第1次安倍内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第1次安倍内閣
内閣総理大臣 第90代 安倍晋三
成立年月日 2006年(平成18年)9月26日
終了年月日 2007年(平成19年)8月27日
与党・支持基盤 自由民主党公明党
施行した選挙 第21回参議院議員通常選挙
衆議院解散 なし
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第1次安倍内閣(だいいちじあべないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁内閣官房長官安倍晋三が第90代内閣総理大臣に任命され、2006年(平成18年)9月26日から2007年(平成19年)8月27日まで続いた日本の内閣である。

自由民主党公明党与党とする連立内閣である。

組閣の経緯[編集]

安倍晋三は、この内閣を「美しい国づくり内閣」と命名し、小泉純一郎構造改革を加速させ、補強していく方針を表明した[1]

閣僚経験がない塩崎恭久内閣官房長官への起用には自民党内からの危惧もあったが、安倍は新人議員時代から政策集団で共に行動して来た塩崎を抜擢し、「拉致問題担当相」を兼任させ、安倍自身の支持の大きな要因である拉致問題の解決への積極的姿勢を打ち出した。

外務大臣には総裁選挙で対立候補となった麻生太郎を留任させたが、もう1人の対立候補である谷垣禎一(前財務相)・谷垣派議員からは入閣なしであった。連立を組む公明党からは前内閣と同じ国土交通大臣のポストに冬柴鐵三(党常任顧問)を起用した。

また、首相官邸で活動する首相補佐官を従来の2名から5名に増員し、日本版NSCのたたき台となる国家安全保障に関する官邸機能強化会議を設け、首相官邸機能を大統領制的に強化しようとしたが、同じく首相と所管大臣たちとの関係を取り結ぶ内閣官房長官内閣官房副長官4名と首相補佐官5名との分担関係が逆に不明朗なものとなり、第1次安倍改造内閣では首相補佐官は5名から2名に戻った。

一方で内閣における慣例を崩す手法を模索した。官僚の事実上のトップである内閣官房副長官事務担当に大蔵省出身の的場順三を起用。この政治主導の副長官起用は、2007年(平成19年)の押し付け的天下りに関して事務次官等会議で4人の事務次官等(財務・経産・警察・金融)の反対にあったが、事務次官等会議で同意を得ていない案件が閣議に上がってこない慣例を無視して、閣議決定に持ち込むことに一役を買った。

この組閣に関しては、経済界からはおおむね肯定的な評価を得たが、マスメディアからは、2006年(平成18年)の自民党総裁選で安倍を支持した議員を優遇したことから「論功行賞内閣」あるいは「お友達内閣」などと揶揄された[2][3]。これに対して安倍は「結果を出せる人を選んだ」と説明した[2]

国務大臣[編集]

職名 氏名 所属 特命事項等 備考
内閣総理大臣 Abe Shinzo 2012 02.jpg 安倍晋三 衆議院
自由民主党
無派閥
自由民主党総裁
総務大臣
内閣府特命担当大臣
地方分権改革担当
Yoshihide Suga-1.jpg 菅義偉 衆議院
自由民主党
古賀派
郵政民営化担当
法務大臣 Replace this image JA.svg 長勢甚遠 衆議院
自由民主党
町村派
外務大臣 Aso Taro 1-2.jpg 麻生太郎 衆議院
自由民主党
麻生派
内閣総理大臣臨時代理就任順位第2位
財務大臣 Koji Omi.jpg 尾身幸次 衆議院
自由民主党
町村派
内閣総理大臣臨時代理就任順位第5位
文部科学大臣 Replace this image JA.svg 伊吹文明 衆議院
自由民主党
伊吹派
国立国会図書館連絡調整委員会委員
厚生労働大臣 Yanagisawa Hakuo 1-1.jpg 柳澤伯夫 衆議院
自由民主党
古賀派
内閣総理大臣臨時代理就任順位第3位
農林水産大臣 Matsuoka Toshikatsu 1-1.jpg 松岡利勝 衆議院
自由民主党
伊吹派
2007年5月28日死亡
Replace this image JA.svg 若林正俊 参議院
自由民主党
町村派
(臨時代理) 2007年5月28日指定
2007年6月1日
Replace this image JA.svg 赤城徳彦 衆議院
自由民主党
高村派
2007年6月1日任命
2007年8月1日辞任
Replace this image JA.svg 若林正俊 参議院
自由民主党
町村派
2007年8月1日任命
経済産業大臣 Amari Akira 1-3.jpg 甘利明 衆議院
自由民主党
山崎派
国土交通大臣 Replace this image JA.svg 冬柴鐵三 衆議院
公明党
観光立国担当
海洋政策担当
環境大臣 Replace this image JA.svg 若林正俊 参議院
自由民主党
町村派
地球環境問題担当
防衛大臣 Kyuma Fumio 1-2.jpg 久間章生 衆議院
自由民主党
津島派
内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位 2007年1月9日新設
2007年7月4日辞任
Koike Yuriko 1-2.jpg 小池百合子 衆議院
自由民主党
町村派
2007年7月4日任命
内閣官房長官 Shiozaki Yasuhisa 1-1.jpg 塩崎恭久 衆議院
自由民主党
古賀派
拉致問題担当
内閣総理大臣臨時代理就任順位第1位
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
防災担当)
Replace this image JA.svg 溝手顕正 参議院
自由民主党
古賀派
防衛庁長官 Kyuma Fumio 1-2.jpg 久間章生 衆議院
自由民主党
津島派
2007年1月8日廃止
内閣府特命担当大臣
沖縄及び北方対策担当)
科学技術政策担当)
イノベーション担当)
少子化男女共同参画社会担当)
食品安全担当)
Replace this image JA.svg 山本早苗
(高市早苗)
衆議院
自由民主党
町村派
内閣府特命担当大臣
金融担当)
Yamamoto Yuji 1-2.jpg 山本有二 衆議院
自由民主党
高村派
再チャレンジ担当
内閣府特命担当大臣
経済財政政策担当)
Ota Hiroko 1-1.jpg 大田弘子 民間
内閣府特命担当大臣
規制改革担当)
Replace this image JA.svg 佐田玄一郎 衆議院
自由民主党
津島派
国・地方行政改革担当
公務員制度改革担当
地域活性化担当
道州制担当
2006年12月28日辞任
Yoshimi Watanabe cropped 2 YoshimiWatanabeJI1.jpg 渡辺喜美 衆議院
自由民主党
無派閥
2006年12月28日任命
※菅国務大臣の補職のうち、内閣府特命担当大臣(地方分権改革担当)は2006年(平成18年)12月15日発令。
※冬柴国務大臣の職務のうち、海洋政策担当は2007年(平成19年)7月3日発令。

内閣官房副長官・内閣法制局長官[編集]

職名 氏名 担当 所属等 備考
内閣官房副長官 下村博文 政務担当 衆議院町村派
鈴木政二 参議院、町村派
的場順三 事務担当 国土事務次官
内閣法制局長官 宮﨑礼壹 内閣法制次長

内閣総理大臣補佐官[編集]

首相官邸機能の強化策として、内閣法第19条第1項の定員枠一杯の5名に増員され、安倍内閣の目玉の一つであった。

副大臣[編集]

  • 2006年(平成18年)9月27日任命。
※防衛副大臣職は2007年(平成19年)1月9日設置・発令。旧職名は防衛庁副長官(建制順は内閣府副大臣の次)。

大臣政務官[編集]

  • 2006年(平成18年)9月27日任命。
※防衛大臣政務官職は2007年(平成19年)1月9日設置・発令。旧職名は防衛庁長官政務官(建制順は内閣府大臣政務官の次)。

首相外遊[編集]

  1. 北京 - 2006年10月8日日中首脳会談
  2. ソウル - 2006年10月9日日韓首脳会談
  3. ハノイ - 2006年11月18日 - 19日(APEC首脳会議)
  4. マニラ - 2006年12月9日(日首脳会談)
  5. ロンドン - 2007年1月9日(日首脳会談)
  6. ベルリン - 2007年1月10日(日首脳会談)
  7. ブリュッセル - 2007年1月12日NATO本部で日本の首相として初めて演説)
  8. パリ - 2007年1月12日(日首脳会談)
  9. セブ島(比) - 2007年1月15日東アジア首脳会議
  10. ワシントンD.C. - 2007年4月26日 - 27日(日米首脳会談

主なスローガン[編集]

  • 「美しい国づくり内閣」
  • 「創りあげたい日本がある。 美しい国、日本。」
  • 「地域に活力。成長で活力。 暮らしに届く改革。」
  • 「成長を実感に! 改革を貫き、美しい国へ。」
  • 「戦後レジームからの脱却」
  • 「改革実行力」

成立した主な法案[編集]

主な動き[編集]

安倍内閣は「美しい国づくり」と「戦後レジームからの脱却」をスローガンに、歴代自民党政権が成し遂げられなかった、教育基本法の改正や防衛庁の省昇格国民投票法などを掲げ、教育については、教育再生会議を立ち上げ、第166回国会には教育再生関連3法案を成立させた。就任早々には、小泉政権下で首脳の往来が途絶えていた中国や韓国を訪問した。

組閣当初は70%近くの支持率があったものの、2005年(平成17年)の郵政国会において郵政民営化法案に造反し党を除名された議員を復党させて以降急落。「言論NPO」が2007年1月6日に発表した「安倍政権100日評価アンケート」によれば、支持率は24.0%で、70%以上が「期待以下」「最初から期待していない」と回答した[4]。支持率は年金記録問題が持ち上がった同年5月下旬以降さらに下降した。

さらに、閣僚の不祥事・失言が相次ぎ、2006年(平成18年)12月の佐田行革担当大臣の事務所費問題を皮切りに、農林水産大臣松岡利勝赤城徳彦)の事務所費問題、久間防衛大臣の「原爆投下はしょうがない」発言により、閣僚が計4人(佐田玄一郎松岡利勝久間章生赤城徳彦)交代した。

2007年(平成19年)7月の第21回参議院議員通常選挙で与党は過半数割れの惨敗を喫したが、政権を続行する姿勢を示した。以降は第1次安倍改造内閣を参照。

以下、政権運営や支持率に大きな影響を与えた出来事を記載する。個々の閣僚の不祥事などは、個々の人物のページを参照。

松岡利勝関連
赤城徳彦関連
長勢甚遠関連

内閣の動き[編集]

  • 1月24日 - 教育再生会議第一次報告
  • 3月2日 - 刑務所からの仮釈放者らの再犯防止や自立支援などの機能を強化する更生保護法案を閣議決定
  • 3月2日 - 飲酒運転など悪質運転への行政処分を厳格化することを柱とした道路交通法施行令の改正案を閣議決定
  • 3月6日 - 戸籍情報の公開を制限し不正取得に対する制裁を強化したほか、婚姻などを届け出る際の本人確認を義務付ける戸籍法改正案を閣議決定
  • 3月6日 - 欠陥住宅の購入者の保護に向けて改築や建て替え費用を補償する「特定住宅瑕疵担保責任履行確保法案」を閣議決定
  • 3月6日 - 悪質なタクシー業者の排除とサービス向上を目的とした「タクシー業務適正化特別措置法」改正案、閣議決定
  • 3月9日 - 特定放射性廃棄物の最終処分法改正案、閣議決定
  • 3月9日 - 地方自治体の財政再建制度を見直す「地方公共団体の財政の健全化に関する法律案」、閣議決定
  • 3月9日 - 刑事裁判に被害者参加制度を導入することを柱とする刑事訴訟法改正案など被害者支援の関連法案、閣議決定
  • 3月13日 - 2010年に年金機構へ移行することを柱とした社保庁改革法案を閣議決定
  • 3月13日 - 監査法人の不正に課徴金を課すことなどを柱とした公認会計士法改正案を閣議決定
  • 3月13日 - 残業代の割増率引き上げを盛り込んだ労働基準法改正案など労働関連の3法案、閣議決定
  • 3月13日 - 売掛債権や手形などを電子化しインターネット上で取引できる制度の導入を盛り込んだ「電子記録債権法案」、閣議決定
  • 3月16日 - 慰安婦問題についての社民党・辻元清美衆院議員への答弁書について「軍の強制連行の証拠ない」ことを閣議決定
  • 3月23日 - 弾道ミサイル防衛システムを運用するための緊急対処要領、閣議決定
  • 3月27日 - 教員免許の有効期間を10年とする教員免許法改正案を閣議決定
  • 4月1日 - 空自支援活動を2年間延長することを柱としたイラク復興支援特措法改正案を閣議決定
  • 4月6日 - 4月13日に期限切れとなる対北朝鮮経済制裁を半年延長することを閣議決定
  • 4月6日 - 不祥事を起こした放送局に対し、総務相が再発防止計画の提出を求める新たな行政処分を行うことを柱とした放送法改正案を閣議決定
  • 4月6日 - 安全保障会議設置法改正案など日本版NSC設立関連法案を閣議決定
  • 4月6日 - 近未来通信による詐欺事件を受け、改善命令の要件拡大を柱とする電気通信事業法改正案を閣議決定
  • 4月13日 - 厚生年金共済年金の保険料や給付などを統一する被用者年金制度の一元化法案、閣議決定
  • 4月24日 - 11月まで燃料など供給を任務とした海上自衛隊のインド洋への派遣を延長することを閣議決定
  • 4月24日 - 公務員制度改革、関連法案と基本方針を閣議決定
  • 5月11日 - 2006度の森林・林業白書を閣議決定。国産材増加へ経営改革を求める。
  • 6月8日 - 2016年までに自殺率を20%以上減らすことを柱とした「自殺総合対策大綱」を閣議決定
  • 6月8日 - 2006年度の「政策評価白書」を閣議決定。28件の公共事業が休止・中止とされる
  • 6月15日 - 「がん対策推進基本計画」を閣議決定
  • 6月15日 - 日・ブルネイ経済連携協定に署名することを閣議決定。両国の貿易額の99.9%に当たる関税を10年以内に撤廃ことが目的
  • 6月15日 - 西村真悟衆院議員の質問主意書に対して「拉致は主権侵害」とする答弁書を閣議決定
  • 7月29日第21回参議院議員通常選挙の結果、参議院において連立を組む自民・公明を併せても過半数を獲得できず、第1党から転落した(参議院の第1党は民主党になり、参議院議長も民主党から選出された)。
  • 9月4日 - 外国企業による買収に関して、事前届け出対象を炭素繊維や工作機械・ロボットなどに拡大することを閣議決定。

不祥事[編集]

  • 12月16日 - 首相諮問機関である政府税制調査会の会長本間正明が、公務員官舎の同居人名義を妻の名前にしつつ、愛人と同棲していることが判明し、本間は12月21日に税調会長を辞任した。本間の愛人問題は、同内閣の改革路線(具体的には財務省の増税路線批判と政府資産の売却)を快く思わない財務省のリーク説もあり、同内閣のブレーンだったジャーナリスト長谷川幸洋は、当時の財務省・理財局長・丹呉泰健のリ-クであると明言している。
  • 12月26日 - 内閣府特命担当大臣(規制改革担当)佐田玄一郎が、事実上存在しない事務所に対し、1990年 - 2000年までの10年間もの間、光熱費や事務所費など計7,800万円の経費を支出したという、虚偽の政治資金収支報告書を提出していたことが判明。佐田は12月28日に大臣を辞任した。
  • 1月10日文部科学大臣伊吹文明の資金管理団体の政治資金収支報告書に、約900万円の事務所費賃料のかからない議員会館を所在地にしているにも関わらず約900万円の事務所費を支出したことが問題視される。
  • 1月27日島根県内で行なわれた自民党県議の後援会の集会にて、厚生労働大臣柳澤伯夫が、「15 - 50歳の女性の数は決まっている。産む機械、装置の数は決まっているから、あとは一人頭でがんばってもらうしかない」などと、「女性は子供を生む機械」という趣旨の発言をしたと報道された。28日に野党各党がこの発言に対し批判、辞任を要求した。翌29日に柳澤は衆議院本会議などで陳謝し、内閣総理大臣安倍晋三も衆議院本会議で「きわめて不適切な発言」とした。自民党内からも大臣辞任の声が上がり、2月1日の衆議院予算委員会における2006年度補正予算審議では野党が審議拒否した。一週間後に野党は審議に出席したが、今度は柳澤大臣が「若い人たちは結婚したい、子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいる」と発言していたことを取り上げ、野党は「2人持たなかったら健全じゃないのか」と批判したが、柳澤大臣は辞任する意向のないことを示した。
  • 3月5日 - 参議院予算委員会で、松岡農水大臣の資金管理団体が光熱水費が無料の議員会館に事務所を置いているのに、500万円の光熱水費を計上したことを追求される。
  • 5月28日 - 農林水産大臣松岡利勝が東京・赤坂の議員宿舎の自室で自殺した。現行憲法下で現職大臣が自殺するのは初。後任農水相は赤城徳彦
  • 6月30日、久間防衛大臣(当時)が、千葉県柏市で「原爆の投下はしょうがない」と発言した。
  • 7月3日、6月30日の「原爆投下しょうがない」発言を受けて、久間が防衛相を辞任。後任は、内閣総理大臣補佐官(国家安全保障問題担当)の小池百合子。
  • 7月7日、農林水産大臣赤城徳彦の政治団体「赤城徳彦後援会」が、事務所としての実態がない茨城県筑西市の両親の実家を「主たる事務所」としているにもかかわらず、1996年から2005年までの間に約9045万円も経費計上していたことが発覚。
  • 8月1日、事務所費をめぐる別の疑惑が新たに高まっていた赤城が辞表を提出し、安倍もこれを受理した。辞任という形で報道がなされたが、実際には安倍が赤城を総理大臣官邸に呼んでいることから、事実上の更迭となる。後任は、環境相若林正俊が兼任した[5]
  • 8月15日終戦記念日にあたり、内閣府特命担当相高市早苗靖国神社参拝(閣僚で唯一。島村宜伸からの要請による[6])。
    • 安倍内閣ではこれに先立ち、全閣僚が終戦記念日の靖国神社参拝をおこなわない意向を表明しており、高市もこの時点では「公務のため参拝できない」としていた[7][8]
  • 8月24日小池百合子防衛相が、安倍首相了解のもと、「まだ誰も取っていないイージス艦情報流出事件の責任」を取るという形で防衛相離任の意向を表明。同月27日に予定されている改造内閣において続投しない意向であることを示した。
  • 8月27日第1次安倍改造内閣が発足。同時に自民党役員も一新した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 安倍内閣総理大臣記者会見 2006年9月26日 総理就任記者会見冒頭で「まず初めに、はっきりと申し上げておきたいことは、5年間小泉総理が進めてまいりました構造改革を私もしっかりと引き継ぎ、この構造改革を行ってまいります。」と述べ、むしろ加速させたいとの考えを示した。
  2. ^ a b 村尾新一、林博英 (2006年9月27日). “論功組閣 盟友も重用”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe6900/fe_ab_06092701.htm 2010年4月11日閲覧。 
  3. ^ 「お友達内閣」の初出は、内閣発足翌日の2006年(平成18年)9月27日の『朝日新聞』朝刊に寄せた評論家の宮崎哲弥のコメントである。
  4. ^ “「安倍政権100日」評価 【調査結果】公表” (プレスリリース), 言論エヌピーオー, (2007年1月9日), http://www.genron-npo.net/campaignmani_article/001943.html 2010年1月1日閲覧。 
  5. ^ “赤城農水相を更迭 安倍内閣、交代4人目”. 朝日新聞. (2007年8月1日). http://megalodon.jp/?url=http://www.asahi.com/politics/update/0801/TKY200708010142.html&date=20070825030332 2010年8月15日閲覧。 
  6. ^ 櫻井よしこ「『福田総理』で日本は20年の時を失う」、『SAPIO』、小学館2007年10月10日、 p.10。
  7. ^ “全閣僚が終戦記念日の靖国参拝見送り”. 産経新聞. (2007年8月10日). http://megalodon.jp/?url=http://headlines.yahoo.co.jp/hl%3Fa%3D20070810-00000916-san-pol&date=20070810153404 2010年8月15日閲覧。 
  8. ^ 阿比留瑠比 (2007年8月12日). “全閣僚が靖国参拝見送り「終戦記念日」異常な事態”. 産経新聞 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]