川村竹治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川村竹治

川村 竹治(かわむら たけじ、明治4年7月17日1871年9月1日) - 昭和30年(1955年9月8日)は大正から昭和にかけて活躍した官僚政治家。満鉄社長、司法大臣等を歴任。

経歴[編集]

秋田県出身。日本中学などから一高を経て、1897年(明治30年)、東京帝国大学法科大学英法科卒業。同年、内務省入省。1911年(明治44年)、和歌山県知事。1914年(大正3年)、香川県知事。1917年(大正6年)、青森県知事。1918年(大正7年)、内務省警保局長。1921年(大正10年)、内閣拓殖局長官。1922年(大正11年)6月から1947年(昭和22年)5月まで貴族院議員(勅選)、交友倶楽部に所属。1922年(大正11年)6月、内務次官。1922年(大正11年)10月、南満洲鉄道株式会社(満鉄)社長。1928年(昭和3年)6月、台湾総督。1932年(昭和7年)、犬養内閣司法大臣五・一五事件で依願免官。その後は、夫人文子経営の川村女学院(現在の川村学園)顧問になった。1955年(昭和30年)9月8日死去。享年84。:

親族[編集]

  • 長男:川村秀文(内務官僚・川村学園理事長)
川村竹治(1928年から1929年)


公職
先代:
鈴木喜三郎
日本の旗 司法大臣
第34代:1932年
次代:
小山松吉
先代:
小橋一太
日本の旗 内務次官
第23代:1922年
次代:
堀田貢