松井慶四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松井慶四郎

松井 慶四郎(まつい けいしろう、1868年3月28日慶応4年3月5日) - 1946年昭和21年)6月4日)は、明治から昭和時代の日本外交官外務大臣男爵大阪府出身。

略年譜[編集]

妻の照子は西日本の鉄道王と呼ばれた実業家の今村清之助の孫。長女に日本の洋裁教育と服飾デザインの礎を作った田中千代、長男にフランス大使となった松井明がいる。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  2. ^ 『官報』第5598号「叙任及辞令」1902年3月6日。
  3. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  4. ^ 『官報』第2431号「授爵・叙任及辞令」1920年9月8日。