横路孝弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
横路 孝弘
よこみち たかひろ
生年月日 1941年1月3日(73歳)
出生地 日本の旗北海道札幌市
出身校 東京大学法学部
前職 弁護士
所属政党 日本社会党→)
無所属→)
(旧民主党→)
民主党横路グループ
※衆議院議長・副議長在職中は会派離脱
称号 法学士東京大学
親族 父・横路節雄(元衆議院議員)
公式サイト 横路孝弘ホームページ

日本の旗 第73代 衆議院議長
任期 2009年9月16日 - 2012年11月16日

日本の旗 第63代 衆議院副議長
任期 2005年9月21日 - 2009年7月21日

選挙区 北海道1区比例北海道ブロック
当選回数 12回
任期 1996年11月7日 - 現職

北海道の旗 公選第10-12代 北海道知事
任期 1983年4月23日 - 1995年4月22日

日本の旗 衆議院議員
選挙区 旧北海道1区
当選回数 5回
任期 1970年1月14日 - 1983年4月
テンプレートを表示

横路 孝弘(よこみち たかひろ、1941年1月3日 - )は、日本政治家民主党所属の衆議院議員(12期)、民主党最高顧問、民主党北海道連代表、皇室会議予備議員。衆議院議長(第73代)、衆議院副議長(第63代)、北海道知事(公選第10・11・12代)を歴任。父は元日本社会党衆議院議員の横路節雄

来歴・人物

生い立ち

北海道札幌市生まれ。母・美喜は経済学者野呂榮太郎の妹である。中学生時代に交通事故に遭い療養生活を余儀なくされ、4年かけて16歳で中学校を卒業する。北海道札幌西高等学校に入学するが、1年生の2学期から東京都立九段高等学校に転校し、同校を卒業。東京大学に進学し、東京大学法学部を卒業する。大学時代の親友に江田五月がおり、日本社会主義青年同盟の学生班に揃って所属していた。また大学在学中の1965年、24歳で司法試験に合格。司法修習第20期を経て、1968年弁護士登録。

政界入り

1969年、父・節雄の急逝を受け、第32回衆議院議員総選挙旧北海道1区から日本社会党公認で出馬し、初当選。以後5期連続で当選する。社会党では「新しい流れの会」の幹事を務め、党内では「社会党のプリンス」の異名を取った。

1972年衆議院予算委員会沖縄返還に伴う日米間の密約を示した外務省極秘電信を暴露し、西山事件の発端になった。

北海道知事

1983年、衆院議員を辞職し、同年4月の北海道知事選挙に周囲から推される形で出馬する。元日本大学全学共闘会議書記長の田村正敏や実業家の菊地日出男らが率いる勝手連の選挙運動により支持を広げ、自由民主党新自由クラブ及び大学時代の親友である江田五月も所属する社会民主連合が推す前副知事らを破り、当選した。横路の北海道知事在任中、1969年の当選同期であり、党派を超えて親交のあった農林水産大臣(当時)の羽田孜荒井聰(後に衆議院議員)に北海道庁への転勤を命じている。1987年の知事選では、元食糧庁長官の松浦昭らを破り、再選。1991年の知事選では、自民党が推薦する佐藤静雄を100万票超の大差で破り、3選。当選後、荒井聰を知事室長に起用した。1994年翌年の知事選に出馬しない意向を表明し、あわせて国政復帰を明言した。

知事在任中は一村一品運動を推進して地域経済の活性化を図り、第1回アジア冬季競技大会の北海道への招致にも成功。しかし、地方博ブームにのって開催した1988年の「世界・食の祭典」では約90億円にものぼる多額の赤字を計上し、関係者が自殺する事態に発展したため、北海道議会問責決議が提出され、道民の間からも「ショックの祭典」等、揶揄する声が上がった。横路道政の下では他に、道庁職員のカラ出張社会問題化した。道路建設のための小樽運河埋め立ての計画が持ち上がった際は運河を分割した上でその一方を半分の幅を残して埋め立て、一方を埋め立てない「足して二で割る」案を採用し、決着させた。

国政復帰

知事退任後日本社会党から復党の要請を受けるも応じず、第17回参議院議員通常選挙において東京都選挙区無所属の新人見城美枝子を支援したが、見城は落選した。1996年、北海道選出の衆議院議員鳩山由紀夫厚生大臣(当時)の菅直人を中心に結党した旧民主党に参加。第41回衆議院議員総選挙に同党公認で北海道1区から出馬し、当選した。当初、新進党が北海道第1区に小沢一郎党首の甥・小野健太郎の擁立を進めていたが、選挙協力により小野は北海道5区に国替えした(小野は現職の町村信孝に惨敗)。以後、5期連続当選。2005年第44回衆議院議員総選挙に際し、社会民主党に所属していた横光克彦を引き抜き、民主党に入党させた。なお横光は、横路の1969年当選同期である阿部未喜男の後継者である。

2005年第163回国会から衆議院副議長を務める。2007年、自身の公設秘書を務めていた道下大樹北海道議会議員選挙に民主党公認で札幌市西区選挙区から出馬し、当選した。

2009年第45回衆議院議員総選挙で10選。民社国連立政権発足に先立ち、衆議院議長に就任する。副議長経験者が議長に就任するのは原健三郎衆議院議長の就任以来、約20年ぶりであった。また民選知事経験者が国会の議長に就任するのは史上初めてである。9月17日、鈴木宗男事件による収賄罪で一・二審で実刑判決を受けて上告中の鈴木宗男を外務委員長に指名した[1]。鈴木は翌年9月に実刑判決が確定し議員を失職したため、鈴木を外務委員長に指名した横路の責任を追及する声が野党から上がった。

2012年11月16日に衆議院が解散されたことを受け失職。1ヶ月後に執行された第46回衆議院議員総選挙では、自民党新人の船橋利実に競り負け、重複立候補した比例北海道ブロックで復活し11選。直近の元衆議院議長が小選挙区で落選したのは初である。

2014年第47回衆議院議員総選挙では小選挙区で当選を果たし、12選。

政策・主張

安全保障

民主党入党後は、党内で旧社会党系議員が中心の新政局懇談会を率いており、鳩山由紀夫民主党代表就任時に日本国憲法の改正を示唆する発言を行った際は辞職を促す等、党内の護憲派の代表格である。一方、2004年には改憲論者である小沢一郎との間で日本の安全保障国際協力の基本原則に関して合意し、国際連合警察的機能に貢献するための別組織を作って国際協力を進めながらも、自衛隊国土防衛に徹し、海外へは派遣しない方針を確認した。

日の丸・君が代に対する姿勢

北海道知事在任中、北海道議会において自民党議員の質問に対する答弁で「日の丸国旗君が代国歌」と、出身母体である日本社会党とは異なる方針を明言した[要出典]。ただし、1999年の衆議院本会議における国旗及び国歌に関する法律案の採決では反対票を投じている[2]

核・原子力発電に対する姿勢

日本社会党は原子力発電に反対する姿勢を取っていたが、北海道知事就任後、北海道電力泊原子力発電所について「行政の継続性」を理由に反対の姿勢は取らなかった。また非核三原則を北海道議会で決議する案が出た際、「国が決めているものを地方で決議することに意味がない」と否定的な見解を示した[3]

自衛隊に対する姿勢

北海道知事在任中、歴代の保守系知事が行っていなかった自衛隊三軍司令官との会食を行うなど[3]、自衛隊の存在そのものに否定的であった日本社会党とは一線を画する対応を取った。

外国人参政権に対する姿勢

外国人への地方参政権付与に肯定的な立場を見せており[4]、韓国政府から謝意を表明されている[5]

選択的夫婦別姓制度

選択的夫婦別姓制度の導入に賛同[6]

不祥事

エピソード

所属団体・議員連盟

選挙歴

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率 得票順位
/候補者数
比例区 比例順位
/候補者数
第32回衆議院議員総選挙 1969年12月27日 北海道第1区 日本社会党 98,829 15.2 2/11 - -
第33回衆議院議員総選挙 1972年12月10日 北海道第1区 日本社会党 111,244 13.8 4/8 - -
第34回衆議院議員総選挙 1976年12月5日 北海道第1区 日本社会党 146,400 15.7 1/10 - -
第35回衆議院議員総選挙 1979年10月7日 北海道第1区 日本社会党 172,598 19.2 1/8 - -
第36回衆議院議員総選挙 1980年6月22日 北海道第1区 日本社会党 152,850 16.0 4/9 - -
1983年北海道知事選挙 1983年4月10日 北海道 無所属 1,597,590 49.0 1/3 - -
1987年北海道知事選挙 1987年4月13日 北海道 無所属 2,110,730 67.6 1/3 - -
1991年北海道知事選挙 1991年4月7日 北海道 無所属 2,054,453 69.8 1/4 - -
第41回衆議院議員総選挙 1996年10月20日 北海道第1区 民主党 102,577 45.9 1/4 - -
第42回衆議院議員総選挙 2000年6月25日 北海道第1区 民主党 132,514 50.7 1/4 - -
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月9日 北海道第1区 民主党 143,987 55.4 1/3 - -
第44回衆議院議員総選挙 2005年9月11日 北海道第1区 民主党 143,564 45.7 1/4 - -
第45回衆議院議員総選挙 2009年8月30日 北海道第1区 民主党 183,216 54.3 1/4 - -
比当 第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 北海道第1区 民主党 79,994 28.9 2/5 比例北海道 -
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 北海道第1区 民主党 116,398 43.5 1/4 - -
当選回数15回 (衆議院議員12・北海道知事3)

著書

  • 現代日本の陰 白馬書房 1972.
  • 政党の近代化を語る 山口敏夫共著 尾崎行雄記念財団, 1972.3. 討論集会シリーズ
  • 北こそフロンティア 北海道・新時代を切り拓く 東洋経済新報社, 1987.2.
  • 知事が語るニッポン分権 橋本大二郎 対談 日本社会党機関紙局, 1993.7. 社会新報ブックレット
  • 東京ぬきでやろう 往復書簡 平松守彦共著 1994.10. 岩波ブックレット
  • 第3の極 講談社 1995.6.

脚注

  1. ^ 賄賂罪で一二審で実刑判決を受けて上告中の刑事被告人が国会常任委員長に就任するのは極めて異例。なお、横路の出身政党の民主党は7年前の2002年6月に衆議院本会議で賄賂罪で鈴木宗男が逮捕された鈴木宗男の議員辞職勧告決議の採決を強硬に主張して可決し、9月には証人喚問における鈴木宗男の3つの証言が偽証として議院証言法違反で告発している。
  2. ^ 第145回国会 本会議 第47号
  3. ^ a b 高畠通敏『地方の王国』岩波同時代ライブラリー、1997年、89-125ページ。
  4. ^ [1]
  5. ^ 聯合ニュース "国会議長が訪日、「韓日が手を取り世界進出を」" (2010/10/12) [2]
  6. ^ 第140回国会 法務委員会 第11号
  7. ^ 党所属国会議員の国民年金保険料の納付状況について 民主党メールマガジン 2004年5月13日 2014年4月26日閲覧
  8. ^ これに対して、副議長の衛藤征士郎は男女問わず従来の「君」付けで通していることが会議録から確認できる。参議院では、山東昭子が男女を問わず「さん」付けを用いていた。
  9. ^ 国会議員署名これまでと今後の展望 - 空港はいらない静岡県民の会(2009年3月7日時点のアーカイブ
  10. ^ 市民が質す公開質問会 民主党代表選全候補者に問う 候補者へのアンケート結果
  11. ^ a b c d 公式プロフィール

関連項目

外部リンク

議会
先代:
河野洋平
日本の旗 衆議院議長
第73代:2009年 - 2012年
次代:
伊吹文明
先代:
中野寛成
日本の旗 衆議院副議長
第63代:2005年 - 2009年
次代:
衛藤征士郎
先代:
佐藤静雄
日本の旗 衆議院内閣委員長
2001年
次代:
大畠章宏
公職
先代:
堂垣内尚弘
北海道の旗 北海道知事
第10-12代:1983年 - 1995年
次代:
堀達也
党職
先代:
結成
民主党総務会長
初代:1998年 - 1999年
次代:
廃止