俵孫一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
俵 孫一
たわら まごいち
Magoichi tawara.jpg
生年月日 1869年6月16日
出生地 島根県浜田市
没年月日 1944年6月17日(満75歳没)
出身校 帝国大学法科大学英法科 卒業
前職 内務官僚
所属政党 憲政会→)
立憲民政党→)
(無所属→)
翼賛政治体制協議会
親族 甥・俵三九郎浜田市長

日本の旗 第6代 商工大臣
内閣 濱口内閣
任期 1929年7月2日 - 1931年4月14日
テンプレートを表示

俵 孫一(たわら まごいち、1869年6月16日明治2年5月7日) - 1944年昭和19年)6月17日)は、日本官僚政治家衆議院議員商工大臣立憲民政党幹事長などを歴任した。従二位勲一等

冶金学者俵国一は弟。浜田市長を務めた俵三九郎は甥。政治評論家の俵孝太郎は孫。

経歴[編集]

1869年明治2年)5月7日、現在の島根県浜田市に俵家の3代目・三九郎、ミナの五男として生まれる。幼少の頃から家業の醤油醸造ろうそくの製造販売等を手伝う。

浜田中学(現・島根県立浜田高等学校)、共立学校(現・開成中学校)、第一高等学校を経て1895年(明治28年)帝国大学法科大学英法科(現東京大学法学部)を卒業する。卒業後は内務官僚として官界に入り、1907年(明治40年)大韓帝国の学部次官、1910年(明治43年)同国の土地調査局副総裁(後の朝鮮総督府臨時土地調査局副総裁)に就任。本国に帰国した後、三重県知事宮城県知事、北海道庁長官、拓殖事務局長を歴任する。

1924年大正13年)憲政会から衆議院議員総選挙に立候補し当選する。以後、憲政会、民政党に所属し、通算6期当選。加藤高明内閣鉄道政務次官内務政務次官に就任し、1929年昭和4年)には民政党幹事長。浜口雄幸内閣で商工大臣となる。浜口内閣総辞職後は、民政党の重鎮として、総務、政策調査会長を務めた。太平洋戦争中の1942年(昭和17年)に実施された翼賛選挙では、推薦候補となるも落選し、1944年(昭和19年)6月17日に死去した。

人物[編集]

大政翼賛会の成立に際し、俵は「政党の解消と単一政党の出現は国民の正しき判断力を相殺するもので、批判なき所には必ず腐敗が伴う」と語ったという。[1]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『敗因を衝く』 田中隆吉 山水社 1946年1月20日 33p
公職
先代:
中橋徳五郎
日本の旗 商工大臣
第6代:1929 - 1931
次代:
櫻内幸雄