菅原一秀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
菅原 一秀
すがわら いっしゅう
生年月日 1962年1月7日(52歳)
出生地 日本の旗東京都練馬区
出身校 早稲田大学社会科学部
早稲田大学政治経済学部
前職 日商岩井従業員
所属政党 自由民主党(無派閥)
称号 学士
公式サイト すがわら一秀オフィシャルサイト

選挙区 東京9区→)
比例東京ブロック→)
東京9区
当選回数 4回
任期 2003年11月9日 - 現職
所属委員会 経済産業委員会
予算委員会
議員会館 衆議院第2議員会館1020号室

当選回数 1回
任期 1997年 - 2000年

当選回数 2回
任期 1991年 - 1997年
テンプレートを表示

菅原 一秀(すがわら いっしゅう、1962年1月7日 - )は、日本政治家自由民主党所属の衆議院議員(4期)。

経済産業副大臣第2次安倍内閣)、厚生労働大臣政務官第1次安倍内閣)、東京都議会議員(1期)、練馬区議会議員(2期)等を務めた。

来歴[編集]

東京都練馬区生まれ。早稲田実業高等学校早稲田大学社会科学部卒業。1984年早稲田大学政治経済学部に学士入学。1986年に卒業し、日商岩井に入社した。

1991年練馬区議会議員選挙に出馬し、初当選。1995年に再選されるが、1997年に辞職。同年の東京都議会議員選挙に出馬し、当選。2000年、都議を辞職し、第42回衆議院議員総選挙自由民主党公認で東京9区から出馬。民主党前職の吉田公一に敗れ、比例復活も叶わず落選。2003年第43回衆議院議員総選挙に再び東京9区から自民党公認で出馬し、前回敗れた吉田を下して当選した。2005年第44回衆議院議員総選挙では、東京9区で民主党新人の川島智太郎を破り、再選。当選後、自由民主党副幹事長に就任。第1次安倍内閣では厚生労働大臣政務官に任命された。

2008年自由民主党総裁選挙では、同じ東京都選出で都連会長の石原伸晃の推薦人に名を連ねる。2009年第45回衆議院議員総選挙では東京9区で民主党新人の木内孝胤に敗れたが、重複立候補していた比例東京ブロックで復活し、3選。

2012年第46回衆議院議員総選挙では、東京9区で日本未来の党に鞍替えした木内孝胤らを破り、4選。選挙後に発足した第2次安倍内閣経済産業副大臣に任命された。

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

公職選挙法違反[編集]

2007年、菅原の選出選挙区である東京9区の支持者らに、1個約2千円のメロンを贈っていた[2]公職選挙法では、国会議員及びその後援団体の、選挙区内での金品の贈与が禁止されている[2]

秘書の酒気帯び運転[編集]

2011年、菅原の私設秘書の男性が酒気帯び運転で停車中のタクシーに追突し、タクシーの男性運転手に軽傷を負わせる事故を起こした。菅原は事務所を通じ、「大変お騒がせして申し訳ありません。以後、徹底して指導にあたります」とコメントした[3]

選挙公報への虚偽記載[編集]

2004年、実際には3回しか出場していないにもかかわらず、選挙公報に「早稲田実業高校卒。硬式野球部で甲子園に4回出場」と記載していたことが判明した[4]

政治資金[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 2012衆院選 東京9区 菅原 一秀
  2. ^ a b 朝日新聞 2009年8月3日
  3. ^ 「菅原一秀議員の秘書がタクシーに追突 酒気帯び運転か」産経新聞 2011年10月3日
  4. ^ 共同通信 2004年1月29日
  5. ^ しんぶん赤旗「なぜ、記載しなかった 収支報告を調べてみると…」 2013年11月25日

関連項目[編集]

  • 和泉実 - 早稲田実業高等学校野球部の同期
  • SAM - 昔のダンス仲間

外部リンク[編集]

公職
先代:
近藤洋介
松宮勲
日本の旗 経済産業副大臣
赤羽一嘉と共同

2012年 - 2013年
次代:
松島みどり
赤羽一嘉
先代:
西川京子
岡田広
日本の旗 厚生労働大臣政務官
松野博一と共同

2006年 - 2007年
次代:
松浪健太
伊藤渉