国粋主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
戊辰戦争で官軍が用いた錦旗

国粋主義(こくすいしゅぎ, : Japanese nationalism)とは、国家主義の極端な一形態で、日本では志賀重昂が1888年に雑誌『日本人』で論文・国粋保存旨義を発表して以来、用語として一般化した。明治維新に始まる極端な西欧文化の流入による近代化に警笛をならし、明治政府の政策を欧化主義として非難したもので、日本人の本来の文化や歴史、その長所を重視することを主張したもの。万世一系天皇をいただく日本の国家体制を賛美し、その優越性と長久性を強調する国体論が主体。

日本以外の一般論としての国粋主義は、ある国家に固有の文化伝統を礼賛して愛国心や愛郷心で意識の発揚をはかり、それ以外を排他しようとする、極端な思想や過激な運動のことで、一般的には極右思想の一つに位置づけられる。

概要[編集]

近代日本の民間運動としては、明治時代の半ばに鹿鳴館外交に象徴される欧化政策に対峙するものとして登場した。政教社民友社に代表される。政教社の三宅雪嶺志賀重昂らは「国粋保存主義」を掲げ、日本の伝統文化の優秀性を論じ、欧化一辺倒の社会風潮に反し、自文化を西欧文化と同等に相対化して見直そうとした。民友社の徳富蘇峰らは平民主義の立場から、貴族的な欧化主義に反発し、日本の文化に根ざした平民のレベルでの欧化を目指した。これらの運動の中で「西洋」に対する「東洋」という語が一般化した。

欧化政策の代表例として、西欧貴族文化を日本文化として取り入れようとした鹿鳴館時代がある。当時は、西洋中心主義の風潮から「日本語を捨てて英語化すべし」とか、白人至上主義の影響から「西洋人との混血を進め人種の改良をすべし」などという極端な主張もあった。明治期に起こった国粋主義はこのような風潮に反発し、日本の文化を西欧文化と対等に比較できるものとして捉えようと試みた。従って、その主導者たちは西欧文化に対する理解も相当に持っており、排外的な意味での自文化至上主義を唱えたわけではない。

国粋主義の原義に於いては、全体主義ファシズムなど、いわば国体論とは路線が異なる。しかし、日露戦争以後、対外膨張政策の精神的支柱だった皇国史観の高まりにより、自文化至上主義が形成されるようになった。国粋主義は、政府の対外膨張の国策と連動し、西洋文化との相対化といった価値観から、他文化に対する優越性という価値観へと変異し、ついには広義のファシズムと同一視されるに至るのである。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]