福田赳夫内閣 (改造)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福田赳夫改造内閣
内閣総理大臣 第67代 福田赳夫
成立年月日 1977年(昭和52年)11月28日
終了年月日 1978年(昭和53年)12月7日
テンプレートを表示

福田赳夫改造内閣(ふくだたけおかいぞうないかく)は、福田赳夫が第67代内閣総理大臣に任命され、1977年(昭和52年)11月28日から1978年(昭和53年)12月7日まで続いた日本の内閣である。

前の福田赳夫内閣改造内閣である。

概要[編集]

1977年に起きた日本赤軍によるダッカ事件福田一法務大臣を辞任したことを受け、第82回臨時国会終了後に人心一新の意味合いもあって行われたものである。

この福田赳夫改造内閣時代のトピックスとしては、

  1. 新東京国際空港(現・成田国際空港)の開港(1978年5月20日
  2. 日本国と中華人民共和国との間の平和友好条約調印(1978年8月12日

が挙げられる。

与党・自民党の総裁改選を控えた福田は、総裁再選への流れを作るために衆議院を解散して民意を問うことを検討したが、福田政権の長期化をよしとしない田中派の防衛庁長官・金丸信が「大義名分のない解散には反対する。解散が閣議で諮られたら署名を拒否する。」と公言[1]。福田は金丸を注意するが、結局解散できぬまま総裁選に臨み、敗退して内閣も退陣する。日本国憲法下で与党党首選での敗北により退陣した内閣はこれが唯一である。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

前内閣の政務次官が1977年11月30日に退任し、同日付で新たな政務次官を任命した。ただし、法務政務次官・青木正久は前内閣からの留任。

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院会議録情報 第084回国会 内閣委員会 第22号 1978年6月6日 衆議院内閣委員会議事録

参考文献[編集]

外部リンク[編集]