松本良順

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
松本順男爵

松本 良順(まつもと りょうじゅん、天保3年6月16日1832年7月13日) - 明治40年(1907年3月12日)は、幕末から明治期の御典医軍医政治家爵位男爵

西洋医学所頭取将軍侍医、幕府陸軍軍医、大日本帝国陸軍軍医総監(初代)、貴族院勅撰議員などを務めた。父は佐倉藩藩医順天堂を営む佐藤泰然外務大臣林董は実弟。幼名は佐藤順之助。後に幕医の松本良甫養子となる。明治4年(1871年)に従五位に叙せられた後、松本順と名乗った。は蘭疇、楽痴。

略歴[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第5645号、明治35年5月2日。
  2. ^ 「大医松本順逝く」明治40年3月13日付萬朝報『新聞集成明治編年史』第十三巻(国立国会図書館近代デジタルライブラリー)

関連文献[編集]

参考文献[編集]

  • 著作は口述筆記で『病難除』、『民間諸病療治法』(明治13年に資生堂)、『通俗医療便方』、『民間治療法』(愛生館で多数の版)、『通俗衛生小言』などがある。
  • 小川鼎三酒井シヅ校注 『松本順自伝、長與專齋自伝』(平凡社東洋文庫、1980年)、原題は『蘭疇自伝』
  • 鈴木要吾 『蘭学全盛時代と蘭畴の生涯 伝記・松本順』
    復刻版〈伝記叢書137〉大空社、1994年、元版は東京醫(医)事新誌局、1933年

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]