」と考えている。[5]
  • 選択的夫婦別姓制度の導入に賛成[6]
  • 安倍内閣時代に内閣府特命担当大臣(男女共同参画、少子化対策)を務めていた際、「青少年有害情報規制法案」(内閣府所管の青少年健全育成推進委員会から有害指定を受けたイラストやテキストなどをウェブサイトから削除しなければ1年以下の懲役刑を科すというもの)を支持していた[要出典]

活動[編集]

  • 日韓関係を重視しており、2001年に訪韓して第27回日韓議員連盟合同総会に出席[7]、2007年には日韓若手国会議員懇談会に出席[8]している。また、同2007年の朝鮮通信使400周年シンポジウムではパネリストとして参加し、「対話を続けていくことができれば、過去の過ちを克服することは十分可能」と発言している。[9]また、2014年7月に日韓関係改善を目指して辻元清美日韓議員連盟所属女性議員と訪韓を行っている[10][11]
  • 2014年6月26日、静岡県日中友好協会の顧問として、メッセージを送ったことがある[12]

献金[編集]

不祥事[編集]

2009年の衆院選時に、投票を依頼する電話を有権者にかける見返りとして報酬を支払う約束をしたとして、公職選挙法違反で後援会から逮捕者を二名出している。後援会は「電話をかけることと派遣会社との契約について違法との認識を持っていなかった。」とのコメントを出している[14][15]

所属団体・議員連盟[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 21世紀クラブの5人が自民入りへ読売新聞
  2. ^ “上川陽子氏ら女性副大臣5人起用 副大臣・政務官人事案”. 共同通信. (2013年9月29日). http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013092901001686.html 2014年10月21日閲覧。 
  3. ^ “後任の経産相に宮沢洋一氏 法相に上川陽子氏”. 共同通信. (2014年10月20日). http://www.47news.jp/PN/201410/PN2014102001001859.html 2014年10月21日閲覧。 
  4. ^ a b c d “2012衆院選 静岡1区 上川陽子”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kouji_area_meikan.html?mid=A22001002002 2014年4月7日閲覧。 
  5. ^ かみかわ陽子旧HP2004年2月17日いわゆる「愛国心教育」について より自然なかたちで共同体意識を
  6. ^ 第154回国会 - 衆議院 - 法務委員会 - 20号 平成14年07月30日
  7. ^ http://www.kamikawayoko.net/old/archive/activities/diet/2001/12_002.html
  8. ^ http://www.kamikawayoko.net/old/archive/daily/2007080502.html
  9. ^ http://www.kamikawayoko.net/old/archive/activities/regional/2002/2007080501.html
  10. ^ 2014年7月21日 テレビ朝日
  11. ^ http://www.nicovideo.jp/watch/sm24055933
  12. ^ http://china.news.coocan.jp/20140700.pdf
  13. ^ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-09-12/14_01.html
  14. ^ 自民・上川元少子化相の運動員2人が買収容疑  2009/09/10 読売新聞
  15. ^ 選挙違反:上川陽子氏陣営の2容疑者逮捕 バイト報酬約束 9月10日毎日新聞 https://web.archive.org/web/20090913042528/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090910k0000m040059000c.html
  16. ^ 神政連 WEB NEWS 神道政治連盟国会議員懇談会” (2014年5月23日). 2014年5月29日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

議会
先代:
後藤茂之
日本の旗 衆議院厚生労働委員長
2014年
次代:
渡辺博道
公職
先代:
松島みどり
日本の旗 法務大臣
第95代:2014年 -
次代:
現職
先代:
高市早苗
(少子化・男女共同参画)
日本の旗 特命担当大臣(少子化対策)
初・第2代:2007年 - 2008年
次代:
中山恭子
日本の旗 特命担当大臣(男女共同参画)
第7・8代:2007年 - 2008年
次代:
中山恭子
先代:
柴山昌彦
坂本哲志
日本の旗 総務副大臣
関口昌一と共同

2013年 - 2014年
次代:
二之湯智
西銘恒三郎
先代:
増原義剛
山本保
松本純
日本の旗 総務大臣政務官
桜井郁三古屋範子と共同

2005年 - 2006年
次代:
河合常則
土屋正忠
谷口和史