第2次安倍内閣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第2次安倍内閣
内閣総理大臣 第96代 安倍晋三
成立年月日 2012年平成24年)12月26日
与党・支持基盤 自由民主党公明党
自公連立政権
内閣閣僚名簿(首相官邸)
テンプレートを表示

第2次安倍内閣(だいにじあべないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁安倍晋三が第96代内閣総理大臣に任命され、2012年平成24年)12月26日に成立した日本の内閣である。

自由民主党公明党による自公連立政権を形成する。

内閣の顔ぶれ・人事について[編集]

安倍晋三は今回の内閣を「危機突破内閣」と命名した[1]第1次安倍内閣で閣僚を務めたみんなの党代表の渡辺喜美は「ちぐはぐ内閣」[2]琉球新報は「先祖返り内閣」[3]、政治評論家の板垣英憲は「盟友・重鎮、お友達内閣」「経済最優先内閣」[4]、経済アナリストの森永卓郎は「小泉構造改革再現内閣」[5]、経済評論家の勝間和代は「経済再生必勝内閣」[5]、政治ジャーナリストの後藤謙次は「巨頭内閣」[6]、政治評論家の浅川博忠は「必勝堅実内閣」[6]、政治評論家の森田実は「極右はしゃぎすぎ内閣」[7]と命名した。ニューズウィーク日本版は「フェイスブック宰相」と書いた(2013年7月30日号)。

国務大臣[編集]

職名 氏名 所属 特命事項等
内閣総理大臣 Abe Shinzo 2012 02.jpg 安倍晋三 衆議院
自由民主党
町村派
副総理
財務大臣
内閣府特命担当大臣
(金融担当)
Aso Taro 1-2.jpg 麻生太郎 衆議院
自由民主党
麻生派
デフレ脱却担当
円高対策担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第1位(副総理
内閣官房長官 Yoshihide Suga-1.jpg 菅義偉 衆議院
自由民主党
(無派閥)
国家安全保障強化担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第2位
法務大臣 Tanigaki Sadakazu 1-1.jpg 谷垣禎一 衆議院
自由民主党
谷垣グループ
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第3位
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策担当)
Amari Akira 1-3.jpg 甘利明 衆議院
自由民主党
(無派閥)
経済再生担当
社会保障一体改革担当
環太平洋経済連携協定担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第4位
環境大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力防災担当)
Ishihara Nobuteru - Wakaba Station - 20100703.JPG 石原伸晃 衆議院
自由民主党
石原派
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第5位
総務大臣
内閣府特命担当大臣
(国家戦略特別区域担当)
(地方分権改革担当)
Shindo Yoshitaka.jpg 新藤義孝 衆議院
自由民主党
額賀派
地域活性化担当
道州制担当
外務大臣 Fumio Kishida Minister.jpg 岸田文雄 衆議院
自由民主党
岸田派
防衛大臣 Defense Minister Onodera.jpg 小野寺五典 衆議院
自由民主党
(岸田派)
文部科学大臣 Hirofumi Shimomura cropped 3 Hirofumi Shimomura and Ernest Moniz 20131031.jpg 下村博文 衆議院
自由民主党
(町村派)
教育再生担当
国立国会図書館
連絡調整委員会委員

東京オリンピック・パラリンピック担当
厚生労働大臣 Replace this image JA.svg 田村憲久 衆議院
自由民主党
(額賀派)
農林水産大臣 Y. Hayashi.png 林芳正 参議院
自由民主党
(岸田派)
経済産業大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力損害賠償支援機構担当)
Toshimitsu Motegi.jpg 茂木敏充 衆議院
自由民主党
(額賀派)
原子力経済被害担当
産業競争力担当
国土交通大臣 Akihiro Ota 2007-09-13 cropped.jpg 太田昭宏 衆議院
公明党
循環担当
復興大臣 Replace this image JA.svg 根本匠 衆議院
自由民主党
(岸田派)
福島原発事故再生総括担当
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
(防災担当)
Keiji Furuya cropped 3 Keiji Furuya and Robert R King 20130828 3.jpg 古屋圭司 衆議院
自由民主党
二階派
拉致問題担当
国土強靱化担当
内閣府特命担当大臣
(沖縄及び北方対策担当)
(科学技術政策担当)
(宇宙政策担当)
Ichita Yamamoto cropped 4 Ichita Yamamoto and Voltaire Gazmin 20130905.jpg 山本一太 参議院
自由民主党
(無派閥)
情報通信技術(IT)政策担当
海洋政策担当
領土問題担当
内閣府特命担当大臣
(消費者及び食品安全担当)
(少子化対策担当)
(男女共同参画担当)
Replace this image JA.svg 森まさこ 参議院
自由民主党
(町村派)
女性活力担当
子育て支援担当
自殺対策担当
原発風評担当
特定秘密保護法案担当
内閣府特命担当大臣
(規制改革担当)
Tomomi Inada LDP Representative March 28, 2008.jpg 稲田朋美 衆議院
自由民主党
(町村派)
再チャレンジ担当
行政改革担当
公務員制度改革担当
クールジャパン戦略担当
  • 2012年12月26日任命。
  • 新藤義孝に対する内閣府特命担当大臣(国家戦略特別区域担当)の発令は2013年12月13日。

内閣官房副長官・内閣法制局長官[編集]

職名 氏名 所属等
内閣官房副長官 加藤勝信 衆議院自由民主党額賀派
内閣官房副長官 世耕弘成 参議院/自由民主党(町村派
内閣官房副長官 杉田和博 内閣危機管理監
内閣法制局長官 山本庸幸 内閣法制次長、2013年8月8日退任
内閣法制局長官 小松一郎 特命全権大使フランス共和国アンドラ公国モナコ公国駐箚、2013年8月8日任命、2014年5月16日退任
内閣法制局長官 横畠裕介 前内閣法制次長、2014年5月16日任命
  • 2012年12月26日任命。

副大臣[編集]

職名 氏名 所属
復興副大臣 谷公一 衆議院自由民主党
復興副大臣 浜田昌良 参議院公明党
内閣府副大臣 後藤田正純 衆議院/自由民主党
内閣府副大臣 西村康稔 衆議院/自由民主党
内閣府副大臣
兼復興副大臣
岡田広 参議院/自由民主党
総務副大臣 上川陽子 衆議院/自由民主党
総務副大臣
兼内閣府副大臣
関口昌一 参議院/自由民主党
法務副大臣 奥野信亮 衆議院/自由民主党
外務副大臣 岸信夫 衆議院/自由民主党
外務副大臣 三ツ矢憲生 衆議院/自由民主党
財務副大臣 古川禎久 衆議院/自由民主党
財務副大臣
兼復興副大臣
愛知治郎 参議院/自由民主党
文部科学副大臣 櫻田義孝 衆議院/自由民主党
文部科学副大臣 西川京子 衆議院/自由民主党
厚生労働副大臣 佐藤茂樹 衆議院/公明党
厚生労働副大臣 土屋品子 衆議院/自由民主党
農林水産副大臣 江藤拓 衆議院/自由民主党
農林水産副大臣 吉川貴盛 衆議院/自由民主党
経済産業副大臣 松島みどり 衆議院/自由民主党
経済産業副大臣
兼内閣府副大臣
赤羽一嘉 衆議院/公明党
国土交通副大臣 高木毅 衆議院/自由民主党
国土交通副大臣 野上浩太郎 参議院/自由民主党
環境副大臣 北川知克 衆議院/自由民主党
環境副大臣
兼内閣府副大臣
井上信治 衆議院/自由民主党
防衛副大臣 武田良太 衆議院/自由民主党

大臣政務官[編集]

職名 氏名 所属
内閣府大臣政務官
復興大臣政務官
亀岡偉民 衆議院自由民主党
内閣府大臣政務官
兼復興大臣政務官
小泉進次郎 衆議院/自由民主党
内閣府大臣政務官
兼復興大臣政務官
福岡資麿 参議院/自由民主党
総務大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
松本文明 衆議院/自由民主党
総務大臣政務官 藤川政人 参議院/自由民主党
総務大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
伊藤忠彦 衆議院/自由民主党
法務大臣政務官 平口洋 衆議院/自由民主党
外務大臣政務官 石原宏高 衆議院/自由民主党
外務大臣政務官 木原誠二 衆議院/自由民主党
外務大臣政務官 牧野京夫 参議院/自由民主党
財務大臣政務官 葉梨康弘 衆議院/自由民主党
財務大臣政務官 山本博司 参議院/公明党
文部科学大臣政務官 冨岡勉 衆議院/自由民主党
文部科学大臣政務官 上野通子 参議院/自由民主党
厚生労働大臣政務官 高鳥修一 衆議院/自由民主党
厚生労働大臣政務官 赤石清美 参議院/自由民主党
農林水産大臣政務官 小里泰弘 衆議院/自由民主党
農林水産大臣政務官 横山信一 参議院/公明党
経済産業大臣政務官 田中良生 衆議院/自由民主党
経済産業大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
磯崎仁彦 参議院/自由民主党
国土交通大臣政務官 土井亨 衆議院/自由民主党
国土交通大臣政務官 中原八一 参議院/自由民主党
国土交通大臣政務官
兼復興大臣政務官
坂井学 衆議院/自由民主党
環境大臣政務官 牧原秀樹 衆議院/自由民主党
環境大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
浮島智子 衆議院/公明党
防衛大臣政務官 木原稔 衆議院/自由民主党
防衛大臣政務官 若宮健嗣 衆議院/自由民主党

内閣総理大臣補佐官[編集]

職名 氏名 所属
内閣総理大臣補佐官
(ふるさと担当)
木村太郎 衆議院
自由民主党
内閣総理大臣補佐官
(国家安全保障会議及び選挙制度担当)
礒崎陽輔 参議院
自由民主党
内閣総理大臣補佐官
(国政の重要課題担当)
衛藤晟一 参議院
自由民主党
内閣総理大臣補佐官
(政策企画担当)
長谷川榮一 民間
内閣広報官
内閣総理大臣補佐官
(国土強靭化及び復興等の社会資本整備並びに地域活性化担当)
和泉洋人 民間
内閣官房参与
  • 2012年12月26日任命(和泉補佐官は2013年1月21日任命)。

内閣の動き[編集]

行政改革[編集]

地方公務員給与削減問題[編集]

麻生太郎地方公務員給与について、平均7.8%引き下げている国家公務員並みに削減するよう要請したが、2013年1月16日の自民党の日本経済再生本部の会合で所属議員から異論が続出した。西田昌司は「変なポピュリズムに流されてはいけない。」、小島敏文は「地方自治体はすでに一生懸命給与をカットしてきている。夏の参院選で負けてしまう」とそれぞれ訴え、対立が尾をひくこととなった[10]。また公明党代表の山口那津男も16日夜に自治労に出向いて、麻生に苦言を呈した[11]

2013年1月17日、政府は、地方自治体の4月からの地方公務員給与引き下げのため、給与に充てられている地方交付税を2013年度予算で削減する方針を固めた[12]。その一方、総務省の地方財政審議会の神野直彦[13]は「地方は、これまで国に先んじて独自の人員削減や給与削減を実施してきた」とクギを刺した[14]

2013年1月24日、臨時閣議で、地方公務員の給与を国家公務員並みに引き下げるよう自治体に求める方針を決定。自治体の自主的判断では国に追随する動きがほとんどないため、削減要請へ方針転換した[15]

国会議員の歳費及び期末手当2割削減廃止[編集]

厳しい財政状況及び東日本大震災に対処する必要性に鑑み、一層の歳出の削減が不可欠であることから、国会議員の歳費及び期末手当の臨時特例に関する法律により、平成二十四年五月一日から消費税増税の1ヵ月後の平成二十六年四月三十日まで2割削減されていたが、約束した衆議院の定数削減[16]なども行われないまま元に戻った。[17]


省庁等幹部交代[編集]

政権発足以降、異例の省庁人事が続き、民主党政権下で就任した幹部公務員等が交代した。まず2012年に内閣が発足すると、就任わずか1ヶ月ほどだった内閣官房副長官補梅本和義が退任となった[18]。2013年3月に防衛事務次官金沢博範が就任から1年ほどで退任、同年6月には総務事務次官小笠原倫明外務事務次官河相周夫財務事務次官真砂靖厚生労働事務次官金子順一[19]日本郵政社長の坂篤郎[20]、就任から1年未満で退任、文部科学事務次官森口泰孝も、就任から1年あまりで退任となった[21]

また同月、商工組合中央金庫社長の関哲夫が元経済産業事務次官杉山秀二と交代[22]、8月には国土交通事務次官佐藤直良及び海上保安庁長官北村隆志が1年未満で退任。また、内閣法制局長官に、通例であった内閣法制次長からの昇格ではなく、集団的自衛権行使が合憲との立場をとる外交官小松一郎を就任させた[23]

外交・安全保障[編集]

靖国放火犯人引渡し問題[編集]

2013年1月3日、靖国神社を放火した中国籍容疑者の劉強に対して、ソウル高裁はこの行為を「政治犯」とみなし日本への引き渡しを認めない決定をした[24]。この判決については「(政治犯であるため)引き渡しを求めてきた国に引き渡せば迫害を受けることが予想される」という日韓犯罪人引渡し条約の条文を元に「(劉強容疑者を)日本に引き渡すことは、韓国の政治的秩序や憲法理念、そして大多数の文明国の普遍的な価値を否定するもの」との判断から出たものだとされている[25]。翌4日には外務省事務次官の河相が駐日大使の申珏秀に抗議し、申大使は「靖国神社を単なる宗教施設でなく、過去の侵略戦争を正当化する政治秩序の象徴とみなした犯行」と回答した。[26] この問題については、『歴史認識を理由にした放火犯を「政治犯」とする主張はあまりにも筋違い』といった報道もなされた[27]が、引渡し実現の見通しは立っていない。

ブルーインパルス731号問題[編集]

2013年5月15日、東日本大震災の被災地視察で安倍が試乗したブルーインパルスの機体番号が「731」だったことから、中国で展開していたとされる旧日本軍731部隊を連想させる「挑発だ」とYTNテレビなどの韓国メディアが一斉に報道[28]。駐日大使の申珏秀は「731部隊の被害者がどう受け止めるか(日本側は)考える必要がある」と述べた[29]

米国による北方領土への発電所建設[編集]

アラバマ州に本社を置くタイガー・マシナリーの傘下企業であるサハリン・マシーナリー(米建設機械大手キャタピラーの公式ディーラー)が日本とロシア領有権を巡り係争中の北方四島で地熱・風力発電所の建設工事を受注した。民主党政権時代には、国後島地熱発電所建設に着手し、さらに国後島の風力発電所関連設備の生産も請け負ったと言われている。産経新聞は、北方領土での経済活動に加わる第三国の企業や関係者に日本への入国禁止といった経済制裁措置を科すことを提案をしている[30]が、日本の外務省は抗議以外の特段の対抗措置はとっていないため、そのまま建設されるとみられている[31]。その一方で安倍政権は、双日によるコージェネレーションシステム供給の覚書や日本企業の直接投資支援のための数億ドル規模の日ロ共同基金創設など、経済協力を積極的に進める方針である[32]

中国軍によるレーダー照射問題[編集]

2013年2月7日、中国人民解放軍海軍艦船による海上自衛隊護衛艦への火器管制用レーダー照射について、安倍が報告を受けたのは発生から6日後だったことが明らかになり[33]、国会で追及を受けた。ただ、民主党政権時代にも複数回レーダー照射があったと朝日新聞6日の夕刊や日経新聞7日の朝刊などで相次いで報道されたほか[34]、民主党の原口一博の稚拙な追及も問題視された[35]

TPPと衆議院選挙公約問題[編集]

2013年3月15日、TPP交渉参加表明を行った。なお、第46回衆議院議員総選挙の前に麻生太郎野田佳彦(内閣総理大臣、当時)に電話し、「TPPをやってくれ。それがあなたの最後の仕事だ」と迫っていたことが判明している[36]。6月2日には、山形県の県農協政治連盟が反TPP参加を掲げるみどりの風舟山康江の推薦を決めたことに対して、自民党の西川公也が「いま自民党を敵にして農業が大丈夫だと思っているのか」と激昂した[37]

安倍は3月18日の予算委員会でTPP反対の北海道選出議員を念頭に「国益と自民党の党益が相反するときには自民党なんか解散するんですよ。当たり前じゃありませんか」と答弁し[38]、自民党内の慎重派に対して「政府に条件をつけ過ぎている」と批判している日本維新の会橋下徹との連携も視野に入れている[39]とされる。

2013年3月24日、自動車保険以外の「非関税措置」に関する協議の決着も、交渉参加に不可欠な米議会通告の前提条件とされていることが明らかになった。長期化して日本の交渉参加を遅らせたり、米側への譲歩を2カ国間の取引で解決することを目指しているとみられる[40][41]。米国との事前折衝については、4月1日に菅官房長官があくまで7月からの交渉参加を目指す方針を示し、これ以上遅れると日本の立場を『主張できなくなる』ので『ギリギリの時期だ』との見解を示した[42]が、実際には、「著作権保護期間の延長」や「商標権に関して損害額を証明をできなくても裁判所が賠償金額を決められる『法定損害賠償』の導入」などで米側が攻勢を強めているといわれている[43]

2013年4月9日、自動車・保険分野での米国との事前協議がまとまる公算となり、7月中に交渉参加[44]の方向となった。12日に発表された事前協議の合意によると、実に9つもの分野の非関税措置(「知的財産権」、「保険分野」、「透明性と貿易円滑化」、「食品の安全基準」、企業などの競争を促す「競争政策」、公共事業などの「政府調達」、「投資のルール」、「宅配便」、工業製品などの「規格や基準」)が日米2ヶ国間の直接協議の対象となり[45]日米経済調和対話[46]年次改革要望書[47]と内容が重複する部分が多い。さらに、交渉参加との交換条件で、乗用車トラックにかける関税を最大限維持することが早々に決定されたことに日本自動車工業会からは落胆の声があがり[48]、その一方で農産物の聖域化は具体案が交渉入り後にしか決定されず、聖域が認められてもごく一部に限定されるとみられる[49]ことから、壊滅的なダメージが出ると予測される[50]北海道を中心に反発が広がっている[51]。また、韓国の国会議員が米議会の議員に対して、歴史認識問題と絡めてTPP交渉を判断するように米国に求める書簡を送っている[52]。 2013年5月17日、マレーシアで行われる7月のTPP会合が15日から24日までの日程で開かれる見通しとなった[53]ため、米国との事前折衝の目的であった早期の交渉参加そのものが(米国の議会承認は23日[54]であるため)実質的には退けられた形となった。その後、日本側の要請で1日だけ会期が延長され、見解の表明と独自の提案のみは実施できる見通しとなった[55]

総理大臣安倍晋三は、政治家となって以来、国を開いて日本の社会や市場をオープンにする事を哲学とし「世界に対してどこまでも、広々と、オープンにつながる日本」を求めており[56]2013年6月19日にロンドンで行われた講演で「ではいかにして、成長を図るのか。国を開くこと、日本の市場を、オープンにすることです。これは、政治家となって以来、私の中に流れる一貫した哲学でした。」と国を開いていく意欲を示した[56]。「もはや、国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。」「(日米)両国が、TPPをつくるのは、歴史の必然です。」との見解を示し[57]グローバル企業活動の国境の撤廃を目指している[58]。また、2013年7月26日、シンガポールで行った講演では「世界一、ビジネス・フレンドリーな国にしたいと、私たちは言い続けています。この点、シンガポールに追いつき、できれば追い越したい。真剣に、そう思っています。」と述べ[59]、2013年9月25日、ニューヨーク証券取引所で行った講演では、「私は、日本を、アメリカのようにベンチャー精神のあふれる、「起業大国」にしていきたいと考えています。[57]」とも述べている。

閣僚の靖国神社参拝[編集]

2013年4月、靖国神社の春の例大祭に、副総理兼財務大臣の麻生太郎・総務大臣の新藤義孝・拉致問題担当大臣の古屋圭司・官房副長官の加藤勝信が参拝し、安倍は真榊を奉納した[60][61]。さらに「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」からは168人が参拝した[62]

これに対して中国は外務省報道官の華春瑩が「日本は歴史を直視し戦時中の侵略行為による犠牲者の感情を重んじるべきだ」とする見解を発表[63]。またアジア開発銀行年次総会に合わせて例年5月に行なわれている日中韓財務大臣・中央銀行総裁会議の中止を議長国として決めた。公式の理由は「当事国間で調整を要する重大な課題はない」[64]。その一方で日本政府は、中韓との関係悪化を踏まえて中国や韓国の財務相と中銀総裁も参加する従来の枠組みとは別の取り組みを東南アジア諸国連合との間で始めている[65]

韓国も政府高官が「極めて不快」と批判し[66]、月末に予定されていた尹炳世外務大臣の訪日中止を決定した[67]が、官房長官の菅義偉は「(外相会談を)やる、やらないさえ決まっていなかった。調整はしていたが、韓国側から何も聞いていない」と述べ、外相会談が中止になったという見方については否定した[68][69]。訪日中止の背景には、麻生が2月の大統領・朴槿恵との会談で「同じ国、民族でも歴史認識は一致しない。それを前提に歴史認識を論じるべきではないか」などと歴史問題で強い立場を示したことがあるとも言われている[70]。また参拝の2日後である23日の参議院予算委員会で安倍が「侵略という定義は学界的にも国際的にも定まっていない。国と国の関係でどちらから見るかで違う」と答弁したため、24日付の韓国各紙が一面で強く反発[71]。外務第1次官の金奎顕は24日、国会での答弁中で「安倍内閣の歴史認識を遺憾に思う。日本の指導者の時代錯誤の発言は残念だ」と批判した[72][73]。さらに民主統合党議員の洪翼杓が靖国神社を参拝した麻生・新藤・古屋の3閣僚に関して上陸拒否者に指定するよう要求するなど、「大使の召還」まで含めた外交的対応が検討されているという[74]。29日には韓国国会も、「(日本の軍国主義回帰の動きについて)あらゆる外交的手段を動員して強力な措置を取ることを求める」とする決議を圧倒的多数(賛成238 棄権1 反対0)[75]で可決した[76]

他の国では、ニューヨークタイムズが24日付け紙面で『日本の要らぬ国家主義』と題した社説を掲げて“安倍氏は歴史的な傷を悪化させるのではなく、長く停滞している経済の改善と、アジアと世界での指導的民主国家としての役割強化に重点を置いて、日本の将来を構想することに集中すべきだ”と主張[77]ワシントン・ポストは27日付社説で『安倍晋三は歴史を正視できない』と題して批判[78][79]フィナンシャルタイムズは「天皇崇拝の国粋主義的カルトと分かち難く結び付いた靖国神社は間違った場所だ」と述べ、宗教色のない国立慰霊施設の建立などを促した[80]。またバラク・オバマ政権が外交ルートで非公式に、東アジア情勢の不安定化に対する懸念を表明したと日米外交筋が明らかにした[81]。さらに25日には、オバマ政権が「日米関係はもはや全世界で最も重要な同盟関係ではない」と韓国外交筋に語っていたことが分かっている[82]。2013年6月2日には、国連事務総長の潘基文が「過去の歴史への正しい理解」を求めるとし靖国神社参拝への懸念を表明した[83]

安倍は24日の参院予算委員会においても、「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない。尊い英霊に尊崇の念を表する自由を確保していくのは当然のことだ」と参拝容認の姿勢を示し、中国や韓国の反発に対しては「国益を守り、歴史や伝統の上に立った誇りを守ることも私の仕事だ。それを削れば関係がうまくという考え方は間違っている」「靖国の抗議を始めたのは盧武鉉(政権)時代が顕著になったが、それ以前はほとんどない。なぜ急に態度が変わったかも調べる必要がある」と述べた[84][85]

「みんなで参拝する会」会長の尾辻秀久は、参拝に関して「国会議員が英霊を参拝するのはどこの国でも行っているごく自然な行為だ。反発はよく理解できない」と述べた。一方で25人が参拝したとされる[86]日本維新の会共同代表の橋下徹は、政権与党は靖国参拝について外交上の配慮が必要との認識を示した[87]。4月28日には、行政改革担当大臣の稲田朋美が例年通り参拝を行っている[88]

2013年5月1日に米議会調査局が「安倍内閣の一部の閣僚は極端に国家主義的な見方を持っており、閣僚の選択は安倍氏の(歴史問題での)考えを反映している」「集団的自衛権の行使を巡る憲法解釈を変更しようとしたことについては米政府から歓迎されたが、その他の発言は、日本の侵略やアジアの犠牲といった歴史を否定する、修正主義者の見方を持っていることを示唆している」「(首相の言動は、)韓国や中国だけでなく、米国からも常に監視されている」といった内容の日米関係に関する報告書を出していたことが8日に公表された[89][90][91]。これについて、官房長官の菅義偉はレッテル貼りや誤解であるといった反論を行っている[92]。その後、10日には菅が村山談話を「全て」踏襲すると明言し、安倍の4月22日の答弁を事実上撤回[93]。さらに幹事長の石破茂も「首相自身は、戦前の肯定や美化は夢にも思っていない。」と述べ、政府・与党としてこの問題の対応に乗り出す考えを示唆した[94]。12日には政調会長の高市早苗が「(東京裁判に関して)歴史観は安倍晋三首相自身、違った点もあるかと思う」とNHKの番組で述べたが、菅は「首相ももちろん受け入れている」とこれを否定し、「(高市に対して)政府の見解をしっかり説明したい」と述べている[95]。米議会事務局はその後に『(「ナショナリストやウルトラナショナリスト(超民族主義者)で知られる人物を(閣僚に)起用した」などの)表現を使っただけだ。』という釈明をし、慰安婦問題に対しての明言は避けた[96]

2013年5月10日の衆議院内閣委員会では民主党最高顧問の岡田克也が『植民地支配』『侵略』といった言葉を使用するよう官房長官の菅義偉に求めたが、菅は「(侵略の定義に関する)学問的論争はともかく、内閣としての侵略の事実を否定した発言はないのだから村山談話は政治的に引き継いだことになる」といった趣旨の主張をしている[97]

普天間基地移設問題[編集]

2013年12月25日、アメリカ軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の移設に向け、安倍晋三は沖縄県知事仲井真弘多と会談し、日米地位協定に関し環境面を補足する協定を締結するための日米協議開始などの基地負担軽減策を示した[98]。仲井真は「驚くべき立派な内容だ」と評価して移設先である名護市辺野古沖の埋め立て申請を承認する方針を固め[98]、同年12月27日午前にこの申請を承認した[99]

日本のリニア技術を米国に無償提供[編集]

総理大臣安倍晋三は、2014年4月24日の日米首脳会談で、日本の超電導リニア新幹線の技術をアメリカへ無償提供すると表明する[100]。2013年2月の首脳会談でも「日米同盟の象徴」と技術提供を提案していた[101]。なお、リニアの研究は1962年から開始しており、通常では、リニア技術提供を望む場合、ライセンス料が徴収される[101]

内政[編集]

ワタミ会長の参議院選挙への擁立[編集]

2013年5月28日、自民党がワタミグループ会長の渡邉美樹を参議院選挙に擁立する方針であることが明らかとなった[102]。ただ2008年、ワタミフードサービスの社員が入社2か月後に自殺し、長時間労働が原因の自殺だと労災認定された[103][104]経緯などから、今回の擁立について「ブラック」ジョークみたいだという声もあがっているという[105]。ちなみにワタミは「労使対等というより労使一体」であるとされ、労働組合が存在しない[106]村上龍カンブリア宮殿で渡邊と対談した際に「(無理だと思うからやめるのではなく)途中で止めてしまうから無理になるんです」「鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく全力でやらせる」 などの主張をされたため、何を言っているのか意味がわからなかったとの感想を述べている[107]

渡邉は元来アベノミクスに代表される金融緩和政策には懐疑的な立場[108]であり、2011年東京都知事選挙では民主党の支援を得ていた人物である[109][110]。その後アベノミクスで株式市場が順調に推移しはじめると「金融政策、財政政策で時間を稼いでいるうちに、規制緩和やTPP参加といったカードを切った方がいいと思う。」などの主張をはじめている[111]。過去にはTPPに対して「国会議員は我々が選挙で選んでいる。とすると、原理的には国民の2割がTPPに反対していることになる。そんなことがあるだろうか。」[112]との見解を示していただけでなく反原発[113]消費税増税[114]も主張しており、これは民主党の衆院選公約と全く同じである。

2013年6月6日、渡邉が週刊文春の記事に対して提訴を検討していることが明らかとなった[115]。記事の内容は、「365日24時間死ぬまで働け」などと書かれた『理念集』と称する社内冊子が存在するというもの[116][117]。また、入社内定者に配布される“質疑応答集”という小冊子には「休みがあっても、自分の意志で出勤する社員もいます」といった時間外労働を求めるような記述もあるという[118]

70歳定年制の例外規定を適用[編集]

2013年5月31日、自民党が参議院比例区における「70歳定年制」の例外規定を適用し、71歳の佐々木洋平を公認したことについて批判が高まったが[119]、総務会長代行の二階俊博は29日の段階で「年が一つ多いとか、つまらんことで選ぶんじゃない。本当にばかばかしい。若ければいいなら30歳の候補を探してくればいい」 と拳を振り上げてこれを擁護し[120]、候補変更はされなかった。佐々木は落選した。

日雇い派遣の復活[編集]

2013年10月4日、「年越し派遣村」や「ネットカフェ難民」でかつて社会問題となった日雇い派遣を復活することが提案された。日雇い派遣の乱用防止を検討しているが具体策は示されていない[121]。規制改革会議の鶴光太郎は「使用者側にもニーズがある」「短期間だけ働きたい人もいる」と主張している。また、「人を替えれば、一つの業務を派遣社員が担当し続ける」ことが可能になる仕組みも導入され、これについて住友商事相談役である岡素之は「労使が納得」して「多様な働き方を選べる」社会をつくるべきだと主張している[122]

労働者派遣制度の見直し[編集]

2013年5月14日、鶴光太郎を座長とする規制改革会議の雇用部会で、『常用代替(=恒常的に存在する業務に対して正規職から派遣労働者に置き換えることを認めること)防止』の見直しを目指すことが確認された。また労働ビッグバン当時と同様に「正社員と非正規労働者の二極化を是正する」ことが明記された[123]。鶴光太郎はこれに関して、賃金の上昇と雇用流動化はトレードオフである(キーワードは「人が動く」)という考えを打ち出した上で『(労働市場二極化の是正のためには)正規雇用への改革も含めて行わなければ二極化の抜本的解決なし⇒「人が動く」必要』とその意義を説明している[124]

規制改革会議では、(専門26業務を除いて)最長3年に限定している派遣労働者の受け入れ期間の規制を変更することも検討している。これについて森永卓郎は、大胆な金融緩和による好景気の後に小泉内閣によって行われた一連の労働市場改革(製造業への派遣労働の解禁など)で雇用者報酬が減少し正社員が激減したのと同じ失敗を繰り返すだろうと批判している[125]

解雇の金銭解決[編集]

2013年4月2日、安倍は衆議院予算委員会で、産業競争力会議の民間議員で経済同友会代表幹事の長谷川閑史の主張である『事後的な金銭解決など解雇手続きを労働契約法で明確に規定』することを検討対象とする考えを示した。 解雇の金銭解決は6月の成長戦略に規制緩和策として盛り込むかが焦点となっている [126]

2013年4月23日、再就職支援金を支払えば解雇できる「事前型の金銭解決制度」の導入について6月に策定する成長戦略に対しては盛り込まないことになった。一方、解雇にかかるコストが明確になり経営がしやすくなる[127]ため経団連側から要望[128]が出ている解雇無効判決後の「事後型の金銭解決」については議論を継続することとなった[129][130]

“限定正社員”の創設[編集]

“限定正社員”とは、今の正社員と非正規雇用の中間に位置する雇用形態で、職務が続く限りは期間を定めずに雇用されるが、企業が職務を廃止した場合は『雇用契約が終わる』ものである。リストラなどで事業構造が大きく変わった場合に人件費を削減しやすい利点がある[131]規制改革会議が打ち出す6月の答申に盛り込まれることとなった。[132]規制改革会議でこの提案をしている民間議員の鶴光太郎は、“限定正社員”を導入すれば企業が余剰人員を抱えることがなくなるため雇用の流動化につながるとその意義を述べている[133]

2013年4月23日の産業競争力会議で雇用流動化にむけた雇用制度改革の骨格が固まり、勤務地域や職種などを限定する所謂“限定正社員”の増員を促す方針が固まった[134]。就業規則や労働契約で仕事の範囲を確定し、企業が解雇した場合の訴訟リスクを減らすことで増員を促すという[135]。5月13日には、規制改革会議の雇用部会が「(限定正社員”の)解雇に必要な条件のルール化」を求めていくことを決めた[136]が、これに関しては「個別の事例ごとに司法判断する」として厚生労働省は難色を示しているとされる[137]

成長戦略(医療、外国人労働者などの特区構想)[編集]

2013年4月16日、安倍主導の下で大胆に規制を緩和する「アベノミクス戦略特区」を3大都市圏を中心に創設する検討に入ったことが明らかになった。東京は、外国人医師の受け入れや英語対応の救急車・薬剤師を置く特区を設けて最先端の医療都市を目指し、また他の地域では混合診療も検討対象としている。中部圏では高度な技能をもつ外国人労働者の受け入れを行う特区を創設し、他の地域では労働時間の規制緩和をする『未来型雇用特区』を検討している[138][139]

2013年5月14日の産業競争力会議において、小泉構造改革の中心人物で日本維新の会にも近い立場[140]である竹中平蔵が、「混合診療など、これまで岩盤と言われてきた項目が抜け落ちている」と内容に不満を示していたことが分かっている。[141]また、アメリカの金融情報紙ウォールストリートジャーナルは、社説で日本の医療制度について「作家フランツ・カフカの小説に匹敵する悪夢的な医療保険システム」と痛烈に批判し、営利目的の病院や医院の許可を求めている。さらには、「正社員の解雇をしやすくするといった計画」が後退していることにも不満を示し「(安倍の)今の政治的な勢いをこういった規制バリアーを打ち破る力に利用するべき」「(台頭する独断的な中国の挑戦に応えるといった)安倍首相のより大きな『人気のある』目標と経済改革は一致する」との説得を試みた上で、「(30年間の不景気などの要素に加えて)福島原発事故のショックは変革のためのめったにない機会を作った」といった、いわゆるショック・ドクトリン(「真の変革は、危機状況によってのみ可能となる」との主張)にも言及している[142]

2013年6月5日、成長戦略第3弾が発表されたが、東京株式市場では上記のような理由による「失望売り」から500円を超える大幅な値下がりとなった[143]。成長戦略第3弾の内容は①「国家戦略特区」創設(都心の容積率の規制の緩和、インターナショナルスクール設置の支援、外国人医師の国内での医療行為の認可 など)②空港、道路整備でPFI(民間資金を活用した社会資本整備)の拡充③一般用医薬品(市販薬)のインターネット販売解禁 などである[144]。アメリカの大手情報企業ロイター通信によると、エコノミストらは成長戦略について「一律の法人減税や、雇用流動化策が盛り込まれなかったため、主軸となる政策が抜け落ちている」といった評価を下しているという[145]。またアメリカのウォールストリートジャーナルは、「外資を誘致するには英語が使いやすい環境のほか、雇用関連の規制緩和も必要になる」と『解雇をしやすくする』ことの意義を説明している[146]

解雇特区構想[編集]

2013年10月16日、政府が国家戦略特区において労働者の権利に配慮する形で修士・博士号取得者などに限定した雇用規制緩和を検討していることに対して、民主党代表海江田万里が「解雇特区」だと批判。安倍は「レッテル貼りは事実誤認で不適切だ」と反論した[147]。ただし、産業競争力会議メンバーである竹中平蔵は「最初は修士・博士号取得者に限定しようという内容」と明言している[148]。この問題に関しては竹中の主張するような「特区による規制緩和を突破口に、地域限定でなくやがて全国で解雇規制を緩める狙い」といった論点のほか、「解雇しやすくするのはいけない」「労働者を大事にしないブラック企業を野放しにする」「労働規制が地域によって異なるのはいけない、全国一律であるべき」と言った立場からの反対論が噴出している[149]

消費税増税[編集]

政府は従来「(消費税増税は)さまざまな指標を見て総合的にタイミングを判断したい」としていたが、財務大臣の麻生太郎はG20直前の2013年4月19日付のフィナンシャルタイムズへの寄稿などで「予定通り(税率を)引き上げる考えだ」との表明を行い、大手メディアが一様に『踏み込んだ』という表現を使って報道した[150][151][152]。その後に行われた2013年4月23日の参議院予算委員会の中では、麻生は「(判断する際にみる)指標にはいろいろある。政治的判断で決まる。」「景気が良くないと上げられないと(税制抜本改革法の附則に)書いてある」と従来の政府の立場を繰り返したが[153]、財務省幹部は、その日の夕方に行われた麻生とOECD事務総長・アンヘル・グリアとの会談の中で麻生が「(増税の)実施を決定できるよう、経済環境をしっかりさせるべく頑張る」[154]と述べたと日本経済新聞に公表した。さらに、翌日の24日には財務省が2013年1~3月期の全国の景気判断を「緩やかに持ち直しつつある」と上方修正したことを発表した[155]

2014年8月から消費税増税の判断に関する集中点検会合が複数開催された。この会合の資料[156]で、土居丈朗は『予定どうりの消費税増税の必要性』と表題で強調、伊藤隆敏は『予定通りの消費税率引き上げに賛成 3つの理由』との説明の中でアジア金融危機などが1997年時の増税失敗の原因であると指摘、吉川洋は『消費税率は予定どうり引き上げるべきである』と特筆大書するなど増税派が会合の大勢を占め、慎重派は片岡剛士 、宍戸駿太郎など少数にとどまった。このような経緯を経て、2013年10月1日に首相の安倍晋三は消費税の8%への引き上げを決定した[157]

消費税の再増税[編集]

2014年5月の家計消費が、ロイター通信の事前予想の前年比実質2.0%減[158]を大幅に上回る8.0%減[159]となった。4月の調査では4.6%減で東日本大震災リーマンショック以来の落ち込みを示していた[160]が、さらにそれを上回る減速となった。この原因について飯田泰之は、1989年の消費税3%の導入では物品税廃止や所得・資産課税減税が同時に実行されており、1997年の増税では所得・住民税減税が同時に実行されていたのに対して、2014年の増税ではそのような配慮が全くなかったことが影響していると分析している[161]

荻上チキ高橋洋一は財務省の活動についてコメントをしており、荻上は2013年11月に財務省側から「メールで『ご著書を拝読しました。消費税についてぜひ一度お話をさせて下さい』とコンタクトをとってきました。」「簡単にいえば、『いまなぜ消費税増税が必要なのか』について説明を受けたわけです。」とした[162]。高橋は、2014年6月10日に元財務事務次官の勝栄二郎読売新聞社の監査役となり、6月27日には元財務事務次官の真砂靖日本テレビホールディングスの社外取締役に就任したことに注目し、消費税再増税の議論への影響を指摘している[163]

2014年8月13日、内閣府は4月から6月までのGDPが前期比で実質-1.7%、年率換算で-6.8%で、東日本大震災以来の下落幅となったと発表した[164]時事通信は、8月世論調査で消費税再引き上げに75%が反対している[165]としたが、その一方で産経新聞は、企業業績への影響が想定以上だったとする企業は2%にとどまり再増税を賛成する企業は64%(前回調査から8%増加)に達するとした[166]。消費に関しては7月に入っても上向く兆しがなく、「7月の1世帯当たりの食料品支出の内訳をみると、米は前年同月比8%減、牛乳や生鮮魚介も8-14%台の大幅ダウン」「税抜きの本体価格(外税)表示が広がったため、レジでお金を払うたびに増税を意識する人が増えてきた」といった報道も出始めた[167]

国民栄誉賞で異例の“セット受賞”[編集]

2013年4月1日、読売ジャイアンツ出身の長嶋茂雄松井秀喜両名への国民栄誉賞授与方針を発表したが、そのときどきの権力者の「腹づもり」で決まるとも言われる曖昧な表彰基準に対して疑問視する質問が相次いだという[168]共同通信は今回の受賞について、同じ日に5月5日の東京ドームでの松井引退記念セレモニーを発表(長嶋も出席予定)したことを引き合いに出し、「どうして一つの球団からダブルなのか」「どこかすとんと胸に落ちない」[169]と疑問を呈している。

再生可能エネルギー売電事業への韓国企業の参入[編集]

2013年度中に韓国のハンファグループが、総出力10万キロ(100メガ)ワットの太陽光発電所を日本国内に建設することになった。再生可能エネルギーの全量買い取り制度で採算が確保できると判断したとされ、今後も外資の大型投資が相次ぐと言われている[170]

「ブラック企業」の公表[編集]

若者の『使い捨て』が社会問題となる中、「ブラック企業」に対して社名を公表するなどの措置を行うよう政府に提言する方針を固めた。具体策として(1)重大・悪質な場合の司法処分と企業名の公表(2)問題企業への就職抑制策の検討(3)相談窓口の開設などが挙がっている[171]。また自民党副総裁の高村正彦は、「正規社員の給料を上げるのはいいが、非正規社員が同じ労働をして同じ賃金でないのは正義に反する」「経済政策としても、同じ給料を上げるなら、正規社員より非正規社員を上げた方が良い。」[172]と述べ、給与のあり方に苦言を呈した。「ブラック企業」の公表に関しては、Yahoo!ニュースのクリックリサーチにおける「ブラック企業の社名公表、賛成?反対?」とのアンケートに93.5%(44222票)の「賛成」が集まったという[173]

2013年5月31日、参院選の自民党比例区の公認を受けたワタミグループ会長の渡邉美樹は、「自民党や政府では現在、ブラック企業の定義を明確にし、該当する企業名を公表するなどの動きがあるようですが、私はこれに大賛成です」「一部の情報だけをもって、一方的にワタミグループをブラック企業と呼ぶことは、到底、受け入れられるものではありません。」などのコメントを出した[174]

出入国管理・難民認定法改正案を閣議決定[編集]

2014年3月11日に、安倍内閣は、高度人材と認定された外国人が永住権を取得するために必要な在留期間を3年に短縮、親や家事使用人の帯同も認められるようにする出入国管理・難民認定法改正案を閣議決定する[175][176]。外国人労働者受け入れの規制緩和と「移民の大量受け入れ」は軌を一にするとの見方が出ており[177]、外国人労働者受け入れの規制緩和により入ってくる移民の大半は中国人になるだろうといった見方がある[177]

脚注[編集]

  1. ^ 「強い経済へ総力」 安倍首相が就任会見、成長を重視日本経済新聞 2012年12月26日
  2. ^ 12.12.26 渡辺喜美代表 記者会見YouTubeみんなの党チャンネル 2012年12月26日
  3. ^ 安倍新内閣始動 政策の説明責任を果たせ琉球新報 2012年12月28日
  4. ^ 第2次安倍内閣は「危機突破内閣」「盟友・重鎮、お友達内閣」「経済最優先内閣」「オール与党仲良し内閣」板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」 2012年12月27日
  5. ^ a b 「景気屋シンちゃん」「ショーウインドー」安倍内閣を識者が命名産経新聞 2012年12月27日
  6. ^ a b 安倍「後がない内閣」発足 5年3か月ぶりの再登板スポーツ報知 2012年12月27日
  7. ^ 「ネトウヨ内閣」「国防軍オタク内閣」… 東京・中日新聞新内閣記事に苦情電話が殺到J-cast 2012年12月28日
  8. ^ 首相、閉会後改造へ 集団的自衛権シフトへ党掌握がカギ産経新聞 2014年3月1日
  9. ^ “第2次安倍内閣600日 首相は別荘で静かに人事構想”. 産経新聞. (2014年8月17日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140817/plc14081720500016-n1.htm 2014年8月21日閲覧。 
  10. ^ 麻生氏の地方公務員給与削減方針 自民党内で批判の声産経新聞 2013年1月16日
  11. ^ 公明代表「押し付けは駄目」=地方公務員の給与削減 時事通信 2013年1月16日
  12. ^ 地方公務員給与、4月に引き下げ時事通信 2013年1月17日
  13. ^ 社会の統合機能を果たす行財政 (PDF) 務台俊介 神奈川大学法学研究所
  14. ^ 公務員給与削減、地方へ要請は不適切 地財審朝日新聞 2013年1月18日
  15. ^ 自治体に地方公務員給与削減求める 政府、民主の方針転換中国新聞 2013年1月24日
  16. ^ http://www.youtube.com/watch?v=I1Mb2nmyS8o  2012.11.14 15:23 野田佳彦首相は14日の党首討論で、自民党が衆院の小選挙区「一票の格差」是正と定数削減を確約すれば、「今週末の16日に衆院を解散してもいいと思っている」と明言した。
  17. ^ http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=4&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H24HO029&H_RYAKU=1&H_CTG=2&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 国会議員の歳費及び期末手当の臨時特例に関する法律(平成二十四年四月二十七日法律第二十九号)
  18. ^ 外務省局長級人事の全容判明! 大幅若返りで日米関係修復へ 永田町・霞が関インサイド 夕刊フジ 2012年9月11日閲覧
  19. ^ 【厚労事務次官に村木氏】異例の人事、背景に「女性積極登用」、民主色一掃の思惑も 共同通信47NEWS 2013年6月16日閲覧
  20. ^ 日本郵政の坂社長が退任表明 日本経済新聞 2013年5月19日閲覧
  21. ^ 文科次官に山中氏内定 産経新聞 2013年6月15日閲覧
  22. ^ 商工中金社長に杉山氏が昇格 日本経済新聞 2013年6月6日閲覧
  23. ^ 海上保安庁長官に初の現場出身 尖閣問題を意識 日本経済新聞 2013年7月18日閲覧
  24. ^ 日本の引き渡し要求認めず=「靖国放火」中国人、帰国へ-韓国高裁時事通信 2013年1月3日
  25. ^ 「靖国神社放火は政治的抗議、日本に引き渡せば迫害受ける」 朝鮮日報 2013年1月4日
  26. ^ 身柄引き渡し拒否に外務省が抗議NHK 2013年1月4日
  27. ^ 社説:安倍政権の外交 アジアでの足場固めを毎日新聞 2013年1月08日
  28. ^ 試乗機番号「731部隊連想」=韓国、安倍首相が「挑発」? ―日本側「偶然」と一蹴 時事通信 5月15日
  29. ^ 「731」問題、日本は気配りを=韓国大使が注文時事通信 2013年5月15日
  30. ^ 北方領土に“同盟国”企業が続々進出産経新聞 2013年4月16日
  31. ^ 米企業が北方四島の発電所建設を受注 日本が抗議サーチナ 2013年4月19日
  32. ^ 日ロ共同基金設立へ=エネルギー協力推進時事通信 2013年4月17日
  33. ^ 中国艦ロックオン6日後、やっと安倍首相に報告って…スポニチ 2013年2月7日
  34. ^ 民主政権「レーダー照射」隠蔽か 尖閣国有化前 zakzak 2013年2月7日
  35. ^ グーグルアースで場所分かる 原口氏が“迷言”産経新聞 2013年2月7日
  36. ^ 首相、TPPへ奔走…決断にのけぞった麻生氏 読売新聞 2013年3月16日閲覧
  37. ^ 議論白熱 自民・西川対策委員長、県農政連に怒り毎日新聞2013年6月2日
  38. ^ 首相 国益に反すれば自民党解散 政界再編の軸?産経新聞 2013年3月18日
  39. ^ TPPで進む「安倍・維新」連携 日経ビジネス 2013年3月26日
  40. ^ TPP非関税措置 保険以外も事前協議東京新聞 2013年3月23日
  41. ^ [1]SakuraSoTV 2013年3月22日
  42. ^ TPP交渉、7月会合からの参加めざす日本経済新聞 2013年4月1日
  43. ^ TPP、日米事前協議大詰め 7月交渉参加へ綱渡り2013年4月4日
  44. ^ TPP 日米協議、近く決着 自動車、保険で大筋合意東京新聞 2013年4月9日
  45. ^ TPP日米事前協議の合意内容NHK 2013年4月13日
  46. ^ [2]
  47. ^ [3]
  48. ^ 自工会「報われないのか」 TPP日米合意、譲歩に落胆産経新聞 2013年4月13日
  49. ^ TPP、農産物5分野「無傷」は困難 具体案は交渉入り後産経新聞 2013年4月12日
  50. ^ TPP 19道県が農林水産業試算 乳製品「全滅」東京新聞 2013年4月12日
  51. ^ “北海道知事 TPP反対の思い変えず”. NHKニュース (日本放送協会). (2013年4月12日). オリジナル2013年4月13日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2013-0413-1257-59/www3.nhk.or.jp/news/html/20130412/k10013874711000.html 2013年4月13日閲覧。 
  52. ^ 日本の歴史発言に共同対処呼び掛け 韓国議員、米議会に書簡産経新聞 2013年5月27日
  53. ^ 日本のTPP初交渉は数日どまりか 7月会合、日本の意向通らず産経新聞 2013年5月17日
  54. ^ TPP交渉は時間との闘いJ-CAST 2013年5月9日
  55. ^ TPP交渉初参加へ 極めて不利な条件での船出だ愛媛新聞 2013年05月27日
  56. ^ a b 首相官邸『安倍総理大臣・経済政策に関する講演』2013年、6月19日。
  57. ^ a b 首相官邸『ニューヨーク証券取引所 安倍内閣総理大臣スピーチ』2013年、9月25日。
  58. ^ 首相官邸『世界経済とのさらなる統合 ~経済連携をバネに日本を拠点に世界へ~』
  59. ^ 首相官邸『「日本とASEAN・Always in tandem――「3本の矢」で一層のWin-Win関係へ」に関する講演』2013年、7月26日。
  60. ^ 韓国外相訪日中止 歴史問題を直視しよう沖縄タイムス2013年4月23日社説
  61. ^ 麻生副総理ら、靖国参拝…首相は真榊料奉納読売新聞 2013年4月22日
  62. ^ 超党派議連、168人が靖国参拝 89年以降最多 共同通信 2013年4月23日
  63. ^ 日本は歴史を直視すべき=安倍首相の靖国供物奉納で中国外務省 ロイター2013年4月22日
  64. ^ 日中韓財務相会議が中止 関係悪化が影響か 共同通信2013年4月26日
  65. ^ 財務相・中銀総裁会議を初開催へ 日本とASEAN共同通信 2013年4月25日
  66. ^ 韓国、麻生氏参拝「極めて不快」 外相会談中止で 共同通信 2013年4月22日
  67. ^ 靖国反発首相見誤る 韓国外相訪日見送り 対北連携にひび 東京新聞2013年4月23日
  68. ^ 靖国参拝「心の問題」と菅長官、韓国訪日中止で読売新聞 2013年4月22日
  69. ^ 官房長官、日韓外相会談中止の通達「一切ない」JNN 2013年4月22日
  70. ^ 麻生氏の歴史発言が背景か 韓国紙、外相の訪日中止で共同通信 2013年4月23日
  71. ^ 韓国各紙、安倍首相発言に一斉反発 「侵略までも否認」 朝日新聞2013年4月24日
  72. ^ 韓国、安倍内閣の歴史認識批判 首相発言に反発 共同通信2013年4月24日
  73. ^ 首相発言に韓国反発 主要紙、1面で批判 日本経済新聞 2013年4月24日
  74. ^ 「靖国参拝した日本閣僚の入国禁止を要求」…韓国与野党、日本を批判 中央日報2013年4月24日
  75. ^ 棄権したのは民主統合党のキム・ギョンヒョプ議員。「決議案の趣旨には賛成出来るが、日本に対する実効性のある措置がない。日本の閣僚に対する入国禁止措置など強力な制裁案が含まれるべきだった」。「日本糾弾決議案」が韓国国会本会議を通過…“全会一致”でない理由は? 中央日報2013年4月30日
  76. ^ 靖国参拝と首相発言を非難 韓国国会が決議採択 共同通信2013年4月29日
  77. ^ Japan's Unnecessary Nationalism
  78. ^ Shinzo Abe’s inability to face history
  79. ^ 歴史直視せずと米紙、安倍首相を批判 「自己破壊的」産経新聞 2013年4月27日
  80. ^ 英紙、歴史問題で安倍首相を批判共同通信 2013年4月29日
  81. ^ 米政権、安倍首相発言に懸念 中韓にらみ自制促す 共同通信2013年4月26日
  82. ^ 「日米は最も重要な同盟ではない」 米国の微妙な変化朝鮮日報 2013年4月26日
  83. ^ 「国際社会は納得しない」 国連事務総長、橋下氏を批判朝日新聞 2013年6月2日
  84. ^ 安倍首相、麻生氏ら閣僚の靖国参拝を容認日刊スポーツ 2013年4月24日
  85. ^ 首相、靖国参拝批判に「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」 夕刊フジ2013年4月24日
  86. ^ 超党派国会議員168人が靖国参拝 89年以降で最多日本経済新聞 2013年4月23日
  87. ^ 「敬意と外交は分けなければならない」橋下氏、政権与党は配慮必要との認識 産経新聞2013年4月23日
  88. ^ 稲田行革相が靖国参拝産経新聞 2013年4月28日
  89. ^ 安倍政権の歴史対応を懸念~米議会調査局日本テレビ 2013年5月9日
  90. ^ 米議会、首相の歴史認識に懸念「侵略否定する見方持つ」朝日新聞 2013年5月9日
  91. ^ 米の国益損なうと懸念 首相歴史認識で調査局共同通信 2013年5月9日
  92. ^ 安倍首相批判は「レッテル貼り」=米議会報告は誤解-菅官房長官時事通信 2013年5月9日
  93. ^ 村山談話「全て踏襲」=菅官房長官、安倍首相答弁を修正時事通信 2013年5月10日
  94. ^ 村山談話すべて踏襲…菅長官、首相答弁を修正?読売新聞 2013年5月10日
  95. ^ 官房長官「高市氏個人の見解」 村山談話巡る発言 日本経済新聞 2013年5月13日
  96. ^ 「安倍首相はナショナリスト」の米議会調査局 「決めつけていない」と釈明産経新聞 2013年5月24日
  97. ^ 菅VS岡田「植民地支配」と「侵略」を巡り激しい応酬テレビ朝日 2013年5月11日
  98. ^ a b “普天間移設:会談25分 首相発言に知事「立派な内容」”. 毎日新聞. (2013年12月25日). http://mainichi.jp/select/news/20131226k0000m010099000c.html 2013年12月29日閲覧。 
  99. ^ “辺野古埋め立て申請、沖縄県知事が承認 普天間移設問題”. 朝日新聞. (2013年12月27日). http://www.asahi.com/articles/ASF0SEB201312270001.html 2013年12月29日閲覧。 
  100. ^ リニア新幹線の技術をアメリカに無償提供 日米首脳会談で表明へ The Huffington Post | 投稿日: 2014年04月13日 12時58分 JST | 更新: 2014年04月13日 13時09分
  101. ^ a b 日米首脳会談:リニア技術、米に無償提供毎日新聞 2014年04月24日 20時46分(最終更新 04月25日 00時32分)
  102. ^ 自民、ワタミ会長を擁立へ 参院選比例区朝日新聞 2013年5月29日
  103. ^ ワタミ社員の過労自殺を認定 入社2カ月の26歳女性北海道新聞 2012年2月21日
  104. ^ 自殺した女性が手帳に書いた日記北海道新聞 2012年2月21日
  105. ^ ブラックジョーク?ワタミ会長、自民党から出馬を検討【目がテン】 マイナビニュース 2013年5月11日
  106. ^ 過労社会 防げなかった死<上> 急成長ワタミ「労使一体」東京新聞 2012年5月26日
  107. ^ 【村上龍RVR龍言飛語】vol.252 ワタミ従業員自殺に労災認定MurakamiRyuRVR 2012年2月27日
  108. ^ 効かない金融緩和渡邊美樹net 2012年9月8日
  109. ^ 都知事選で民主、「ワタミ」前会長支援を検討読売新聞 2011年3月7日
  110. ^ 自民、夏の参院選にワタミ会長を擁立へスポニチ 2013年5月29日
  111. ^ 「よい円安」期待のうちにやるべきこと渡邊美樹net 2013年1月18日
  112. ^ TPP反対を唱える140人の国会議員渡邉美樹net 2011年10月20日
  113. ^ 大飯原発再稼働と「決める首相」渡邊美樹net 2012年6月30日
  114. ^ 「消費税25%払ってもお年寄りが安心できる制度に」CBnews 2013年1月11日
  115. ^ ワタミ会長、ブラック企業報道に「訴える」 週刊文春の特集記事念頭にzakzak 2013年6月7日
  116. ^ ワタミ社内文書入手週刊文春 2013年6月5日
  117. ^ ワタミのバイブル「理念集」
  118. ^ 「ブラック企業」ではなく、もはや「宗教」の声も…ワタミ創業者の渡邉美樹氏ガジェット通信 2013年6月7日
  119. ^ 党は変わっていないと… 71歳に公認、小泉進次郎氏が批判産経新聞 2013年5月31日
  120. ^ 自民70歳定年、例外ぽろぽろ 高支持率背景に廃止論朝日新聞 2013年5月31日
  121. ^ 「日雇い派遣禁止」見直しへ 求職者らから不安の声テレビ朝日 2013年10月4日
  122. ^ 雇用規制、緩和にカジ 人材派遣分野を先行へ日本経済新聞 2013年10月5日
  123. ^ 規制改革会議、解雇ルール整備を 限定正社員促進へ共同通信 2013年5月14日
  124. ^ 雇用改革の「3本の矢」~人が動くために~2013年3月28日
  125. ^ コイズミの悪夢再び森永卓郎ブログ 2013年6月5日
  126. ^ 首相、解雇の金銭解決「検討」 発言を修正 日本経済新聞 2013年4月3日
  127. ^ 職務限定の正社員導入へ 規制改革会議が雇用重点項目日本経済新聞 2013年3月28日
  128. ^ 雇用責任の緩和明示を 地域限定労働者で経団連提言中国新聞 2013年4月15日
  129. ^ 解雇規制、緩和見送り 競争力会議が雇用改革案 日本経済新聞 2013年4月23日
  130. ^ [4]
  131. ^ 産業構造、5年で集中改革 国際トップ企業育成日本経済新聞 2013年3月16日
  132. ^ 政府、“限定正社員”の雇用ルール整備する方針TBS 2013年3月28日
  133. ^ 「解雇ルール見直し」に強まる反発東洋経済 2013年4月7日
  134. ^ 「地域限定社員」増を促進、解雇ルールは見送り読売新聞 2013年4月24日
  135. ^ 労働契約に職務内容明記 限定正社員の雇用ルール素案 日本経済新聞 2013年4月19日
  136. ^ 勤務地などの「限定正社員」 解雇条件緩和へ新制度東京新聞 2013年5月14日
  137. ^ 限定正社員、14年度に雇用ルール作成 有識者懇を設置 日本経済新聞 2013年4月25日
  138. ^ 3大都市圏にアベノミクス戦略特区…政府検討読売新聞 2013年4月16日
  139. ^ [5]
  140. ^ 「維新の会」選定トップに竹中平蔵氏起用日刊スポーツ 2012年9月27日
  141. ^ 産業競争力会議:大胆策に選挙の壁…6月集約へ正念場毎日新聞 2013年5月17日
  142. ^ 【社説】安倍首相の「第3の矢」WSJ 2013年5月17日
  143. ^ 日経平均、大幅安1万3014円 成長戦略に「失望」朝日新聞 2013年6月5日
  144. ^ 首相「民間活力こそエンジン」 成長戦略第3弾発表 日本経済新聞 2013年6月5日
  145. ^ 焦点:成長戦略は主軸の政策抜け落ち、所得・投資増加目標に具体策欠くロイター通信 2013年6月5日
  146. ^ 安倍内閣、戦略特区を設定へ―成長戦略の一環WSJ 2013年6月4日
  147. ^ 「解雇特区」に不快感=安倍首相時事通信 2013年10月16日
  148. ^ 「大いなる収斂」に向かう世界、日本は高い目標を掲げ改革すべき日経bp 2013年10月15日
  149. ^ 「解雇特区」実現、見通し立たず 政府内でも厚労省は慎重姿勢J-CAST 2013年10月16日
  150. ^ 消費増税「予定通り実施」=麻生財務相、英紙に寄稿時事通信 2013年4月20日
  151. ^ 財務相「消費税予定通りアップ」 英紙寄稿で表明 共同通信 2013年4月19日
  152. ^ 財政再建へ工程表づくり 麻生財務相が国際公約朝日新聞 2013年4月21日
  153. ^ 消費増税、状況次第では先延ばしもあり得る=財務相ロイター 2013年4月23日
  154. ^ OECD事務総長「財政健全化しっかりと」 麻生財務相と会談 日本経済新聞 2013年4月23日
  155. ^ 財務省、景気判断を上方修正…3四半期ぶり読売新聞 2013年4月24日
  156. ^ http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/tenken/ 今後の経済財政動向等についての集中点検会合
  157. ^ 消費増税決定、2014年4月から8%へnippon.com 2014年10月1日
  158. ^ 再送-指標予測=5月全世帯消費支出は前年比‐2.0%ロイター通信 2014年6月27日
  159. ^ 実質消費支出は5月8.0%減、増税の反動減で総務省「想定の範囲内」ロイター通信 2014年6月27日
  160. ^ 4月の実質消費支出は前年比4.6%減、消費増税に伴う反動減でロイター通信 2014年5月30日
  161. ^ 消費増税後の消費動向(経済学者 飯田泰之)ガジェット通信 2014年7月3日
  162. ^ 全国民必読 安倍を操る「財務省7人のワル」をご存じか 消費税増税のウラで高笑い現代ビジネス 2014年4月30日
  163. ^ 経済指標、軒並み悪化で景気減速?政府と新聞、消費増税のため「回復」との見解維持かbusiness journal 2014年8月4日
  164. ^ GDP 年率-6.8% 震災以来の落ち込みNHK 2014年8月13日
  165. ^ 消費税再引き上げ、75%反対=軽減税率は賛成8割-時事通信世論調査時事通信 2014年8月14日
  166. ^ 消費税率10%への引き上げ、「賛成」64%に増加産経新聞 2014年8月14日
  167. ^ 消費支出4カ月連続減 買い控えが長期化 再増税に懸念強く産経新聞 2014年8月27日
  168. ^ 異例の“セット受賞”「首相の腹づもりで決まる」あいまい基準に批判も スポーツニッポン2013年4月1日
  169. ^ おめでたい話だが、ダブル授賞に違和感も 共同通信 2013年4月1日
  170. ^ 韓国財閥ハンファ、日本でメガソーラー 10万キロワット規模 日本経済新聞 2013年4月6日
  171. ^ 自民が「ブラック企業」公表提言へ 参院選公約 日本経済新聞 2013年4月9日
  172. ^ 非正規社員の賃上げを 自民・高村正彦副総裁朝日新聞 2013年4月10日
  173. ^ 自民党のブラック企業の社名公表する案に「賛成」93.5%ameba 2013年4月17日
  174. ^ 「ブラック企業」と呼ばれることについて渡邊美樹net 2013年5月31日
  175. ^ 永住権、在留3年に短縮 外国人技術者ら向け改正案 日本経済新聞 2014/3/11 11:46
  176. ^ 出入国管理及び難民認定法の一部を改正する法律案 閣法第55号 閣議決定日:平成26年3月11日
  177. ^ a b 【異論暴論】どうした、安倍政権! 隠された中国人移民の急増と大量受け入れ計画 正論5月号2014.4.1 16:00

関連項目[編集]

政策
出来事

外部リンク[編集]