齋木昭隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

齋木 昭隆(斎木昭隆、さいき あきたか、1952年10月10日 - )は、日本外交官外務省アジア大洋州局長、インド駐箚特命全権大使、外務審議官(政務担当)を経て、2013年6月に外務事務次官に就任した。

父は元駐アルゼンチン大使の齋木千九郎(さいき せんくろう、1920年7月15日 - 1999年9月13日)、妻は外務省経済局長の斎木尚子である。

人物[編集]

駒場東邦高校東京大学教養学部卒業後、1976年外務省入省。2006年に駐米公使、2008年にアジア大洋州局長、2011年からインド駐箚特命全権大使を務めた。2012年9月には外務審議官(政務担当)へ就任。2013年6月、河相周夫の後任として外務事務次官に就任した。

北朝鮮による日本人拉致問題核兵器開発問題交渉に携わってきた。北朝鮮への対応は、伝統的に対米外交政策重視のスタンスをとる[要出典]外務省の官僚の姿勢の中でも近年[いつ?]強硬派として知られるようになり、アジア外交で主役的存在として浮かび上がった[要出典]

発言[編集]

ウィキリークスは2011年5月、齋木がアジア大洋州局長時代の2009年9月にアメリカ合衆国国務次官補カート・キャンベルと行った会談にて、次のような発言を行ったとする在日アメリカ大使館発の公電の内容を公開した。

  • 公電は、当時の民主党政権(鳩山由紀夫内閣)が「対等な日米関係」を唱えていたことについて、齋木が「すでに対等なのに、鳩山総理岡田外務大臣が何を考えているのかわからない」と述べたとしている[1]。また、「与党経験のない民主党は官僚をコントロール下に置き、アメリカに挑戦する新しい大胆な外交政策を打ち出すイメージの必要性を感じたのだ」としたうえで、「そのような考え方は馬鹿げたもので、学ぶことになるだろう」とも発言したとしている[1]
  • 公電は、齋木が北朝鮮による日本人拉致問題に関連して、「北朝鮮は、安否不明の拉致被害者の何人かを殺害していると思う」「拉致被害者の何人かは生きていると思う」との発言をしたとしている[2]。齋木は発言内容を否定し、「全ての拉致被害者は生存していると強く信じており、その前提に立ってこれまでも北朝鮮側と交渉を重ねてきた」と述べている[2]

経歴[編集]

同期[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]