向坊隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

向坊 隆(むかいぼう たかし、1917年3月24日 - 2002年7月4日)は、応用化学者、元東京大学総長

来歴・人物[編集]

大日本帝国関東州大連生まれ。大連二中、一高東京帝国大学応用化学科卒、1955年東京大学工学博士、「電気化学装置の化学工学的研究」。 1959年東大教授。1968年の東大紛争時の工学部長で学内の改革に努め、1977年から総長。

専門は電気化学で、金属の腐蝕、原子炉材料を研究し、日米原子力協力協定のまとめ役となり、原子力委員会委員長代理、日本原子力産業会議会長を勤めた。1992年文化功労者

著作[編集]

  • エネルギー問題についての基礎知識 講談社学術文庫, 1978
  • 学長の平日と休日 東京大学出版会, 1982
  • 科学技術と人間 富山県教育委員会, 1983

共編著[編集]

  • 英才教育 清水義弘共編 第一法規出版, 1969
  • 現代技術の再評価 牧野昇共編 工業調査会, 1974
  • エネルギー論 青木昌治,関根泰次共著 岩波書店, 1976
  • 明日のエネルギーを求めて 編著 学陽書房, 1977
  • これからの原子力政策のポイント 川上幸一対談 原通, 1982