西村正雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西村 正雄(にしむら まさお、1932年昭和7年)11月18日 - 2006年平成18年)8月1日[1])は、日本の銀行家日本興業銀行頭取みずほホールディングス元会長。

政治家・安倍晋太郎は異父兄であり、その次男・安倍晋三は甥にあたる。

来歴・人物[編集]

1999年、大手銀行に約7兆4,500億円もの公的資金が注入されたが、各行がこの受け入れに尻込みする中、注入の申請を真っ先に表明して流れを作る場面もあった。同年にはみずほフィナンシャルグループ発足に動き、非金利収入の拡大や投資銀行ビジネスの推進を訴えるなど、2000年前後の金融ビッグバンの牽引役の一人であった。

みずほフィナンシャルグループをみずほコーポレート銀行みずほ銀行へ分割するグループ編成を考えた[2]。そのため、第一勧業銀行出身のみずほ銀行幹部からは、「コーポレート銀行は『興銀救済措置』だった」と評されている[3]

略歴[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 西村正雄氏死去 元日本興業銀行頭取 47News 共同通信 2006年8月2日
  2. ^ 『銀行大統合』講談社 高杉良
  3. ^ 『文藝春秋』2003年1月号 「巨艦みずほ失敗の本質」