金美齢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金 美齢
誕生 1934年2月7日(80歳)
日本の旗 日本統治下台湾台北州
職業 評論家コメンテーター
国籍 日本の旗 大日本帝国中華民国の旗 中華民国台湾)→日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学大学院文学研究科修士課程
代表作 『自分の人生、自分で決める――言うべきことを言う女の生き方』
配偶者 周英明
子供 周麻那、1男
公式サイト 金美齢ホームページ
テンプレートを表示

金 美齢(きん びれい、台湾語: 金美齡, ラテン文字転写: Kim Bí-Lîng1934年(昭和9年)2月7日 - )は、台湾出身の日本国籍の評論家。学校法人柴永国際学園JET日本語学校理事長[1]、元台湾総統府国策顧問。夫・周英明との間に1男1女。TBSテレビ営業局部長の周麻那は長女。

長年台湾独立運動に関わってきた。

経歴[編集]

日本統治時代の台湾台北の裕福な家庭に生まれる。1953年(昭和28年)に台北市内の台北市立第一女子高級中学卒業後は結婚、国際学舎(留学生会館)に勤務した。

1956年、22歳の時離婚。1959年(昭和34年)、25歳で早稲田大学第一文学部英文学科に留学。翌1963年(昭和38年)に同大修士課程に進学。1964年(昭和39年)、東京大学大学院博士課程在学中の周英明と再婚(学生結婚)し、1男1女をもうける。1971年(昭和46年)、早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。

早稲田大学の大学院生時代から、首都圏の大学で非常勤講師を歴任。早稲田大学では、1996年(平成8年)3月まで20年以上、英語非常勤講師を務めた。1975年(昭和50年)から1976年(昭和51年)まで、ケンブリッジ大学客員研究員として渡英。

日本滞在中の1962年(昭和37年)、台湾独立運動を推進していた台湾青年社(後の台湾独立建国連盟)に参加。早大在学中には、台湾独立建国連盟が発行する英語版の機関紙の編集長を務め、他の台湾人留学生らと大学同窓会「台湾稲門会」を結成。そのため、夫と共に反政府活動家として政府のブラックリスト(黒名単)に掲載された。旅券は剥奪され、日本で事実上の亡命生活を送った。

1987年(昭和62年)7月15日、台湾で1949年(昭和24年)5月20日以来38年間続いた戒厳が解除。翌年、李登輝が台湾人初の中華民国総統に就任。台湾民主化の流れの中でブラックリストを解除され、31年ぶりに帰国した。翌1988年(昭和63年)、学校法人柴永国際学園(3月)、JET日本語学校(4月)を設立。1996年(平成8年)に初めての1996年(平成8年)総統直接選挙では、台湾独立派の人々が独立派の民主進歩党候補彭明敏を支持する中、金は李登輝を支持した[要出典]

2000年(平成12年)に発足した民進党の陳水扁政権では、日本に亡命していた黄昭堂ら、ブラックリスト組の200余名らとともに、中華民国総統府国策顧問の一員となった。

2005年(平成17年)2月28日に総統府国策顧問を辞任、同年5月20日に復帰したが、2006年(平成18年)6月2日に総統府が機構改革のため国策顧問ポストを置かないことになり再辞任。2008年(平成20年)3月20日総統選挙では民進党候補の謝長廷を支持した[要出典]

2009年(平成21年)9月、日本へ帰化

人物・エピソード[編集]

  • 2001年(平成13年)2月に小林よしのりの『台湾論』出版とともに立法院が小林の台湾入国禁止を決定すると、台湾のテレビ討論番組に出演して「私は中華民国を認めない」と発言。これに対し他の出席者から、「中華民国の国策顧問が中華民国を認めないというのならば、即刻辞任しろ」と迫られると、「私は陳水扁総統の国策顧問であって、中華民国の国策顧問ではありません。私を辞任させられるのは陳総統だけです」と応酬した[2][3]その後、陳水扁総統が「台湾は民主主義国家であり、多様な意見を持つ国策顧問が存在するのは民主台湾の縮図である」と声明を出し[要出典]、まもなく小林の入国禁止措置は解除された。
  • 2002年11月、東京都立川市曙町の女性総合センターで開催されていた「国際交流フェスタ」の催しの一つとして「アジアの今を語る」と題した金の講演が予定されていたが、11月19日に「立川市民及び在勤者」を名乗る中国人ら計18人が「金氏は台湾独立の象徴そのものであり、講師に呼ぶことは中国人に対する侮辱」と記した抗議文を立川市と主催者側へ提出。主催者側は11月25日に予定していた講演を中止した[4]これに対して日本在住の台湾人医師及び歯科医師らからなる日本台湾医師連合が「講演中止は台湾人に対する侮辱」と記した抗議書を立川市長及び国際交流フェスタ実行委員長あてに送付した[要出典]
  • 2010年(平成22年)10月、約3年間の期間限定で「美齢塾」を開講。
  • 安倍晋三の支持者として知られ、2012年には安倍の首相再任を要望する「2012年安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」の代表幹事の一人として名を連ねた[5]。また、安倍の資金管理団体「晋和会」へ年間100万円の政治献金をおこなっている[6]。2014年8月、NHKプロデューサーを務める義理の息子(長女の夫)が、身分を一般人であるように偽りやはり献金をしていたとして、晋和会は政治資金規正法違反(虚偽記載)で告発されている[7]

発言[編集]

格差社会について[編集]

格差社会論セーフティーネットについては一貫して否定的であり、「老後とは人生の総決算。貧困も孤独死も、自ら歩んだ道のりの終着点なのだ」としている[8]。また、「弱者のほうが声高にものが言える社会なら、誰もが弱者になったほうが楽ということになる」「頑張ろうという気力、自助の精神が日本人の中から失われている」「民主党の我欲迎合のバラ撒き愚策を津波が洗い落としたということ」とも述べている。[9]

永住外国人参政権に関して[編集]

2000年、「永住外国人の地方参政権付与法案」に関する、当事者の在日韓国・台湾人を交えた民間非営利団体主催の討論会にて、在日韓国人の代表として出席した朴昌憲が「私は戦前から日本国籍を持ち、日系朝鮮族として学徒動員された。だが、終戦後の1952年、突然、日本国籍を奪われた。参政権が欲しいなら日本に帰化しろというが、もともと国籍をもっていた私たちが、どうして新しく『国籍をください』という必要があるのか。参政権は差別撤廃の象徴だ」として 旧植民地出身者やその子孫である「特別永住者」への地方参政権付与は、「日本の戦後処理」と迫ったのに反論し、「参政権は永住者に得になるが、私はあえて反対だ」と訴えた。「韓国人の参政権要求は日本へのルサンチマン(恨み)だ。一世の恨みを二世、三世に刷り込んで、彼らは日本で本当に幸せに暮らせるのか。日本と運命をともにしたい人が国籍を取り、参政権をもつべきだ」とし、「日本人は参政権を、あまりに軽視している。この問題を通じて、日本人こそ日本とは何かを真剣に考えるべきだ」と提案した[10]

韓国関係[編集]

2012年夏に竹島の領有権を巡って日韓で対立が生じた際、韓流ファンの女性たちに対して「今回の一連のことで、韓流スターといわれる人たちが日本をどう捉えていたのかが、はっきりしたんじゃないでしょうか?結局、日本の女性たちのお財布が目的でしかないということでしょう?文化交流や親善の美名のもとに、日本の女性ファンはコケにされてきたんです。韓国のイケメンたちのホストクラブもあるようですが、それもこれも韓国に利用されているだけ。韓流ファンの女性たちは、もっと現実を見たほうがいいわね」とした[11]

バラク・オバマについて[編集]

2014年2月23日、『たかじんのそこまで言って委員会』で、バラク・オバマ一般教書演説が内政に多くを割いたことについて問われ「そもそもオバマ氏が出てきた大統領選挙。もしオバマさんが白人だったら、あのレベルの政治家では大統領に当選しなかったと私は思ってるわけ。あの当時、やっぱりある種の旋風が巻き起こったんですよ」と述べた[12]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『自分の人生、自分で決める――言うべきことを言う女の生き方』 講談社〈講談社ニューハードカバー〉、1998年11月。ISBN 4-06-264087-2
  • 『世界一豊かで幸せな国と、有難みを知らない不安な人々』 PHP研究所、1999年9月。ISBN 4-569-60729-2
  • 『隣の国からみた日本』 國民會館〈國民會館叢書 28〉、1999年11月。
  • 『金美齢の直言』 ワック、1999年12月。ISBN 4-89831-013-3
  • 『日本人に生まれて幸せですか』 海竜社、2000年11月。ISBN 4-7593-0645-5
  • 『金美齢の私は鬼かあちゃん』 黙出版、2001年11月。ISBN 4-900682-61-6
  • 『金美齢と素敵な男たち』 ワック、2002年7月。ISBN 4-89831-041-9
  • 『誰のために生きるのか――人生の危機は知恵と勇気で乗り越える』 海竜社、2003年3月。ISBN 4-7593-0757-5
  • 『三家族11人で暮らしてみたら――三世代同居物語』 扶桑社、2003年8月。ISBN 4-594-04162-0
  • 『「鬼かあちゃん」のすすめ――鍛えてこそ子は伸びる』 小学館〈小学館文庫〉、2004年7月。ISBN 4-09-405481-2
  • 『日本が子どもたちに教えなかったこと』 PHPエディターズ・グループ、2005年4月。ISBN 4-569-64276-4
  • 『日本ほど格差のない国はありません!』 ワック〈Wac bunko〉、2006年12月。ISBN 978-4-89831-558-3
  • 『いま日本に期待すること』 國民會館〈國民會館叢書 68〉、2007年1月。
  • 『日本は世界で一番夢も希望もある国です!』 PHP研究所、2007年6月。ISBN 978-4-569-69201-2
  • 『日本人の覚悟』 ワック〈WAC bunko〉、2007年7月。ISBN 978-4-89831-565-1
  • 『夫婦純愛』 小学館、2007年10月。ISBN 978-4-09-387747-3
  • 『凛とした生き方――自分の人生、自分で決める』 PHP研究所、2007年12月。ISBN 978-4-569-69521-1
  • 『戦後日本人の忘れもの――金美齢の直言』 ワック〈Wac bunko〉、2008年1月。ISBN 978-4-89831-576-7
  • 『日本の果たす役割と進むべき方向――第34回防衛セミナー講演集』 隊友会〈防衛開眼 第34集 「日本の安全と平和を考える」シリーズ〉、2008年3月。
  • 『凛とした母親が日本を救う』 PHP研究所、2008年7月。ISBN 978-4-569-70103-5
  • 『政治家の品格、有権者の品格』 ゴマブックス、2008年8月。ISBN 978-4-7771-0892-3
  • 『金美齢の「老後は人生の総決算」です!』 海竜社、2008年12月。ISBN 978-4-7593-1048-1
  • 『「おひとりさま」で幸せですか』 PHP研究所、2009年7月。ISBN 978-4-569-77033-8
  • 『私は、なぜ日本国民となったのか』 ワック〈Wac bunko B-117〉、2010年2月。ISBN 978-4-89831-617-7
  • 『凛とした日本人』 PHP研究所、2011年6月。ISBN 978-4-569-79663-5
  • 『美しく齢を重ねる』 ワック〈Wac bunko〉、2011年11月。ISBN 978-4-898-31653-5
  • 『政治家の品格、有権者の品格』 ゴマブックス、2013年2月。ISBN 4777124290

共著・編著・共編著[編集]

翻訳[編集]

雑誌寄稿[編集]

月刊りぶる、月刊自由民主自由民主党機関紙)

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『学校法人JET日本語学校』http://jet.ac.jp/jp/index.html2013年1月31日閲覧 
  2. ^ 小林 2001 [要ページ番号]
  3. ^ 金美齢の発言に対し、司馬遼太郎の紀行文集『台湾紀行』に「老台北」として登場した蔡焜燦は「戦後50数年間台湾人が待ち望んだ発言」と著作の中で評している(蔡焜燦『台湾人と日本精神―日本人よ胸を張りなさい-』小学館、2001年 [要ページ番号])。
  4. ^ “台湾人評論家の講演会 市民団体が抗議、中止に 立川市女性総合センター”. 読売新聞. (2002年11月27日) 
  5. ^ 安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会 発起人一覧
  6. ^ サンデー毎日』 2014年7月27日号
  7. ^ 安倍首相の資金管理団体を虚偽記載で告発告発状全文醍醐聰
  8. ^ 老後は人生の総決算|金美齢ホームページ
  9. ^ 凛とした日本人 PHP研究所2011年6月
  10. ^ 「永住外国人選挙権問題 当事者らが討論会 国家、人生観 違い浮き彫り」西日本新聞 2000年9月28日
  11. ^ 北原みのり氏「竹島のために韓流という女の遊び奪わないで」 女性セブン2012年9月6日号
  12. ^ 安倍首相の“お友だち”金美齢氏が侮辱発言―「オバマが白人なら当選しない」 週刊金曜日2014年3月7日号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

金美齢ホームページ