拓務省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の行政官庁
拓務省
役職
大臣 田中義一(初代)
井野碩哉(最後)
組織
内部部局 大臣官房、朝鮮部、管理局、殖産局、拓務局
概要
所在地 日本の旗 日本 東京府
設置 1929年 - 1942年
前身 拓務局(内閣直属部局)
テンプレートを表示

拓務省(たくむしょう)は、1929年(昭和4年)から1942年(昭和17年)にかけて日本に存在したで、外地と言われた日本の植民地の統治事務・監督のほか、南満州鉄道東洋拓殖の業務監督、海外移民事務を担当した。長は拓務大臣(たくむだいじん、拓相)。明治時代に、同じく植民地事務を所管した拓殖務省も本項目で解説する。

沿革[編集]

1896年(明治29年)4月2日台湾総督府を監督する目的で拓殖務省(たくしょくむしょう)が設置されて高島鞆之助が拓殖務大臣に任じられたが、行政整理により翌年の1897年(明治30年)9月2日に廃止された(高島が同省廃止まで大臣を務めていた)。以後、内務省台湾事務を担当した。

だが日露戦争の結果、樺太関東州を獲得し、朝鮮の保護権を確立したことから、1910年(明治43年)に内閣直属の拓殖局が設置された。拓殖局は大正時代には廃止・再設置・改称を繰り返していたが、外地統治・移民事業を担当するには拓殖局では不十分であるとして、1929年(昭和4年)に拓務省が新設され、朝鮮総督府台湾総督府樺太庁南洋庁の統治事務の監督、および海外移民の募集や指導を行うことになった。

しかし、省設置後に始まった満州事変以降に獲得した占領地は軍部が統治していて拓務省が関与できなかったこと、朝鮮総督府には直接の監督権がないなど、当初から問題点が指摘されていた。1942年(昭和17年)に大東亜共栄圏を包括的に管理する大東亜省が設置されると、拓務省は、大東亜省・内務省・外務省などに分割された。

設立当初の組織[編集]

  • 大臣官房
    • 秘書課
    • 文書課
    • 会計課
    • 調査課
  • 朝鮮部 - 朝鮮総督府に関する事務を担当
  • 管理局 - 地方行政・警察などを担当
    • 行政課
    • 司計課
    • 警務課
  • 殖産局 - 産業振興・物資統制・植民会社を担当
    • 農林課
    • 商工課
    • 理財課
    • 物資調整課
  • 拓務局 - 海外・外地移民を担当(のち拓北局・拓南局に分割)
    • 総務課
    • 東亜第一課
    • 東亜第二課
    • 南米課
    • 南洋課

歴代大臣[編集]

  • 辞令のある再任は代として数え、辞令のない留任は数えない。
  • 臨時代理は不在の場合のみ記載し、海外出張等の一時不在代理は記載しない。
拓殖務大臣(拓殖務省)
氏名 内閣 就任年月日 退任年月日 備考
1 高島鞆之助 第2次伊藤内閣
第2次松方内閣
1896年(明治29年)4月2日 1897年(明治30年)9月2日 拓殖務省の設置から廃止に同じ。
拓務大臣(拓務省)
氏名 内閣 就任年月日 備考
1 田中義一 田中内閣 1929年(昭和4年)6月10日 内閣総理大臣・外務大臣兼務
2 松田源治 浜口内閣 1929年(昭和4年)7月2日
3 原脩次郎 第2次若槻内閣 1931年(昭和6年)4月14日
4 若槻禮次郎 第2次若槻内閣 1931年(昭和6年)9月10日 内閣総理大臣兼務
5 秦豊助 犬養内閣 1931年(昭和6年)12月13日
6 永井柳太郎 齋藤内閣 1932年(昭和7年)5月26日
7 岡田啓介 岡田内閣 1934年(昭和9年)7月8日 内閣総理大臣兼務
8 兒玉秀雄 岡田内閣 1934年(昭和9年)10月25日
9 永田秀次郎 廣田内閣 1936年(昭和11年)3月9日
10 結城豊太郎 林内閣 1937年(昭和12年)2月2日 大蔵大臣兼務
11 大谷尊由 第1次近衛内閣 1937年(昭和12年)6月4日
12 宇垣一成 第1次近衛内閣 1938年(昭和13年)5月26日 外務大臣兼務
13 近衛文麿 第1次近衛内閣 1938年(昭和13年)9月30日 内閣総理大臣・外務大臣兼務
14 八田嘉明 第1次近衛内閣 1938年(昭和13年)10月29日 商工大臣兼務
(1939年(昭和14年)1月5日以降)
15 小磯國昭 平沼内閣 1939年(昭和14年)4月7日
16 金光庸夫 阿部内閣 1939年(昭和14年)8月30日
17 小磯國昭 米内内閣 1940年(昭和15年)1月16日
18 松岡洋右 第2次近衛内閣 1940年(昭和15年)7月22日 外務大臣兼務
19 秋田清 第2次近衛内閣 1940年(昭和15年)9月28日
20 豊田貞次郎 第3次近衛内閣 1941年(昭和16年)7月18日 外務大臣兼務
21 東郷茂徳 東條内閣 1941年(昭和16年)10月18日 外務大臣兼務
22 井野碩哉 東條内閣 1941年(昭和16年)12月2日 1942年11月1日廃止

歴代次官[編集]

大臣官邸[編集]

拓務大臣官邸は芝区三田功運町に置かれていた。

歴代内閣拓殖局長等[編集]

拓殖局総裁
  • (兼務)桂太郎:1910年6月22日 - 1911年5月5日
  • 柴田家門:1911年5月5日 - 8月30日
  • 元田肇:1911年8月31日 - 1912年12月21日
  • (兼務)後藤新平:1912年12月21日 - 1913年2月22日
  • (兼務)元田肇:1913年2月22日 - 6月12日
拓殖局長官
拓殖事務局長
内閣拓殖局長
  • 浜田恒之助:1924年12月20日 - 1925年9月16日
  • 黒金泰義:1925年9月16日 - 1927年5月2日
  • 成毛基雄:1927年5月2日 - 1929年6月10日

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。