山梨半造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
山梨 半造
Hanzo Yamanashi
Yamanashi Hanzo.jpg
生誕 1864年4月6日
日本の旗 日本 相模国大住郡下島村
死没 1944年7月2日
日本の旗 日本 神奈川県鎌倉市
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1886年 - 1925年
最終階級 陸軍大将
テンプレートを表示

山梨 半造(やまなし はんぞう、元治元年3月1日1864年4月6日) - 昭和19年(1944年7月2日)は日本陸軍軍人である。最終階級は陸軍大将陸軍大臣朝鮮総督

略歴[編集]

山梨半造による碑文が書かれた尼港殉難者記念碑

相模国大住郡下島村(現在の神奈川県平塚市下島)にて山梨安兵衛の二男として出生。耕余塾卒業後、1886年明治18年)6月、陸軍士官学校(旧8期、士官生徒8期)を卒業、歩兵少尉に任官し歩兵第5連隊付となる。1892年(明治24年)12月、陸軍大学校(8期)を卒業、恩賜の軍刀を拝受した。

日清戦争に歩兵第4旅団副官として出征し歩兵第5連隊中隊長第2軍副官、占領地総督部副官を歴任し帰国した。参謀本部第4部員、兼陸大教官、ドイツ駐在、陸大教官などを経て日露戦争時には第2軍参謀として出征し同軍参謀副長、第3師団参謀長を歴任した。

オーストリア公使館付、ドイツ大使館付、陸大幹事、歩兵第51連隊長などを経て1911年(明治44年)9月、陸軍少将に進級。歩兵第30旅団長、歩兵第1旅団長、参謀本部総務部長などを歴任し第一次世界大戦において独立第18師団参謀長として青島に出征、その軍功により功二級を賜る。教育総監部本部長などを経て1916年大正5年)5月、陸軍中将に昇進し陸軍次官、兼航空局長官を歴任。

1921年(大正10年)10月、原内閣の陸軍大臣となり同年12月に陸軍大将に進級し高橋内閣加藤友三郎内閣にも留任。1922年(大正11年)8月と翌年4月の2度にわたり陸軍史上初の軍縮(「山梨軍縮」)を実行。

軍事参議官を経て、関東大震災に伴い福田雅太郎司令官の後任として関東戒厳司令官に就任した。東京警備司令官、軍事参議官を経て1925年(大正14年)5月、予備役編入され1927年(昭和2年)12月に朝鮮総督となった。その直後、立憲民政党により米穀商が京城に取引所を開設するために山梨の側近を通じて5万円を贈賄したとする朝鮮総督府疑獄が暴露され辞任。米穀商と側近は執行猶予つきの有罪、山梨本人は無罪となった。

1934年(昭和9年)4月に退役。1944年(昭和19年)、神奈川県鎌倉市の自宅にて死去。享年81。

家族親族[編集]

公職
先代:
田中義一
陸軍大臣
第27 - 29代:1921年6月9日 - 1923年9月2日
次代:
田中義一
先代:
宇垣一成
朝鮮総督
第5代:1927年12月10日 - 1929年8月17日
次代:
斎藤実
軍職
先代:
福田雅太郎
関東戒厳司令官
第2代:1923年9月20日 - 同11月16日
次代:
廃止
先代:
新設
東京警備司令官
初代:1923年11月16日 - 1924年8月20日
次代:
菊池慎之助