曾禰荒助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
曾禰 荒助
Sone Arasuke.jpg
生年月日 1849年2月20日嘉永2年1月28日
出生地 長門国
没年月日 1910年明治43年)9月13日
称号 勲一等旭日桐花大綬章子爵






その他の職歴
日本の旗 司法大臣
( - )
日本の旗 枢密顧問官
( - )
日本の旗 貴族院議員
( - )
日本の旗 衆議院議員
( - )
テンプレートを表示

曾禰 荒助(そね あらすけ、新字体:曽祢嘉永2年1月28日1849年2月20日) - 明治43年(1910年9月13日)は日本政治家

人物[編集]

長門国(現山口県)出身。藩士宍戸潤平の三男で、曾禰家の養子となる。明治維新韓国統監大蔵大臣外務大臣等を歴任。外交・内政・財政さらには韓国問題まで幅広くこなした万能政治家であったものの、長州閥の実力者に肩を並べるには至らなかった。このことから「器用貧乏」とあだ名された。

年表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5174号、明治33年9月28日。
  2. ^ 『官報』第6863号、明治39年5月18日。
  3. ^ 『官報』第7272号、明治40年9月23日。

関連項目[編集]

曾禰荒助の碑(神奈川県藤沢市江の島の龍野ヶ岡自然の森)

外部リンク[編集]


公職
先代:
伊藤博文
日本の旗 韓国統監
第2代:1909 - 1910
次代:
寺内正毅
先代:
(創設)
日本の旗 韓国統監府副統監
初代:1907 - 1909
次代:
山縣伊三郎
先代:
芳川顕正
日本の旗 逓信大臣
第13代:1903
次代:
大浦兼武
先代:
西園寺公望
(臨時兼任)
日本の旗 大蔵大臣
第10代:1901 - 1906
次代:
阪谷芳郎
先代:
加藤高明
日本の旗 外務大臣
第17代:1901
次代:
小村壽太郎
先代:
大石正巳
日本の旗 農商務大臣
第16代:1898 - 1900
次代:
林有造
先代:
清浦奎吾
日本の旗 司法大臣
第7代:1898
次代:
大東義徹