村山達雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
村山達雄
むらやま たつお
生年月日 1915年2月8日
出生地 新潟県長岡市
没年月日 2010年5月20日(満95歳没)
出身校 東京帝国大学法学部
(現・東京大学
前職 大蔵省官僚
所属政党 自由民主党
称号 正三位
勲一等旭日大綬章

日本の旗 第91-92代 大蔵大臣
内閣 竹下内閣
竹下改造内閣
宇野内閣
任期 1988年12月24日 - 1989年8月10日

日本の旗 第61代 厚生大臣
内閣 鈴木善幸内閣
任期 1981年5月18日 - 1981年11月30日

日本の旗 第82代 大蔵大臣
内閣 福田赳夫改造内閣
任期 1977年11月28日 - 1978年12月7日

選挙区 新潟県第3区→)
比例北陸信越ブロック
当選回数 12回
任期 1963年11月22日 - 2000年6月2日
テンプレートを表示

村山 達雄(むらやま たつお、1915年(大正4年)2月8日 - 2010年(平成22年)5月20日)は、日本大蔵官僚政治家正三位勲一等旭日大綬章

衆議院議員(12期)、大蔵大臣第82代第91代第92代)、厚生大臣第65代)を歴任。税制通で知られ、消費税導入にもかかわった[1]

来歴・人物[編集]

出生から学生時代まで[編集]

新潟県長岡市坂之上町生まれ[2]。株屋[3]をやっていた幸太郎の三男[2]

長岡市立表町尋常小学校から長岡中学校に進む。長岡中二年の時、母が死去、姉静子に身のまわりの面倒をみてもらうようになった[4]。当時の旧制中学は五年制だったが、中学四年生から旧制高校を受験できた[4]。担任教諭の勧めで一高を受験、合格した[4]

1937年昭和12年)に東京帝国大学法学部を卒業[4]

大蔵官僚として[編集]

大蔵省に入省する[5]1938年(昭和13年)神戸税務署長[4]

1956年(昭和31年)11月名古屋国税局[6]1957年(昭和32年)6月大阪国税局[6]1960年(昭和35年)4月主税局[6]池田勇人(元総理大臣、元大蔵次官)は村山を評して「主税局長は村山の前に村山なく、村山の後に村山なし[6]」といった。

政治家として[編集]

1963年(昭和38年)大蔵省を退官し、第30回衆議院議員総選挙に立候補し当選する[7]。以後当選回数12回。自民党では、池田勇人を領袖とする宏池会に所属した。1968年(昭和43年)運輸政務次官1971年(昭和46年)法務政務次官を務める。1977年(昭和52年)福田改造内閣の大蔵大臣として入閣する。1981年(昭和56年)伊東正義外務大臣が辞任。伊東の後任外相に厚生大臣園田直が横滑りで就任し、村山は園田の後任の厚生大臣に就任する。

1988年(昭和63年)竹下内閣の副総理・大蔵大臣で宏池会会長の宮澤喜一リクルート事件に関与して辞任し、村山が後任の大蔵大臣に就任する。翌1989年(平成元年)成立の宇野内閣でも留任し、消費税の定着、平成元年度予算審議などに尽力した。

その後は、自民党税制調査会の幹部として活躍した。1993年(平成5年)勲一等旭日大綬章を受章。1996年第41回衆議院議員総選挙では比例代表北陸信越ブロックで出馬し当選。2000年(平成12年)政界を引退した。

2010年(平成22年)5月20日死去[1]。95歳[1]。葬儀・告別式はカトリック吉祥寺教会[1]。叙正三位

エピソード[編集]

大蔵官僚出身、学者肌の地味な人柄で、税制・財政の専門家として自民党税制調査会をリードした。消費税創設に関わったことでも知られる。運輸政務次官時代に、地元長岡駅改築の陳情を受けた際「国鉄の財政難」を理由に断ったという逸話がある[8]。このように利益誘導よりも財政規律を重んじるためか選挙では苦戦を強いられた。しかし支持者の結束は固く、福田内閣の大蔵大臣に就任した際には後援会あげての自然発生的な祝杯の会が約1ヶ月続いたという[9]ヘビースモーカーかつ豪でも知られた。

村山富市が内閣総理大臣に就任した時、同じ「ムラヤマ」姓の為か、イタリアの新聞に顔写真が間違って載ってしまったことがある。

家族・親族[編集]

村山家[編集]

新潟県長岡市坂之上町[2]東京都武蔵野市吉祥寺北町[1]
  • 父・幸太郎(株屋[2][3]
  • 母・キシ[4]
  • 姉・静子[4]
  • 妻(奥山喜松次女[10]
大正8年(1919年)5月生[10] -
  • 長女
昭和16年(1941年)5月生[10] -
昭和18年(1943年)1月生[10] -
昭和22年(1947年)5月生[10] -

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 村山達雄氏死去 元蔵相
  2. ^ a b c d 栗林良光『大蔵省 権力人脈』 P154
  3. ^ a b 株屋とは、株式売買・取引を職業とする人(株屋とは
  4. ^ a b c d e f g 栗林良光『大蔵省 権力人脈』 P156
  5. ^ 入省同期に、佐藤一郎金子一平など。
  6. ^ a b c d 栗林良光『大蔵省 権力人脈』 P158
  7. ^ 当選同期に小渕恵三橋本龍太郎小宮山重四郎田中六助伊東正義渡辺美智雄藤尾正行鯨岡兵輔中川一郎三原朝雄奥野誠亮など
  8. ^ 荒舩清十郎運輸大臣が選挙区内への急行停車を要望して認められたという時代のことである。
  9. ^ 栗林良光 『大蔵省主税局』 講談社文庫
  10. ^ a b c d e 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)む三七
  11. ^ a b 栗林良光『大蔵省 権力人脈』 P159

関連項目[編集]

議会
先代:
井原岸高
日本の旗 衆議院決算委員長
1976年
次代:
芳賀貢
公職
先代:
竹下登
坊秀男
日本の旗 大蔵大臣
第91・92代:1988年 - 1989年
第82代:1977年 - 1978年
次代:
橋本龍太郎
金子一平
先代:
園田直
日本の旗 厚生大臣
第61代:1981年
次代:
森下元晴