濱田純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 濱田 純一はまだ じゅんいち
生誕  1950年3月14日(64歳)
 日本の旗 日本 兵庫県明石市
出身校  東京大学法学部
職業  東京大学総長
テンプレートを表示

濱田 純一(はまだ じゅんいち、1950年(昭和25年)3月14日 - )は、日本法学者兵庫県明石市出身。第29代東京大学総長(任期は2009年4月から6年間)。東大総長としては、初の戦後生まれとなる。専門はメディア法情報法情報政策法学博士(東京大学、学位論文「基本権理論における制度の観念」1980年9月)。趣味は山歩き[1]

経歴[編集]

学外における役職[編集]

著書・論文[編集]

  • 『制度概念における主観性と客観性』(現代憲法学研究会編『現代国家と憲法の原理』所収)(有斐閣、1983)
  • 『メディアの法理』(日本評論社、1990/05)ISBN 4-535-57868-0
  • 『情報法』(有斐閣、1993/04)ISBN 978-4641044241
  • 『情報学事典』(共著編)(弘文堂、2002/06)

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]