第2次岸内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2次岸内閣
内閣総理大臣 第57代 岸信介
成立年月日 1958年(昭和33年)6月12日
終了年月日 1959年(昭和34年)6月18日
与党・支持基盤 自由民主党
施行した選挙 第5回参議院議員通常選挙
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第2次岸内閣(だいにじきしないかく)は、岸信介が第57代内閣総理大臣に任命され、1958年(昭和33年)6月12日から1959年(昭和34年)6月18日まで続いた日本の内閣である。

概要[編集]

第2次岸信介内閣は1958年5月に施行された第28回衆議院議員総選挙での自由民主党の勝利を受け、その後の第29回特別国会で岸信介が首班指名を受けて内閣総理大臣に再任された後に組閣されたものである。

この第2次岸信介内閣時代のトピックスとしては、以下がある。

閣僚[編集]

政務次官[編集]

1958年6月17日任命。

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]