小渕内閣 (第1次改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小渕第1次改造内閣
内閣総理大臣 第84代 小渕恵三
成立年月日 1999年(平成11年)1月14日
終了年月日 同年10月5日
テンプレートを表示

小渕第1次改造内閣(おぶちだいいちじかいぞうないかく)は、小渕恵三が第84代内閣総理大臣に任命され、1999年(平成11年)1月14日から同年10月5日まで続いた日本の内閣である。

自由民主党単独与党の小渕内閣改造した内閣であり、自由民主党と自由党との自自連立政権である。

特徴[編集]

自由党との連立合意に基づく国務大臣の減員および2001年(平成13年)に中央省庁再編を控えているといった理由により、科学技術庁長官を文部大臣が兼ね(科学技術庁文部省文部科学省として再編される)、北海道開発庁長官を運輸大臣が兼ね(北海道開発庁運輸省は、建設省とともに国土交通省として吸収再編される)、沖縄開発庁長官を内閣官房長官が兼ねる(沖縄開発庁は内閣府に吸収再編される)という形で任命された。これ以降、このような中央省庁再編を前提とした兼任形式が2000年(平成12年)7月に発足した第2次森内閣まで続く。

自由民主党と自由党が連立したことにより、自由党衆議院議員の野田毅が閣僚入りした。

大臣[編集]

政務次官[編集]

前内閣の政務次官が留任。

外部リンク[編集]