石本新六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石本 新六
Ishimoto Shinroku.jpg
石本新六
生誕 1854年2月17日
死没 1912年4月2日(満58歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1877 - 1912
最終階級 陸軍中将
テンプレートを表示

石本 新六(いしもと しんろく、1854年2月17日嘉永7年1月20日) - 1912年明治45年)4月2日)は、日本陸軍軍人陸士旧1期。栄典は勲一等功二級。最終階級は陸軍中将男爵

経歴[編集]

姫路藩士・石本勝左衛門為延の六男として生まれる。1869年開成所姫路藩貢進生として上京し、大学南校で学ぶ。陸軍幼年学校を経て陸軍士官学校に入学。西南戦争に従軍し、1877年7月、工兵少尉に任官。1878年12月、陸士(旧1期)を卒業した。

後、フランスに留学し、1881年8月、フォンテンブロー砲工校を卒業し翌年に帰国。欧州差遣(イタリア)、参謀本部第3局第2課員、参謀本部第2局員、陸軍省軍務局工兵事務課長、工兵課長、築城本部長、兼陸軍砲工学校長を経て、1898年3月、陸軍少将に進級した。

陸軍総務長官を経て、日露戦争時は陸軍次官(法務局長兼任)として寺内正毅陸軍大臣を支えた。1904年10月、陸軍中将に昇進。1911年8月、第2次西園寺公望内閣において薩長出身者以外では初めての陸軍大臣に就任する。陸軍師団増設問題が懸案となり、2個師団増設要求をするが閣議で拒否され、在任中に死去した。後任の陸相には上原勇作が就任。

1907年9月、男爵の爵位を授爵し華族となった。

年譜[編集]

  • 1877年(明治10年)7月5日 - 少尉
  • 1880年(明治13年)5月7日 - 工兵中尉
  • 1883年(明治16年)2月28日 - 工兵大尉
  • 1888年(明治21年)2月17日 - 工兵少佐
  • 1891年(明治24年)11月7日 - 工兵中佐
  • 1892年(明治25年)7月1日 - 軍務局工兵事務課長
  • 1894年(明治27年)1月10日 - 免兼海軍大学校教官[1]
  • 1895年(明治28年)
    • 1月29日 - 工兵大佐
    • 7月29日 - 高等官三等、兼任臨時台湾橙標建設部事務官[2]
  • 1896年(明治29年)
    • 5月9日 - 軍務局工兵課長
    • 11月20日 - 東京市区改正委員[3]
  • 1897年(明治30年)
    • 9月15日 - 築城本部長
    • 10月23日 - 兼陸軍砲工学校校長[4]
  • 1898年(明治31年)
    • 3月3日 - 陸軍少将
    • 3月10日 - 免土木会委員[5]
  • 1899年(明治32年)6月15日 - 築城本部長
  • 1902年(明治35年)4月17日 - 陸軍省総務長官兼理事兼法務局長
  • 1903年(明治36年)
    • 7月24日 - 高等官一等[6]
    • 12月5日 - 陸軍次官兼法務局長
  • 1904年(明治37年)
    • 2月27日 - 兼俘虜情報局長官
    • 7月9日 - 兼臨時陸軍検疫本部長[7]
    • 10月13日 - 陸軍中将
  • 1905年(明治38年)12月28日 - 免法務局長
  • 1907年(明治40年)9月21日 - 男爵叙爵
  • 1909年(明治42年)
    • 9月12日 - 人事局長事務取扱
    • 11月30日 - 免人事局長事務取扱
  • 1911年(明治44年)
    • 8月30日 - 陸軍大臣
    • 9月29日 - 免鉄道会議議員[8]

栄典[編集]

墓所[編集]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]


軍職
先代:
中村雄次郎
陸軍総務長官
第2代:1902年4月17日 - 1903年12月5日
次代:
なし
先代:
中村雄次郎
陸軍次官
第5代:1903年12月5日 - 1911年9月1日
次代:
岡市之助
先代:
寺内正毅
陸軍大臣
1911 - 1912
次代:
上原勇作